ホーム取引所仮想通貨取引所の手数料やスプレッドを人気10社で徹底比較!結論、ここを使えばOK!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.10.15 最終更新
たかしま編集長

仮想通貨取引所の手数料やスプレッドを人気10社で徹底比較!結論、ここを使えばOK!

仮想通貨 手数料

せっかくトレードで利益が出ているのに、

手数料を計算したらマイナスになっていた・・・

なんてこと、ありますよね?

 

たかしま編集長たかしま編集長

今回は「取引所の手数料やスプレッド」についてまとめてみました!手数料の基本を知って、仮想通貨をお得に取引しちゃいましょう!

 

まず先に、今日の記事で比較した各種手数料の

取引所ランキングTOP3ご紹介します!

ランキング 総合ランキング 取引手数料 スプレッド 入金手数料
出金手数料
レバレッジ手数料
1位 仮想通貨,取引所,手数料,GMOコイン 仮想通貨,取引所,手数料,GMOコイン 仮想通貨,取引所,手数料,ビットバンク 仮想通貨,取引所,手数料,GMOコイン 仮想通貨,取引所,手数料,ビットフライヤー
2位 仮想通貨,取引所,手数料,リキッドバイコイン 仮想通貨,取引所,手数料,リキッドバイコイン 仮想通貨,取引所,手数料,リキッドバイコイン 仮想通貨,取引所,手数料,ビットポイント 仮想通貨,取引所,手数料,GMOコイン
3位 仮想通貨,取引所,手数料,ビットポイント 仮想通貨,取引所,手数料,ビットポイント 仮想通貨,取引所,手数料,GMOコイン 仮想通貨,取引所,手数料,リキッドバイコイン 仮想通貨,取引所,手数料,リキッドバイコイン

結論からお伝えしますが、手数料で取引所を選ぶなら、

今はGMOコインを選べば間違いありません。

ただし、これは2019年10月の情報です。

仮想通貨の取引所の手数料はよく変更されるので

こまめにチェックしておきましょう。

 

また、変更があれば更新したいと思います。

※ビットバンクの取引手数料の変更を反映させました。

 

総合ランキングTOP3の取引所

  • 1位 GMOコイン驚異のマイナス手数料と極小スプレッド、入出金手数料は完全無料!
  • 2位 リキッド:日本円の出金手数料が高いが、あとは文句なし!
  • 3位 ビットポイント:全手数料無料は嬉しいが、大きいスプレッドが惜しい!

取引所の各種手数料を徹底比較!

仮想通貨,取引所,手数料,比較

各取引所の手数料を一覧表にして

それぞれ徹底比較してみました!

 

一覧表の取引所は、ビットコインの

取引高(取引量)が多い順に並べています♪

 

「取引手数料」の比較一覧表

取引手数料は、

  • 取引の頻度が高い人
  • 取引量が多い人

にとって重要な項目ですね!

 

※「△」は販売所のみの取扱い(手数料は無料でスプレッドあり
※「-」は取扱がない通貨(取引できません)

