ホーム取引所海外最大規模の取引所OKExとは!取引高トップクラスの海外取引所がFX市場のシェア獲得に動く
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
さおりん

海外最大規模の取引所OKExとは!取引高トップクラスの海外取引所がFX市場のシェア獲得に動く

さおりんさおりん

こんにちは、さおりんです。海外取引所を利用する日本人が多いというのは有名ですが、どの海外取引所にアカウント作成すればよいのか分からないという人も多いですよね。今回は、海外取引所を検討する際には有力な候補になるOKExについてご紹介していきます。

中国3大取引所からマルタ島へ

2014年に設立されたOKEx(オーケーイーエックス)は、中国3大仮想通貨取引所の1つともいわれ、2018年4月からはマルタ島へ拠点を移しています。同じ中国3大取引所のBinanceもマルタ島に拠点を移していますよね!

地中海に浮かぶ観光立国マルタ共和国は、国策として「ブロックチェーン・アイランド」を掲げており、マルタの金融サービス局(MFSA)は規制や税制面でブロックチェーン産業に有効的な政策を導入しています。今後も、多くの取引所がマルタ島に集まってくることになるでしょう。

でも、マルタ島って大丈夫なの?と疑う人もいるでしょうが、実はFX(為替)の世界では、海外大手FX会社の多くがマルタ島に本拠地を置いていて、その点では実績抜群の国なんです。日本の取引所は日本の金融庁の認可を取得しますが、海外取引所の中にはすでにMFSAの認可取得というところも増えているようです。

さおりんさおりん

マルタ島は私も一度は旅行したい場所です!街が世界遺産で、きれいな海の観光地として有名です。古くはマルタ会談、また、マルタ猫も有名ですし、マルチーズの原産地としても知られていますね。

OKExの基本情報

基本情報
取扱通貨数 166通貨(458ペア)
取引方法 現物取引、FX取引、先物取引、インデックス取引
取引手数料 メイカー0.1%、テイカー0.15%(※)
レバレッジ 100倍
スマートフォン対応 Android、iOS対応
セキュリティ 二段階認証、Fundpassword設定、24時間出金制限他

※ 取引量によって、さらに割引が受けられます。OKExの取引手数料はこちらから

取扱通貨

2019年9月時点での取扱通貨数は166通貨、458ぺアとなっています。(CoinMarketcap参照)

日本人でOKExにアカウント作成している人も、アルトコインの豊富さという魅力が理由になっています。日本の取引所では考えられないような数ですよね。

OKExにしか上場していないという通貨もありますし、草コイン投資を検討するなら利用したい取引所となります。

最新の通貨情報

2019年9月17日に、ヘデラ・ハッシュグラフ(HBAR)がOKExに上場しています。

最初の投資ラウンドで100億円の資金調達に成功したヘデラ・ハッシュグラフ(HBAR)は、世界的な大企業に支援された分散型ネットワークで、高速なトランザクションと拡張性を約束するプロジェクトです。

ヘデラ・ネットワークノードを管理する統治評議会には、IBMやTata通信、野村ホールディングスなど合計10社が参加し、最終的には他業界の最大39の多国籍企業で構成される予定です。

さおりんさおりん

OKExでは、最近話題のIEOプラットフォーム「OK jumpstart(オーケー ジャンプスタート)も提供していて、魅力ある新規プロジェクトのコインが上場していますね!

取引手数料

OKExの取引手数料は、条件が細かく分かれており、取引高が大きくなるほど利用者が有利になる仕組みとなっています。ただし、よほどの取引をする人でない限り、ほとんどの人はメリットを受けられなさそうです(^_^;)

Spot Tradingとは現物取引のことで、Futures Tradingが先物取引、Perpetuai Swap TradingがFX取引となります。大口取引でもしない限りは、それほど魅力的な手数料ではありませんね。

さおりんさおりん

OKExの取引手数料はそれほど魅力的には見えませんが、後述するFX取引のスプレッド(隠れ手数料)は現時点では非常に狭いものが提供されており、力を入れていることが分かりますね。

取引ツール・スマホアプリ

取引ツールは、これといった特徴はありませんが、他の取引所と遜色のない取引画面が提供されています。もちろん、チャートは拡大して利用することも可能です。

スマホアプリについても、以前はAndroidしか提供されていませんでしたが、現在は、iOSでも提供されています。

日本人でも取引できるの

国内取引所は、日本の金融庁の認可を受けていますが、世界最大規模の取引所とは言え、OKExは日本の金融庁からの認可は受けておらず、上記の通りマルタ共和国の金融局であるMFSAの認可を受けています。これって、日本人でも口座開設して取引しても良いのでしょうか?

結論から言うと、すでに多くの日本人がOKExにアカウントを持っており、草コインの取引をしている人が多くいますし、今後は、OKExが力を入れているFX取引をするためにアカウントを作成する人が増えると予想されます。

これも前述のとおりで、海外FX(外国為替)の場合には、レバレッジ規制のない海外FX会社を利用する人が非常に多く、FX取引をしている人の大半は海外FX会社にアカウントを持っているのが実情です。

Bitbank Tradeがサービス終了したのは何故?

