ホーム取引所仮想通貨取引所ランキング-国内全19社を比較!日本でビットコイン買うならどこ?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.10.14 最終更新
はる

仮想通貨取引所ランキング-国内全19社を比較!日本でビットコイン買うならどこ?

仮想通貨,取引所,ランキング

はるはる

今回は、日本国内で金融庁に登録されている取引所、全19社のスペックを徹底的に比較して、ランキング形式でご紹介します!

2019年10月14日 更新

 

クリックでコンテンツが切り替わります♪↓↓










■ランキング&比較




■初心者向け




国内取引所ランキング

目次

国内取引所ランキングかんたん比較表

さっそくですが、結論
最新の取引所おすすめランキングはこちら
↓ ↓ ↓

ランキング 取引所 コスト 信頼性 使いやすさ 特徴 詳細を見る
第1位
ランキング「GMOコインロゴ」
GMOコインコスト GMOコイン信頼性 GMOコイン使いやすさ 圧倒的人気No.1!まずはここから! 公式HPへ
第2位
DMMBitcoinロゴ
DMMBitcoinコスト DMMBitcoin信頼性 DMMBitcoin使いやすさ ビットコインFXならここ! 公式HPへ
第3位
bitbankロゴ
ビットバンクコスト ビットバンク信頼性 ビットバンク使いやすさ チャートやアプリが使いやすい 公式HPへ
第4位
Liquid by Quoineロゴ
Liquid by Quoineコスト Liquid by Quoine信頼性 Liquid by Quoine使いやすさ コミュニティが活発 公式HPへ
はるはる

ランキング1位は、大手グループが運営するGMOコイン取引所。ビットコインやリップルなど人気5通貨に対応しているので、初心者が最初に使うのにぴったりな取引所です!

ランキング1位!GMOコインの魅力

  • 手数料が無料で取引し放題!
  • 最短翌日で口座開設が完了する!
  • 日本円の入金方法がわかりやすい!

まずはどんな取引所が見てみよう↓↓

日本国内の仮想通貨・ビットコイン取引所ランキング1位~19位

ビットコイン,比較,ランキング

ビットコインが買える日本国内の

取引所・販売所を調査・比較・分析し、

ランキング形式でまとめてみました!

 

ランキングで比較したポイント

  • 各種手数料の安さ
  • 運営企業の信頼性
  • セキュリティ(安全性)
  • アプリやツールの使いやすさ
  • 取扱通貨の豊富さ(サービス別)

 

国内取引所ランキング第1位:GMOコイン(迷ったらとりあえずここ!)

GMOコイン,ランキング

ランキング 総合満足度 運営の信頼性 手数料の安さ 取扱通貨の種類 使いやすさ セキュリティ
1位 4.66 4.8 4.9 4.2 4.6 4.8

GMOコインはもともと「販売所」でしたが、

取引所」が開設されて使いやすくなりました。

 

販売所だけのときは「スプレッドが高い」

と評判は高くありませんでしたが、今は

マイナス手数料を実施していることもあって

ほぼ最高の4.9評価です。

 

100社以上もの企業を抱える超大手

GMOインターネットグループに所属する

企業なので、運営の信頼性も抜群です。

資産があるというのもGMOコインの強み。

 

さらに

  • GMOクリック証券
  • GMOあおぞらネット銀行

のような金融事業のノウハウがある

というのも安心のポイントです。

 

■GMOコインの手数料

  • 取引手数料:0.01%~0.05%
  • スプレッド:ほぼなし
  • 日本円入金手数料:無料
  • 日本円出金手数料:無料
  • 仮想通貨入金手数料:無料
  • 仮想通貨出金手数料:無料
  • 口座登録、年会費等:無料
  • レバレッジ手数料:0.04%/日

 

GMOコインの取扱通貨一覧

  • ビットコイン(BTC)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

 

■仮想通貨女子会編集部によるGMOコインの評価

1位 GMOコイン

はるはる

ランキング1位というだけあって、どの項目もかなり高評価ですね!たかしま編集長もGMOコイン使っているんでしたっけ?