取引所 取引所,ビットコイン
(BTC)
取引所,アルトコイン,イーサリアム
(ETH)
取引所,アルトコイン,リップル
(XRP)
取引所,アルトコイン,ビットコインキャッシュ
(BCH)
取引所,アルトコイン,ライトコイン
(LTC)
取引所,アルトコイン,ネム
(XEM)
取引所,アルトコイン,イーサリアムクラシック
(ETC)
取引所,アルトコイン,モナコイン
(MONA)
取引所,アルトコイン,リスク
(LISK)
仮想通貨,取引所,手数料,リキッドバイコイン 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料
仮想通貨,取引所,手数料,ビットフライヤー 0.01%
~0.15%
0.2%
仮想通貨,取引所,手数料,ビットバンク -0.02%
~0.12%
-0.02%
~0.12%
-0.02%
~0.12%
-0.02%
~0.12%
-0.02%
~0.12%
-0.02%
~0.12%
仮想通貨,取引所,手数料,コインチェック 無料
仮想通貨,取引所,手数料,Zaif 無料 0.0%
~0.1%
0.0%
~0.3%
0.0%
~0.1%
0.0%
~0.1%
仮想通貨,取引所,手数料,BTCボックス 0.05% 0.1% 0.1% 0.1%
仮想通貨,取引所,手数料,ビットポイント 無料 無料 無料 無料 無料
仮想通貨,取引所,手数料,GMOコイン -0.01%
~0.05%
-0.01%
~0.05%
-0.01%
~0.05%
-0.01%
~0.05%
-0.01%
~0.05%
仮想通貨,取引所,手数料,Huobi 無料 0.0%
~0.15%
0.0%
~0.10%
0.0%
~0.15%
0.0%
~0.15%
0.0%~0.15%
仮想通貨,取引所,手数料,フィスコ 0.0%
~0.1%
0.3% 0.1%

 

GMOコインビットバンクマイナス手数料

取引すると手数料がもらえるという

とってもお得なサービスです。

 

取引所では「無料」と表示されていても

実際には「販売所」対応になり、

スプレッドが大きい可能性もあるので

「△」表示には注意してくださいね。

 

リキッドはあとで紹介する出金手数料が高めなので

総合ランキングは2位ですが、取引手数料は

すべて無料なのが大きな魅力です。

 

「取引手数料」で選ぶ取引所ランキングTOP3

  • 第1位「GMOコイン」:驚異のマイナス手数料!取引するほどお得!
  • 第2位「Liquid by Quoine」:取扱通貨の種類も多く、しかもすべて無料!!
  • 第3位「ビットポイント」:主要5種がすべて無料
  • おしい「ビットバンク」:マイナス手数料は魅力的だが、takerの0.12%が高い

「スプレッド」の比較一覧表

スプレッドとは、買値と売値の価格差のこと。

取引所を選ぶなら、できるだけスプレッドが

小さいところがおすすめです。

 

ただし、販売所のように、事業所が

設定する「隠れ手数料」ではないので

よほど大きいスプレッドでなければ

取引に支障はありません。

 

※以下の表では、わかりやすように目安として

300円以下のスプレッドに色を付けています。

取引所名 スプレッド
(6/5)
スプレッド
(6/6)
スプレッド
(6/7)
スプレッド
(6/8)
スプレッド
(6/10)
スプレッド
(6/11)
仮想通貨,取引所,手数料,リキッドバイコイン 62円 107円 136円 185円 163円 6円
仮想通貨,取引所,手数料,ビットフライヤー 320円 580円 360円 954円 791円 402円
仮想通貨,取引所,手数料,ビットバンク 1円 1円 1円 1円 1円 1円
仮想通貨,取引所,手数料,コインチェック 310円 570円 308円 193円 462円 316円
仮想通貨,取引所,手数料,Zaif 380円 774円 675円 45円 175円 735円
仮想通貨,取引所,手数料,BTCボックス 1,567円 1,096円 1,903円 54円 1,182円 1,006円
仮想通貨,取引所,手数料,ビットポイント 1,282円 2,782円 1,000円 1,000円 570円 1,719円
仮想通貨,取引所,手数料,GMOコイン 264円 265円 146円 265円 184円 265円
仮想通貨,取引所,手数料,Huobi 1,586円 879円 1141円 1,358円 20,090円 1,847円
仮想通貨,取引所,手数料,フィスコ 6,100円 8,945円 4,000円 33,725円 4,950円 13,995円

※2019年6月5日~6月11日に計測したデータです。

Bitcoin日本語情報サイト」さんで、

5分ごとのスプレッドを確認できます。

 

ビットバンクは少し操作されてる感も

ありますが、実際に取引板でも

確認しているので問題ありません。

 

リキッドは通貨の流動性を意識した

独自のリキッドプラットフォーム

採用しているので、さすがのスプレッドです。

 

