ホーム取引所【決定版】NEMのおすすめ取引所!最新情報とチャート分析から見る将来性は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.10.04 最終更新
さおりん

【決定版】NEMのおすすめ取引所!最新情報とチャート分析から見る将来性は?

さおりんさおりん

NEMのロゴは三つ巴になっていて、
それぞれ「自由」「平等」「分散」を表しているってご存知でした?
今回は、日本人投資家が大好きなNEMを購入するのに
おすすめの取引所を紹介しちゃいます。

 

流出事件で有名になったNEMとは

NEMの説明をする前に、

コインチェックのNEM流出事件について

触れておかなくてはならないでしょうね。

 

2018年1月26日、正月早々

仮想通貨相場に激震が走ります。

 

国内大手取引所として人気のあったコインチェックから、

時価総額580億円ほどのNEMがハッキングにより

流失したと発表されたのです。

 

ゆいゆい

仮想通貨初心者には、NEMのイメージはどうしても「あの流出した?」となってしまうのよね。

さおりんさおりん

確かに、投機相場、大暴騰、暴落、そしてハッキングによる流出、ってメディアにとっては美味しすぎるようなニュースネタになったわね。でも、本当のNEMのイメージって、ポストビットコインと言われるほどの実力をもったコインなの。

 

NEM(ネム)とは、

New Economy Movement(新しい経済運動)の略で、

世の中的には、上記の流出事件で一躍有名に

なった仮想通貨です。

 

仮想通貨投資家の間では、

それ以前から大人気のコインであり、

特にコアな仮想通貨ファンから

圧倒的な支持を受けていました。

 

ゆいゆい

でも、ハッキング事件にNEM自体には問題はなかったの?

さおりんさおりん

犯人は誰なのか、など全貌はいまだ謎に包まれているけど、ハッキングに関しては、取引所のセキュリティ管理に問題があったことが明らかになっているの。つまり、NEM自体には何の問題もなかったってことね。

 

NEMといえば、日本人が大好きな通貨、

というイメージがある人も多いかもしれません。

 

最近の仮想通貨関連ニュースに

NEMの記事が増えているのは、

実はここからNEMは正念場を

迎えることになるからです。

 

この記事にたどり着いた方の中には、

そんなNEMに関心ありという方が多いと思われます。

 

まずは、NEMの購入の仕方や

おすすめの取引所について紹介していきますね!

 

【国内】NEMおすすめの取引所

それでは、NEMを購入する場合の

おすすめの取引所を紹介していきます。

 

初心者の方は、入出金のことを考えると、

やはり便利な国内取引所がおすすめとなります。

国内取引所でNEMを取り扱っているのは、

の4取引所です。

 

ただし、NEM取引額ランキングを見ると、

掲載されているのは6位のZaifだけとなります。

 

理由は、LiquidではBTC建てで取り扱われて

いますが、ほとんど取引がありません。

 

コインチェックでは販売所での取り扱いとなり、

DMM BitcoinではFXのみの取り扱いです。

 

つまり、NEMを国内取引所で購入する場合には、

基本的にはZaifと考えておくほうがよいでしょう。

 

しかも、取引高ランキングで6位に

入っているだけではなく、取引手数料も

格安(maker手数料0%、taker手数料0.1%)です。

 

それでは、隠れた手数料といわれる

スプレッドはどうでしょう。

 

この記事執筆時点でのZaif、DMM bitcoinと

海外の有力取引所のスプレッド比較表です。。

取引所名 売値 買値 スプレッド
Zaif 4.1552 4.1840 0.0288
Binance 4.186 4.194 0.008
Bittrex 4.195 4.203 0.008
Hubio 4.175 4.201 0.025
OKEx 4.171 4.256 0.085
DMM Bitcoin(FX) 4.102 4.256 0.154

スプレッドは常時変動しますが、

当然、取引高の大きな取引所ほど

有利な(狭い)スプレッドを提供できます。

 

FXトレードですが、DMM Bitcoinの

スプレッドは少し広すぎですね!

