ホーム取引所アルトコインが豊富な取引所ランキングTOP3【2019年最新版】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.06.11 最終更新
たかしま編集長

アルトコインが豊富な取引所ランキングTOP3【2019年最新版】

アルトコイン,取引所

たかしま編集長たかしま編集長

こんにちは!たかしまです♪
今日は、「アルトコインの豊富さ」に注目して取引所を紹介しています。アルトコインは高騰しだすと一気に爆上げすることが多いので、高騰の波に乗れるように取扱種類の豊富な取引所には前もって登録しておいたほうが良いですよ♪


取引所の登録は本人確認なども含めると、早くても2~3日、遅ければ1~2週間ほどかかってしまいます

もし今後、凄いアップデートが来て価格が高騰する!ってなったときでも、あらかじめ取引所に登録していれば、その波に乗って儲けることができますよね

今回は、アルトコインの購入に欠かせない重要な取引所を、ランキング形式にしてまとめてみました!

アルトコインの豊富さで選ぶ取引所ランキング1位:GMOコイン

アルトコイン,取引所

2019年最新の総合ランキングでも1位を獲得したGMOコインが、アルトコインの豊富さランキングでも1位となりました!

ビットコインやイーサリアム、リップルなど、初心者が買いたい通貨をピンポイントに対応しており、まず最初に登録しておきたい取引所であることは間違いありません。

通貨ペア(取引できる組み合わせ)は、すべて日本円が基軸で、以下の5種類となっています。

  • リップル(XRP)
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)

リップルやライトコインなどのアルトコインが、BTCではなく日本円で買えるというのは大きな強み。BTCを通さずにアルトコインを購入できるのは手数料の大きな節約にもなりますよね!

しかも現物取引だけでなく、レバレッジ取引でも同じく主要5種に対応しているのは、国内ではGMOコインだけ!!アルトコインのレバレッジをやってみたい人は、迷うことなくGMOコインに登録でOKです♪

さらになんと、GMOコインは利用者同士が取引をする「取引所」だけでなく、事業者と直接売買できる「販売所」形式にも対応しています。

万が一突然の高騰や暴落で取引が困難になってしまったときでも、販売所ならワンクリックで安定した取引が可能(手数料が高いので基本は取引所の利用を推奨)。販売所は使い方も簡単なので、特に初心者には超安心のポイントだと思います!

手数料がすべて無料(2019年5月現在は超お得なマイナス手数料を実施中!)なので、初心者だけではなく、高い頻度で取引をしたい人にもおすすめしたい取引所です!

アルトコインで選ぶ取引所ランキングNo.1のGMOコインに今すぐ登録!↓↓

アルトコインの豊富さで選ぶ取引所ランキング2位:DMM Bitcoin

アルトコイン,取引所

DMM Bitcoinのアルトコイン取扱通貨一覧

  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ネム(NEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサクラシック(ETC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

DMM Bitcoinでは、ビットコイン含む7種類の仮想通貨の取扱があります。アルトコインの取扱数でいうと、国内の金融庁に認可登録されている取引所の中では最多です!

アルトコインの通貨ペアは日本円基軸が7種類、BTC基軸が6種類、そしてETC/ETHの合計14種類とこちらも国内取引所ではトップクラスの豊富さですね♪

特にNEMやETCはほかの取引所ではほとんど取扱のないアルトコインなので、DMMでまとめて取引できるのは大きな魅力です♪

ただし、取引所ではなく販売所なので、アルトコインの手数料(スプレッド)が高いことでランキングでは2位となっています。

また、DMM Bitcoinは現物取引がメインではなく、基本はレバレッジでの取引(差し金決済)となります。現物はビットコインとイーサリアムのみの取り扱いなので、レバレッジでいろんなアルトコインの取引をしたい人にぴったりの取引所です!

アルトコイン,ランキング

現物でいろんなアルトコインの取引をしたい人は、1位のGMOコインがおすすめです♪

アルトコインの豊富さで選ぶ取引所ランキング3位:Bitbank

アルトコイン,取引所

Bitbankのアルトコイン取扱通貨一覧

  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • モナコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCC)

取引所の通貨ペアは下記の8種類

  • BTC/JPY
  • LTC/BTC
  • XRP/JPY
  • ETH/BTC
  • MONA/JPY
  • MONA/BTC
  • BCC/JPY
  • BCC/BTC

残念ながらライトコインとイーサリアムは日本円では取引できませんが、ビットコインキャッシュやモナコインは日本円とビットコインから選ぶことができます♪

どうしても日本円でアルトコインを取引したいということであれば、GMOコインを登録しておきましょう!

Bitbank公式サイトはこちら

各アルトコインの特徴をわかりやすく解説

取引所でのアルトコインの取扱は多ければそれだけ便利ですが、ただ多ければ良いってものでもないですよね!自分が取引したいアルトコインを決めて、その取扱がある取引所の登録をするというのが良い取引所の選び方です♪

そこで今回は、まだどのアルトコインの取引をしたいか決まっていないという人のために、人気のアルトコインをいくつか紹介したいと思います!