GMOコインは「販売所」という

イメージがあるかもしれませんが、

こちらは「取引所」のスプレッドです。

かなり小さく、少額取引でも気になりません。

 

ほかの取引所はタイミングによっては

1000円を超えていることもあったので

初心者だとなかなか取引が成立しない

可能性があるので注意が必要です。

 

「スプレッド」で選ぶ取引所ランキングTOP3

  • 第1位「ビットバンク」:いつ見ても驚異のスプレッド1円!!
  • 第2位「リキッド」:流動性が高くスプレッドは極小
  • 第3位「GMOコイン」:100円~300円は流動性高め!

「入金手数料・出金手数料」の比較一覧表

入出金手数料は、

  • 日本円の入金・出金
  • 仮想通貨の入金・出金

の際に必要になる手数料です。

 

  • 仮想通貨のウォレット保管
  • 複数の取引所利用

リスク分散に効果的なので

入出金手数料も重要な項目です。

 

たかしま編集長たかしま編集長

まずは、入金手数料の比較から♪

■入金手数料

取引所名 仮想通貨
入金手数料
日本円
入金手数料
銀行振込
日本円
入金手数料
コンビニ振込
日本円
入金手数料
ペイジー
即時入金
(クイック入金)
提携銀行
仮想通貨,取引所,手数料,リキッドバイコイン 無料 実費負担 実費負担
仮想通貨,取引所,手数料,ビットフライヤー 無料 実費負担 実費負担 無料
※提携銀行以外は324円
住信SBIネット銀行
仮想通貨,取引所,手数料,ビットバンク 無料 実費負担 実費負担
仮想通貨,取引所,手数料,コインチェック 無料
※高速:0.002BTC
実費負担 3万円未満:756円
3万円以上:1,000円
3万円未満:756円
3万円以上:1,000円
仮想通貨,取引所,手数料,Zaif 無料 実費負担 3万円未満:486円
3万円以上:594円
3万円未満:486円
3万円以上:594円
仮想通貨,取引所,手数料,BTCボックス 無料 実費負担 実費負担
仮想通貨,取引所,手数料,ビットポイント 無料 実費負担 実費負担 無料 住信SBIネット銀行
イオン銀行
ジャパンネット銀行
仮想通貨,取引所,手数料,GMOコイン 無料 実費負担 実費負担 無料 無料 あおぞらネット銀行
楽天銀行
住信SBIネット銀行
ジャパンネット銀行
(ペイジー対応銀行あり)
仮想通貨,取引所,手数料,Huobi 無料 実費負担 実費負担 無料 住信SBIネット銀行
仮想通貨,取引所,手数料,フィスコ 無料 実費負担 実費負担

 

入金手数料はどこも無料なところが

多いですが、銀行の手数料が実質の

負担になるので注意が必要です。

 

提携銀行であれば実質の負担も

無料になるので、

  • 入金手数料が無料
  • 自分が利用する銀行が提携している

という2点で選べば良いでしょう。

 

この2点を満たしているのは

の4社です。

 

たかしま編集長たかしま編集長

次は出金手数料を比較しよう!