たかしま編集長たかしま編集長

そうだよー!ビットコイン、リップル含む主要5通貨の取り扱いがあって、手数料も安くて、サポートも厚くて、アプリも使いやすくて、企業の信頼性も抜群だから、私は安心して使ってるかなー。

ゆいゆい

レバレッジ取引とか仮想通貨FXでも主要5通貨のトレードができるのは嬉しいですよねー!私は、定期メンテナンスがちゃんと終わるっていうのがなにげにポイント高いです!臨時メンテや延期が多いとホント萎えます(´・ω・`)あ、ビットレ君も使いやすくて素敵♪

はるはる

わかる!やっぱりそのあたりもしっかりお金かけてるんだろうねー。私はいろんな取引所使うし、銀行口座もいっぱい持ってるから、提携銀行が豊富なのが嬉しいかな。手数料無料でいろいろ資金動かせるし、仮想通貨ってほら、動き激しいから急にお金移動させたいときって結構あるんですよ!

たかしま編集長たかしま編集長

だね!提携銀行だと即時入金も無料でできるし、たしかにそれもGMOコインの魅力かも。あと投資経験者にとっては、指値注文とか逆指値注文ができるのも良いんじゃない?取引所で逆指値できるところって意外と少ないんだよ。

ランキング1位のGMOコインをもっと詳しく見てみよう↓↓

GMOコインの詳細はこちら↓↓

 

ランキング第2位:DMM ビットコイン(総合4.48)

DMMbitcoin,ランキング

ランキング 総合満足度 運営の信頼性 手数料の安さ 取扱通貨の種類 使いやすさ セキュリティ
2位 4.48 4.6 4.1 4.7 4.5 4.5

DMM ビットコイン(旧株式会社東京ビットコイン取引所)は、「DMM.com証券」で培った金融サービスのノウハウを取り入れた取引所です。ランキングの評価では、やはり大手企業ということだけあって、運営の信頼性やセキュリティが高め販売所専門でスプレッド(隠れ手数料)が大きいので、手数料の安さは4.1と少し低めな評価となっています。

DMMビットコインの一番の魅力は、レバレッジ取引におけるアルトコインの豊富さです。評価は4.7とかなり高めですね!リップルやネムも対応しているので、これからレバレッジ取引を始めたいという初心者におすすめの取引所ですね!ただし、現物取引はビットコインとイーサリアムだけなので注意が必要です。

 

■DMMビットコインの手数料

  • 取引手数料:無料(販売所のため)
  • スプレッド:あり
  • 日本円入金手数料:無料
  • 日本円出金手数料:無料
  • 仮想通貨入金手数料:無料
  • 仮想通貨出金手数料:無料
  • 口座登録、年会費等:無料
  • レバレッジ手数料:0.04%/日

 

DMM Bitcoinの取扱通貨一覧

  • ビットコイン
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • ネム(NEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサクラシック(ETC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

※現物取引はビットコインとイーサリアムのみ
その他アルトコインはレバレッジのみの取扱
■仮想通貨女子会編集部によるDMMビットコインの評価

はるはる

結論言っちゃうと、レバレッジ取引をするならDMMビットコインって感じですよねー!現物取引ならGMOコインのほうがいいかなーって思います。

たかしま編集長たかしま編集長

そうだねー!レバレッジ取引で7種類の取り扱いがあるのは日本国内最多だよね?現物取引はDMMビットコインみたいな販売所だと、スプレッド(隠れ手数料)が大きいからちょっと注意が必要ですね。

ゆいゆい

私的にはわかんないことあったらLINEで問い合わせできるのが嬉しいかも。電話問い合わせだともういいやーってなっちゃうんだよね。あ、あとやっぱり販売所ってだけあって、取引はめちゃめちゃ簡単だよね!

はるはる

それは本当に思う!スプレッドあるのがちょっと嫌だけど、いつでもすぐ取引できるし、「買う」か「売る」を選ぶだけだから本当に簡単で、初心者におすすめしたいですよね!