日本で大人気!決済通貨として優れている「リップル」

取引所,アルトコイン

項目 詳細
時価総額 約1兆6,491億円(2019年4月6日)
過去最高価格 約17万円(2018年1月1日)
通貨の目的 「価値のインターネット(Internet of Value、IoV)」を実現すること

リップルは、送金や決済に特化した仮想通貨の一種です。少しややこしい話にはなりますが・・・リップル社が「リップル」というプラットフォームを開発し、そこで利用されている通貨が「XRP(リップル)」です。

「リップル」はリップル社を指すこともありますし、リップルというプラットフォームを指すこともありますし、通貨自体をそう呼ぶこともあるので覚えておいてください(^^)

発行者のいないビットコインやイーサリアムなどと違い、リップルはリップル社という発行者が存在することが大きな特徴です。

発行枚数は1000億XRPと決まっており、それ以上追加発行される予定はありません。

リップルの最終的な目標は、「価値のインターネット(Internet of Value、IoV)」を実現することです。その手段のひとつとして、「国際送金を便利にすること」という目標を掲げてプロジェクトが進められています。

すでに多くの金融機関がリップルを取り入れ始めており、今後ますます発展してくことが予想される人気のアルトコインです♪

将来性の高いリップルを購入したいなら、GMOコインに登録しておきましょう!

GMOコイン公式サイトを見る

時価総額2位の「イーサリアム」

取引所,アルトコイン

項目 詳細
時価総額 約1兆9,213億円(2019年4月6日)
過去最高価格 約16万8千円(2017年12月1日)
通貨の目的 あらゆる目的に使えるブロックチェーンのプラットフォームをつくる

2019年4月現在、イーサリアムはビットコインに次ぐ時価総額第2位をキープしているアルトコインです。

イーサリアムは「分散型アプリケーション(Dapps)」のプラットフォーム(基盤)のために開発された仮想通貨です。

たかしま編集長たかしま編集長

このプラットフォームの基本となっているのが、スマートコントラクトと呼ばれる技術ですね!


スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上に組み込んだ「仕組み」を自動化するシステムのとです。一定の条件をブロックチェーンに組み込んでおけば、第三者(仲介)を必要とせず自動的にシステムが実行されるという技術です。

たかしま編集長たかしま編集長

イーサリアムのプラットフォーム上ではたくさんのアプリケーションや、スマートコントラクトを利用した便利なツールが公開されていますよね♪


「分散型アプリケーションの発展」に力を入れているイーサリアムは、「価値の保存」に重きをおくビットコインとは異なる魅力を持つため、仮想通貨界では「不動の2位」として知られています。

投機目的ではなく、今後の将来性を期待して取引するなら、イーサリアムはとてもおすすめのアルトコインです♪

ビットコインの性能を上回る「ビットコインキャッシュ」

取引所,アルトコイン

項目 詳細
時価総額 約5,704億円(2019年4月6日)
過去最高価格 約50万6千円(2017年12月1日)
通貨の目的 問題が改善された本物のビットコインになること

ビットコインキャッシュは、2017年にビットコインが分裂して誕生した仮想通貨です。

ビットコインの取引人口が増えるにつれ、ブロックチェーンのシステムが追い付かないという問題が発生し、それを解決するために生まれました。

1MB(メガバイト)の容量だったビットコインのブロックサイズを、当時8MB(現在32MB)まで引き上げることで、多くの取引に対応できるようになったのです!

たかしま編集長たかしま編集長

ビットコインよりも決済通貨としては優れた機能を持っていることで、全世界で人気の高いアルトコインとなっています!


たとえば、ビットコインなら数百円かかる送金手数料も、ビットコインキャッシュなら1円未満で送金できます。さらにビットコインのような送金詰まりもないので、瞬時に相手に届きます。

非常に優れた性能を持つアルトコインですが、それを開発するコミュニティに少々問題があるのがデメリットです。

現在はその問題点も解消に向かって進んでいるようなので、将来性がとても楽しみなアルトコインですね♪

送金に特化して開発された「ライトコイン」

取引所,アルトコイン

項目 詳細
時価総額
(2019年4月)
約1兆6,491億円
過去最高価格 約59万円(2017年12月1日)
通貨の目的 ビットコインの問題解消(スケーラビリティ問題など)

ビットコインが公開された2009年の約2年後、2011年にライトコインは公開されました!

ビットコインのシステムをベースに開発されたアルトコインですが、ブロックの生成時間がビットコインの1/4(約2分半)に短縮されているということが最大の特徴です。

ビットコインは送金してから約10分の待ち時間がありましたが、それが約2分半にまで短縮されたことで、日常生活の決済にも利用できるレベルになったと言われています。

ライトコインはビットコインの次に歴史の長いアルトコインなので固定ファンも多く、常に時価総額上位をキープしている人気の通貨です♪

 

各アルトコインの特徴を知ったところで、あらためてオススメの取引所を見てみましょう♪
↓↓クリックで記事の上へ戻ります♪

取引所ランキングをもう一度見る

アルトコインが豊富な取引所ランキングまとめ

アルトコインが豊富な取引所に登録しておくと、いざ「あの通貨が高騰しそう!」というときにあたふたしなくて済みますよね!

普段使わない取引所でも、ひとまず登録だけしておけば安心です♪

最終更新日:2019年06月11日

【この記事を書いた女子会メンバー】

たかしま編集長
たのしい仮想通貨女子会編集長のたかしまです!日本一たのしい仮想通貨メディアにするべく仮想通貨女子一同頑張っていきますのでよろしくお願いいたします!
たかしま編集長の他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事