■出金手数料

取引所名 日本円 取引所,ビットコイン
(BTC)
取引所,アルトコイン,イーサリアム
(ETH)
取引所,アルトコイン,リップル
(XRP)
取引所,アルトコイン,ビットコインキャッシュ
(BCH)
取引所,アルトコイン,ライトコイン
(LTC)
取引所,アルトコイン,ネム
(XEM)
取引所,アルトコイン,イーサリアムクラシック
(ETC)
取引所,アルトコイン,モナコイン
(MONA)
取引所,アルトコイン,リスク
(LISK)
仮想通貨,取引所,手数料,リキッドバイコイン 500円 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料
仮想通貨,取引所,手数料,ビットフライヤー 216円~756円 0.0004 BTC 0.005 ETH 0.0002 BCH 0.001 LTC 0.005 ETC 無料 0.1 LSK
仮想通貨,取引所,手数料,ビットバンク 540円~756円 0.001 BTC 0.005 ETH 0.15 XRP 0.001 BCC 0.001 LTC 0.001 MONA
仮想通貨,取引所,手数料,コインチェック 400円 0.001 BTC 0.01 ETH 0.15 XRP 0.001 BCH 0.001 LTC 0.5 XEM 0.01 ETC 0.001 MONA 0.1 LSK
仮想通貨,取引所,手数料,Zaif 350円~756円 0.0001 〜 0.01 BTC 0.01 〜 0.05 ETH 0.001 〜 0.01 BCH 2 〜 20 XEM 0.001 〜 0.1 MONA
仮想通貨,取引所,手数料,BTCボックス 400円~750円 0.001BTC 0.01ETH 0.001BCH 0.002LTC
仮想通貨,取引所,手数料,ビットポイント 実費負担 無料 無料 無料 無料 無料
仮想通貨,取引所,手数料,GMOコイン 無料 無料 無料 無料 無料 無料
仮想通貨,取引所,手数料,Huobi 324円 BTC 0.0005 ETH 0.005 RP 0.1 BCH 0.0001 TC 0.001 MONA 0.001
仮想通貨,取引所,手数料,フィスコ 350円~756円 0.001BTC 0.001BCH 0.001MONA

 

仮想通貨の出金手数料は、取引所ではなく

マイナーに支払う手数料です。

 

リキッドGMOコインがすべて無料なのは

頻繁に出し入れする人にとって魅力ですが

高すぎなければそれほど大差はない

と思っておきましょう。

 

GMOコインは日本円の出金手数料が無料なので

これはかなり大きなアドバンテージとなるでしょう。

 

ビットバンク、コインチェックは

日本円も仮想通貨も出金手数料が

高めなので、少し注意が必要です。

 

「入出金手数料」で選ぶ取引所ランキングTOP3

  • 第1位「GMOコイン」:とにかく全部無料!即時入金対応!提携銀行豊富!
  • 第2位「ビットポイント」:提携銀行は少ない基本全部無料なので安心!
  • 第3位「リキッド」:仮想通貨の出金手数料がすべて無料

「レバレッジ取引手数料」の比較一覧表

レバレッジ取引やFX取引では

  • 取引手数料
  • ポジション管理料(スワップ手数料)
  • ロスカット手数料

など、いろんな種類の手数料が発生します。

 

レバレッジ取引にかかる手数料の詳細は

「レバレッジ手数料・ポジション管理料」とは

(記事内ジャンプします)をご確認ください。

 

取引所名 取引手数料
(買い / ロング)
取引手数料
(売り / ショート)
レバレッジ手数料
(買い / ロング)
レバレッジ手数料
(売り / ショート)
ロスカット手数料
仮想通貨,取引所,手数料,リキッドバイコイン 無料 無料 0.1% / 日 0.1% / 日 0.2%
仮想通貨,取引所,手数料,ビットフライヤー 無料 無料 0.04% / 日 0.04% / 日 無料
仮想通貨,取引所,手数料,ビットバンク 非対応
仮想通貨,取引所,手数料,コインチェック 0.04% 0.05% 0.04% / 日 0.05% / 日 0.04%
~0.05%
仮想通貨,取引所,手数料,Zaif 基本:無料
利益が出た場合:0.7%
基本:無料
利益が出た場合:0.7%
0.039% / 日 0.039% / 日 無料
仮想通貨,取引所,手数料,BTCボックス 非対応
仮想通貨,取引所,手数料,ビットポイント 0.035% 0.035% 0.035% / 日 0.035% / 日 0.035%
仮想通貨,取引所,手数料,GMOコイン 無料 無料 0.04% / 日 0.04% / 日 0.5%
仮想通貨,取引所,手数料,Huobi 非対応
仮想通貨,取引所,手数料,フィスコ 非対応