いまだに、OKExと国内取引所のBitbank が提携しており、日本初のビットコインFXを提供するBitbank Tradeは提携先であるOKExのFXシステムを利用しているという情報を流しているところもあるようですが、Bitbank Tradeのサービスはすでに2019年3月末に終了しており、これに伴い両社の提携関係も解消しています。

なぜ?という声もあるようですが、正直複雑な事情が絡んでいるようですね。

まず、2018年からの仮想通貨相場の大暴落で顧客が離れていったこともあるでしょうし、日本の金融庁の世界的には例を見ないレバレッジ規制の問題もあるでしょう。

このレバレッジ規制では、個人投資家は25倍までのレバレッジと決められています。ただし、ボラティリティの高い仮想通貨の場合には、国内取引所のFXレバレッジは4~10倍程度に収まっていており、日本の金融庁から認可を受けているBitbankとしては、今後のサービス継続が難しいと判断した、と考えられますね。

OKExのFXトレード

OKExでは、ビットコインFXトレードを提供していますが、レバレッジは何と100倍です。国内取引所のFXのレバレッジは4~10倍に収まりつつありますから。それに比べたら10~25倍以上のサービスで、今や有名になったBitMexのレバレッジと同じです。

以前のOKExのFXトレードのレバレッジは最大20倍というものでしたが、100倍まで上げてきたところにOKExのFXトレードにかける意気込みというか、今後の事業戦略を見て取ることができます。

そもそも中国3大取引所の1つと言われたOKExですが、2018年1月以降の大暴落相場からは、OKExやBinanceなどの大手仮想通貨取引所に代わって、BitMexなどのFXトレードが取引高の大きなシェアを持つようになっています。

つまり、世界最大規模の取引高を誇っていたOKExの最大のメリットが奪われることになり、今後もその差は拡大していくと予想されているのです。

さおりんさおりん

ドル円等の法定通貨FXと同じように、仮想通貨もFX取引として個人投資家の間で爆発的に広まる可能性があるということですね。

OKExとしては、今後は個人投資家による仮想通貨FXトレードが急増すると考えていて、マルタ共和国に本拠を移したというのもFXトレードを意識している可能性があるのでは?と、私的には考えています。(中国本土や香港がヤバくなったという理由もあるかも。)

マルタ共和国の金融局であるMFSAは、すでに多くの海外FX(為替)事業者に認可しており、海外FXでは500倍前後のレバレッジや追証ゼロシステム(ゼロカットシステム)が普通に提供されています。

つまり、世界最先端のFXトレードを提供するには最適な国であるということになるのです。

BitMexとの比較

ここで気になるのは、2019年ビットコインがけん引する仮想通貨復活相場の主役ともいうべきFX専用取引所のBitMexとの比較ですよね!

OKExのFXサービスがBitMexを意識していることは疑う余地もありません。これは、他の取引所Binanceなども同様ですが、ドル円などのFX(為替)トレードと同じレベルのサービスを仮想通貨業界で初めて提供したのがBitMexですから、当然ここを意識することになりますよね。

項目 BitMEX OKEx
取引 FXのみ 現物、先物、FXなど
レバレッジ 最大100倍 ビットコインFXが最大100倍
アルトコインFXが最大40倍
追証 なし(ゼロシステム)  –
スプレッド 日本円で500円強 日本円で100円強

OKExはスプレッドが狭いというのが大きな魅力になりそうですね。

デリバティブ取引のデータ分析プラットフォームを発表

OKExは、デリバティブ取引のデータ分析プラットフォームを提供しています。提供しているのは、ロング・ショートのポジション比率、現物価格と先物価格の差である「ベーシス(Basis)」、オープンインタレスト(未決済建玉)、取引量などの6指標となります。

FXトレードでは、テクニカル分析による手法を用いる人が大半ですが、株式や為替相場に比べると情報が少ないということもあります。その意味からもこのデータ分析プラットフォームを有効活用する人の中から、億り人が誕生するなんてこともあるのではないでしょうか?

OKExへの登録は超簡単!

OKExへの口座登録は超簡単です。

OKEx公式サイトにアクセスしたら、右上にある「Sign Up」をクリックします。すると、したの画面が出てきます。

1.E-Mail欄に、メールアドレスを入力します。

2.次の「Enterコード欄には、右にある「Getcode」ボタンをクリックすると入力したメールアドレス宛に6桁のコードが送られてきますので、これを60秒以内に入力します。

3.「Password」欄には、6文字以上のパスワードを入力し、「Confirm Password」に確認のためもう一度パスワードを入力します。

4.英文の利用規約に問題がなければチェック欄にチェックを入れ、最後に「Sign Up」をクリックすると完了です。登録完了のメールが送られてきます。

OKExについてのまとめ

OKExというと、中国3大取引所の一つで、取引高が大きく取扱通貨も多いことで有名でしたが、最近では、マルタ共和国に本拠地を移し、 FX取引に力を入れていることが分かります。

草コイン投資のみならず、FX取引に関心のある人も大注目の取引所となりそうですね。

 

【この記事を書いた女子会メンバー】

さおりん
いつも暴走するゆいに手を焼かされてるゆいの相方のさおりんです。大変だけどおかげで仮想通貨を早く始められたし良い友達です(๑•᎑•๑)今はけっこう真面目に仮想通貨に取り組んでます。
さおりんの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事