取引手数料はもちろん無料です。

 

ちなみに、コインチェックの販売所での

NEMのスプレッドは1.5%前後というところです。

 

ということで、ランキング発表のつもりでしたが、

NEMについては、国内取引所では、

Zaifがおすすめとなります。

 

Zaifというと、2018年9月のハッキングによる

約67億円の流出事件が頭をよぎりますが、

今や、Fiscoグループの傘下に入っており、

以前のZaifとは全くの別会社となっています。

 

Fiscoグループは、株式投資の世界では

超有名な企業で、安心感は抜群ですよ!

 

【海外】NEMおすすめの取引所

ゆいゆい

海外取引所って、Binanceが断トツで強いのかと思ってたら、いつのまにかいろんな取引所ができててびっくり!

さおりんさおりん

日本では金融庁の認可が厳しいので考えにくいけど、海外ではすでにいくつものポストBinance と呼ばれるような取引所が誕生してるわね!

 

初心者には、少し敷居が高いかもしれませんが、

多くの日本人投資家が海外取引所に口座を開設しています。

 

以前は、海外取引所としても、

日本市場は大切な市場ということで、

日本語対応や、日本に事務所を構える

ところもありました。

 

現在では日本での仮想通貨関連の法律改正以降は

金融庁による認可が必須となり、日本事務所は撤退。

また日本語対応もなぜかなくなってきています。

 

中には、日本の居住者は利用できない

取引所も多くありますので、すでに多くの

日本人が口座開設して利用している

海外取引所のほうがより安全ですね!

第1位:Binance

最近、新興取引所からの猛追を受けていますが、

日本人がすでに大勢利用しているという点や、

安定したNEMの取引高やスプレッド、

さらに、最近のIEOブームなどの期待から、

Binanceをおすすめします。

 

Binanceというと、中国の3大取引所として

よく引き合いに出されますが、すでに、

本拠地は香港からマルタ共和国に移転しており、

同国金融局の認可の下で運営されています。

 

第2位:Bittrex

第2位は、米国のBittrexです。

Binance同様に多くの日本人が利用しており、

安定した取引高にスプレッドが提供されています。

 

米国大手の取引所で安心感もあり、

豊富な取り扱い通貨数はいまも健在です。

 

第3位:OKEx

OKExは、Binanceとともに中国3大取引所の一つ

といわれてきましたが、こちらもマルタ共和国に

拠点を移しており、同共和国の認可を受けて

次々に新しいサービスを提供しています。

 

ターゲットをBitMexに絞ったFXサービスや、

IEOサービスも提供しており、

NEMの取引高とスプレッド次第では、

さらに上位になる可能性を持っています。

 

NEMの取引高と海外取引所での購入方法

2019年9月末時点で

仮想通貨時価総額ランキング26位のNEMは、

国内外50か所以上の取引所で取り扱われています。

 

下記の表は、24時間での取引高ベスト10です。

日本人に大人気のNEMといわれますが、

取引高から見ると、海外でも大人気であることが見えます。

 

NEMを購入するには、まずは仮想通貨取引所に

口座を登録しておくことが必要となります。

 

ランキングで見ると、国内取引所では

Zaifが6位に入っています。

 

Zaifであれば、日本円をZaifの口座に入金して

すぐにNEMを購入することが可能です。

 

他の海外取引所の場合には、

いったん国内取引所に送金して

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)に

変えて海外取引所に送金し、

NEMを購入することになります。

 

ゆいゆい

取引所と販売所の違いって何なの?株とかFX(為替)には販売所なんてないし!

さおりんさおりん

トレード感覚で購入するのなら取引所一択でしょうね、販売所はスプレッド(売買価格差=隠れた手数料)が大きいです。たぶん、金取引をマネてると思うけど、金の現物って、貴金属買取店(販売所)で購入できるわよね!

 

NEMの将来性は

ゆいゆい

それで、NEMが正念場を迎えるって何かあるの?