 

レバレッジ取引・FX取引の手数料だけを

見ると、ビットフライヤーが1位でしたが

実はビットフライヤーのレバレッジ取引は

ビットコイン(BTC)しか対応していません。

 

2位のGMOコインは

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • ビットコインキャッシュ
  • ライトコイン

主要5種に対応しているので、

そこを比較ポイントにすると

選びやすいかもしれません(*^^)

 

通常ののポジション手数料は1日1回ですが

リキッドは1日3回発生するタイミングがあるので

超短期売買をする上級者向けです。

リキッドの長期取引は大きな損失になる

可能性が高いので注意しましょう。

 

「レバレッジ取引手数料」で選ぶ取引所ランキングTOP3

  • 第1位「ビットフライヤー」:取引手数料は無料、レバレッジ手数料も0.04%と安心の数字
  • 第2位「GMOコイン」:全体的に安く使いやすいロスカット0.5%がマイナス1点
  • 第3位「リキッド」:取引手数料は無料だがレバレッジ手数料0.1%が高め。超短期売買なら利用価値あり!

総合手数料ランキング1位~3位

仮想通貨,取引所,手数料,比較

ここからは、手数料総合ランキング、

TOP3の取引所の詳細を解説します!

 

ランキングの順位は、以下5点を分析し

コインガールズ編集部が独自に判断しています。

①取引手数料の安さ
②入出金手数料の安さ
③提携銀行の豊富さ(クイック入金)
④スプレッドの広い販売所は除外
総合ランキングも考慮

 

手数料で選ぶ取引所ランキング1位:GMOコイン

仮想通貨,手数料

仮想通貨手数料の種類 項目 料金
取引手数料 販売所取引手数料 無料
取引所maker取引手数料 -0.01%
取引所taker取引手数料 0.05%
レバレッジ取引取引手数料 無料
仮想通貨FX 注文手数料 無料
入出金手数料 日本円即時入金 無料
日本円入出金 取引所は無料
(銀行の振込手数料などは自己負担)
仮想通貨受金 無料
仮想通貨送金 無料

GMOコイン

  • 日本円の入出金手数料
  • 仮想通貨の入金・出金手数料

がすべて無料です!

 

しかも、取引手数料はマイナス手数料

実施しているので、取引すればするほど

お得になるんです!!

 

コインガールズの調査によると、

スプレッドも極小なので安心です。

 

GMOコインは取引所と販売所の両方を

利用できるのが大きなメリットですが、

販売所はスプレッドが大きいので、

基本はスプレッドの小さい取引所を利用しましょう!

 

手数料で選ぶ取引所ランキング2位:リキッド(Liquid by quoine)

仮想通貨,取引所,手数料

手数料の種類 項目 料金
取引手数料 現物取引 無料
ポジション管理料 差金決済取引 0.1%/日
ロスカット手数料 差金決済取引 手数料:0.2%
入金手数料 日本円 無料
仮想通貨 無料
出金手数料 日本円 500円
仮想通貨 無料
誤入金回復手数料 仮想通貨 10%+500QASH

リキッド(Liquid by quoine)は、日本国内だけでなく、世界中で取引されている取引所です。そのため取引高(取引量)が国内取引所の中でははずば抜けて高く、スプレッドが狭いのが特徴。

取扱通貨が多く、しかもすべての取引手数料が無料ということで、とても使いやすい取引所です。

ただし、日本円の出金に500円が必要になるので、頻繁に出し入れしたい人にはおすすめできません。

手数料で選ぶ取引所ランキング3位:ビットポイント(Bitpoint)

仮想通貨,手数料

仮想通貨手数料の種類 項目 料金
取引手数料 現物 無料
レバレッジ 無料
ビットポイント
MT4取引
無料
入出金手数料 日本円即時入金 無料
日本円入出金 取引所は無料
(銀行の振込手数料などは自己負担)
送受金手数料 仮想通貨受金(預入) 無料
仮想通貨送金(送付) 無料

ビットポイント(Bitpoint)は仮想通貨取引所の中で唯一、すべての手数料が無料の取引所です!手数料のことを気にせずガンガン取引したい人におすすめ♪

日本円の即時入金サービスも手数料無料なので、「今すぐ注文を入れたい!」というときでも、すぐに「入金→取引」が無料でできるのが非常に便利です(^^)

ただし、スプレッドが非常に大きいので、成行注文は少し危険ビットポイントで取引をするなら自分で価格を決める指値で注文を入れることをおすすめします!

「取引所の手数料」の基礎知識

仮想通貨,取引所,手数料,比較

ビットコインやイーサリアムの売買ができる仮想通貨取引所では、取引したときや仮想通貨を入出金したときなど、いろんなタイミングで手数料が発生します。

ここでは、各種手数料がどういうタイミングで発生するのか、簡単に解説しておきます(^^)

取引所の「取引手数料(売買手数料)」とは

取引所における取引手数料(売買手数料)とは、取引所や販売所でビットコインやイーサリアム、リップルなどの仮想通貨を取引(購入 or 売却)するタイミングで発生する手数料です。

たかしま編集長たかしま編集長

そうそう、取引するたびにかかっちゃう手数料だから、頻繁に取引する人にはけっこう重要なんですよね~

取引は注文の方法によって以下の2つに分類されます。どちらも「取引手数料」ですが、取引所によって料金が違うことがあるので注意が必要です。

■メイカー手数料(maker手数料)

⇒注文板に自分の注文を並べて取引が成立したときの手数料

■テイカー手数料(taker手数料)

⇒注文板にすでに並んでいる価格を指定して売買したときの手数料

取引手数料は、「買う」「売る」のどちらの取引をするときも必要になるのでトレードの回数が多い人ほど重要な手数料になります。反対に、1~2回だけ取引してあとは長期保有するというスタイルの人はそれほど気にしなくても良い手数料です。

取引所の「スプレッド(隠れ手数料)」とは

「スプレッド」とは、買値と売値の価格差のことです。仮想通貨の「スプレッド」には、取引所で自然発生するスプレッドと、販売所が設定するスプレッドの2種類があります。

たかしま編集長たかしま編集長

↑↑ここ、重要です!

取引所では利用者同士が価格を出すことで取引が成立していくので、スプレッドはほとんどありませんし、あってもごくわずかです。

それに対し事業者が価格を決める「販売所」では、買値と売値に大きなスプレッドが設定されています。販売所のは取引手数料は無料ですが、このスプレッドが実質的な手数料の役割を果たすため、「隠れ手数料」と呼ばれることもあります。

  • 販売所:スプレッドはほぼ固定で、かなり大きい
  • 取引所:スプレッドは常に変化し、かなり小さい

販売所はスプレッドが大きいというデメリットがある代わりに、いつでも簡単に即取引ができるというメリットがあります。

たかしま編集長たかしま編集長

基本はスプレッドが小さい取引所を使い、状況を見て販売所を使う、という方法がおすすめです!

仮想通貨の取引所と販売所の違いについては、こちらの記事で詳しく解説しています!
仮想通貨の取引所と販売所はどう違う?特徴やその違いを徹底解説!

取引所の「入金手数料、出金手数料」とは

入金手数料や出金手数料は、日本円を出し入れするときに必要な手数料です。具体的には、以下の3つのタイミングで手数料が発生します。

  • 日本円を取引所に入金する(入金手数料)
  • 日本円を取引所から出金する(出金手数料)
  • 日本円を取引所に即時入金する(即時入金手数料)

取引所は独自に銀行と提携していることがあり、提携銀行を利用することで「即時入金(クイック入金)」が可能です。多くの取引所が提携している「住信SBIネット銀行」の口座を開設しておくと便利です。