さおりんさおりん

NEM最大のイベントともいっても良いかもしれませんが、「カタパルト」というアップデートが多くの投資家から期待されているの!

当初は、2018年中の実装予定であったカタパルト。

大暴落相場とコインチェックNEM流出事件により

延期となりましたが、このNEMの大型アップデートが

早ければ年内にも実装されそうなのです。

 

決済系仮想通貨最大の問題点といわれる

トランザクション問題(取引の処理能力問題)を

一気に解決してしまおうというのがカタパルトです。

 

NEMにカタパルトが実装されると、

各仮想通貨のトランザクション処理能力は以下のようになります。

通貨名 トランザクション処理数/秒
ビットコイン(BTC) 約5~8
イーサリアム(ETH) 約13~15
リップル(XRP) 約1000~2000
NEM(カタパルト実装後) 約2000~3000

カタパルト実装後のNEMの

トランザクション処理能力は、

VISAなどのクレジットカード並みになる

と想定されており、世界の決済事情が

大きく変化する可能性もあるのです。

 

NEMの長期チャート分析

NEMの日足チャートを一目均衡表で見てみると、

9月に大きな変化が出ているようです。

 

今年5月のNEM急騰劇は記憶に新しいところですが、

そこから急落し重要ラインである

一目均衡表の基準線を割り込みます。

 

その後、この基準線が何度もレジスタンスラインとなって、

NEMの価格の上昇を阻んできましたが、

何と今月基準線を上回っているのです。(黄色い矢印)

 

約4か月以上もレジスタンスラインと

なっていた基準線を上抜いた意味は大きく、

また、現時点では一目均衡表の雲に

頭を抑えられる形に見えますが、雲の幅が薄いため、

ここを抜いていく可能性にも注目したいところです。

 

ゆいゆい

それって、すごそうじゃないの!

さおりんさおりん

驚くのはまだ早いの、何とNEMの取引高が今月急増しているの!先月当たりの取引高と比較すると、1日当たりの取引高が5~10倍くらいになっているのよ!

 

これが偶然にもカタパルト実装の

タイミングで来ているというのは、

単なる偶然とも思えませんよね!

 

NEMの最新情報

2019年8月:NEMブロックチェーン版インスタグラム?「NEMGRAPH(ネムグラフ)」リリース

NEMのブロックチェーンを活用した

次世代SNSネムグラフがサービスを開始しました。

 

ネムグラフでは、

  • 仮想通貨NEMを利用したチップ機能
  • リング公証機能による投稿写真の所有権証明
  • 投稿された写真の使用権販売

などが盛り込まれます。

 

クリエーターにとっては

うれしい機能となりますね。

2019年9月:NEMカタパルトの移行方針が発表される

9月16日に、

NEMのカタパルト移行対策グループより、

現行のNEMブロックチェーンから

次世代ブロックチェーンである

カタパルトへの移行内容が発表されました。

 

要約すると、

  • 新旧2つのブロックチェーンの平行稼働
  • 2トークン制
  • オプトイントークンアローケーション方式

が有力となります。

 

カタパルトへの移行スケジュールに

ついては後日発表予定です。

 

NEMのおすすめ取引所まとめ

NEMが動き出す!

大型アップデートのスケジュール的にも、

価格チャート上にもその兆候が現れています。

 

しかも価格は安値圏内にあり、

NEMを検討するなら最適なタイミング

といえるのかもしれませんね!

 

そんなNEMの購入は国内だと限られてしまいますが

海外の大手取引所でも取り扱われていますので、

自分にあった取引所を選んでみましょう!

 

最終更新日:2019年10月04日

【この記事を書いた女子会メンバー】

さおりん
いつも暴走するゆいに手を焼かされてるゆいの相方のさおりんです。大変だけどおかげで仮想通貨を早く始められたし良い友達です(๑•᎑•๑)今はけっこう真面目に仮想通貨に取り組んでます。
さおりんの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事