仮想通貨の出金に必要な「マイナー手数料」とは

仮想通貨・ビットコイン取引所におけるマイナー手数料とは、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を自分のウォレットに送金するタイミングで必要になる手数料です。

このマイナー手数料は、取引所や販売所に対して支払う手数料ではなく、ブロックチェーンを管理しているマイナーに支払う手数料です。

たかしま編集長たかしま編集長

マイナー(採掘者)って、仮想通貨の基本となるブロックチェーンを管理する「マイニング(採掘)」をする人や、そのコンピュータのことをそう呼んだりしますねー。

マイナー手数料の金額は基本的には自由に決めることができます。しかしマイナーは手数料が高く設定された仮想通貨を優先的に送金するので、あまりにも低い手数料を設定した場合、送金に時間がかかってしまう可能性があります。

基本的には取引所や販売所が最低限のマイナー手数料を決めているので、それに従って送金するようにしましょう。(※ブロックチェーンの状況によって必要なマイナー手数料は変動します。)

「レバレッジ手数料・ポジション管理料」とは

レバレッジ取引やFX取引は、取引所に証拠金を預けたうえで行う差金決済(さきんけっさい)取引のことです。差金決済とは、ビットコインやイーサリアムなどの現物の受け渡しをせずに、取引をしたときの差額だけを受け渡しする取引のことです。

■差金決済とは

仮想通貨の取引には、現物を所有できる「現物取引」と、レバレッジ取引やFX取引のような現物を所有できない「差金決済取引」の2つに分けることができます。

差金決済取引では「買い」と「売り」はワンセットになっていて、売らずに現物を受け取ることはできません。買ったら必ず売り、そのときに出た利益や損失だけ受け渡しをします。

たかしま編集長たかしま編集長

差金決済では、この「買い」や「売り」の取引をした状態のことを「ポジションを持つ」って言うんですけど、ポジションを持ったらその反対取引(「売り」なら「買い」)をしてポジションを解消する、っていう一連の流れでひとつの取引が完了するんです。

この差金決済取引には、同じ意味を持つ用語がたくさんあるので、その中でも重要なものを以下にまとめておきます。

  • 買い=ロング(ロングポジション)
  • 売り=ショート(ショートポジション)
  • ポジション=建玉(たてぎょく)
  • レバレッジ手数料=スワップ手数料
  • ポジション管理料=建玉管理料

■差金決済の手数料

レバレッジ取引や仮想通貨FXなどの差金決済取引は、現物取引に比べて多くの手数料が必要になります。

取引手数料:差金決済取引で取引が成立したときに発生する手数料です。

レバレッジ手数料(スワップ手数料):ポジションを持っているあいだ1日ごとに発生する手数料です。1日で0.04%が一般的な相場です。

建玉管理料(ポジション管理料):取引所によっては、取引手数料やレバレッジ手数料のことを総称して「建玉管理料」という場合があります。

ロスカット手数料:含み損が大きくなって証拠金が不足しそうな段階になると、自動的(強制的)にロスカットが実行され、そのときに発生する手数料のことです。ポジション(建玉)の0.5%ほどが相場です。

「レバレッジ取引手数料」の比較一覧表に戻る(記事内ジャンプします)

たかしま編集長たかしま編集長

取引所によって言い方が違ったりするからややこしいのよね。ま、覚えなくても取引はできます(‘ω’)(笑)

「取引所の手数料」に関するQ&A

仮想通貨,手数料

仮想通貨の手数料って、取引所によって仕組みが違っていたり、時期によって変動したりするから、ちゃんと理解しようとすると実はとっても複雑なんです。

ここでは、そんな「仮想通貨の手数料」に関してよくある質問をQ&Aにしてまとめてみました!手数料について深く知りたいって人は、ぜひ参考にしてくださいね!

Q.海外取引所よりも国内取引所のほうが手数料が安いって本当?

たかしま編集長たかしま編集長

少し前までは「海外取引所のほうが手数料が安い!」なんて言われていたときもありましたが、今では国内取引所のほうが圧倒的に手数料は安いです!

世界でも3本の指に入る大手海外取引所のBinance(バイナンス)の場合、1回の取引で0.1%の手数料がかかります。

たかしま編集長たかしま編集長

0.1%って安そうに見えますが、頻繁に取引するトレーダーの場合、かなり痛い出費になってしまいます。


たとえば手数料が0.1%で10万円の取引をした場合
1回の取引手数料:10万円 × 0.001 = 100円

1日5回の取引を月に20回行うと
毎月の取引回数:5回 × 20日=100回

の取引数になりますが、たったこれだけの取引で
毎月の手数料:100円 × 100回 = 1万円

とかなり高額になってしまいます。

元手が10万円なので
1万円 ÷ 10万円 = 0.1 = 10%

たかしま編集長たかしま編集長

つまり、たったの1ヶ月で元手の10%もの手数料を払わされてしまうのです!!

GMOコインなど、国内の取引所であれば手数料無料で取引できるので、その分上乗せして投資することも可能ですよね♪

取引で勝ち負けがなかったとしても、手数料の差でじわじわ負けが多くなってしまうのはもったいないので、特に初心者は国内の取引所で取引することをおすすめします!

Q.ユーザー数が少ないとスプレッドが大きくなるってどういうこと?

たかしま編集長たかしま編集長

取引所は、「ユーザーの買いたい価格と売りたい価格が一致したところがその仮想通貨の価格になる」と言いましたが、実はすべてがそうとは限りません。

ユーザー数が多い取引所の場合、売買が秒単位でどんどん成立していくので、スプレッドはほぼ0になります。しかしユーザー数が少ない取引所の場合、ユーザーの買いたい価格と売りたい価格が一致しないことが多くなるので、自然とスプレッドが大きくなってしまうのです。

スプレッドが大きければ買いたい人は相場より高く買うことになり、売りたい人は相場より安く売ることになります。

もし取引所を比較していて、取引手数料などが同じでどちらにすればいいか迷った場合は、少しでも利用者数(取引高)の多い取引所を選ぶほうがお得だということですね♪

今回のランキングでは、やはり大手のGMOコインやビットポイントが取引高が多いのでおすすめです!

クイック入金で見かける「ペイジー(Pay-easy)」って何?

ペイジー(Pay-easy)とは、銀行などの金融機関と振込先の団体(収納機関)をつなぐ支払いシステムです。全国数万の団体と提携していて、ペイジーが利用できる取引所も増えてきました。

ペイジーは「支払い方法」のひとつで、取引所に日本円を入金(振込)するときに利用できます。ペイジーを利用すると、「即時入金が可能」「手数料が無料」などのメリットがあります。

もともと振込手数料が無料の住信SBIネット銀行の口座を持っていればペイジーを使う必要はありませんが、三菱UFJ銀行や三井住友銀行、りそな銀行などの口座しかないという人は、ペイジー利用で手数料無料になるのでおすすめです。

手数料の安さで選ぶ仮想通貨ランキングまとめ

国内にはたくさんの取引所がありますが、手数料が安い取引所は本当に限られています

仮想通貨取引において手数料が安いことは、何よりも重要なポイントなので、ぜひランキングを参考に取引所を選んでみてください!

ほかにも安全性や使いやすさなど、総合的な評価で取引所を選びたいという人は、こちらの記事で国内取引所ランキングをチェック↓↓
【2019年最新】仮想通貨・ビットコイン『取引所の比較ランキング』

 

もう一度、手数料ランキングを見る↑↑

最終更新日:2019年10月15日

【この記事を書いた女子会メンバー】

たかしま編集長
たのしい仮想通貨女子会編集長のたかしまです!日本一たのしい仮想通貨メディアにするべく仮想通貨女子一同頑張っていきますのでよろしくお願いいたします!
たかしま編集長の他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事