たかしま編集長たかしま編集長

あとあんまり知られてないけど、DMMビットコインってサーバーが強いって評判なんだよ。GMOコインと一緒で大手グループだからってのもあるのかな。多種多様な企業を抱えていて、そういうノウハウもしっかり持ってるのかも。

はるはる

たしかに、DMMビットコインでサーバー落ちとか聞いたことないですね!金融庁から業務改善命令がなかった取引所ってことで知られてるけど、サーバーの強度とかもかなり関係してそうですね。

さっそくレバレッジをやってみよう↓↓

DMMビットコインの詳細はこちら↓↓

 

ランキング第3位:ビットバンク(総合4.36)

ランキング,比較,ビットバンク

ランキング 総合満足度 運営の信頼性 手数料の安さ 取扱通貨の種類 使いやすさ セキュリティ
3位 4.32 4.0 4.6 4.3 4.2 4.5

2014年に設立されたビットバンク(bitbank)は、リップルの取引量が国内最多の取引所です。多機能な分析機能を備えた「Trading View」を導入しているので、上級者がメイン取引所にしているのかもしれません。

その反面、初心者にとっては少々わかりにくさもあ、「使いやすさ」は4.2と低めな評価となっています。GMOコインやDMMビットコインのような大手グループ企業ではないので、運営の信頼性は4.0の評価ですが、これまで取引所として長く運営してきた実績があるので、特に心配する点はありません。

取引手数料が-0.02%~0.12%となっており、「手数料の安さ」は4.6と高評価。ただ、日本円の出金手数料が高め(基本540円)なのが気になるところです。

■ビットバンクの基本情報

ビットバンク一覧表 現物取引 レバレッジ取引
取引形式 取引所
取扱通貨 ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
モナコイン(MONA)
取引手数料 Maker:-0.02%
Taker:0.12%
対応アプリ・ツール 多機能な分析ツール備えた「Trading View」

■仮想通貨女子会編集部によるビットバンクの評価

取引所 ランキング ビットバンク

はるはる

一時期国内でかなり力をつけていた取引所で、今は大手グループ取引所の次に人気っていうイメージですが、みなさんどうですか?

たかしま編集長たかしま編集長

2018年は国内取引量1位だったね。今は少し落ち着いてるから、そのイメージは間違ってないかも。チャートやテクニカル分析がしやすいから、上級者向けの取引所だね。

ゆかりゆかり

GMOコインと同じマイナス手数料やってるし、慣れたら使いやすいし、私は好きだけどなー。あ、レバレッジはできないから現物取引したい人に限るけどね(^_^;)

はるはる

私はいろんな取引所使うから、日本円の出金手数料が高いのはちょっと痛いかも。基本はGMOコインで、モナコイン買うときはビットバンク、って感じかなー。

ゆいゆい

モナコインってたしか日本で生まれた仮想通貨だっけ?そういう通貨って何かのきっかけで高騰するかわからないから、とりあえずビットバンク登録だけしておいてもいいかもね!あと私もマイナス手数料は気になるかなー!

はるはる

買って同じ値段で売るだけでお金が貰えるってすごいことだよね!ただ0.02%だから、そんなに大きなメリットにはならないかなーって思う。超高額取引する人とか、短期トレードのスキャルピングとかデイトレとかする人向けなのかな。

ビットバンク公式サイト

ビットバンクの詳細はこちら↓↓

 

ランキング第4位:リキッド(Liquid by Quoine)(総合4.02)

ランキング,比較,おすすめ

ランキング 総合満足度 運営の信頼性 手数料の安さ 取扱通貨の種類 使いやすさ セキュリティ
4位 4.02 3.8 3.9 4.1 4.0 4.3

リキッド(Liquid by Quoine)は、なんと10種類以上もの各国の法定通貨で取引が可能。金融庁の許可を得ている国内取引所では唯一、国際的な仮想通貨取引所になっています。グローバルフィンテック企業のリキッドグループ株式会社が親会社の「QUOINE株式会社」が取引所を運営しています。

もともと日本で運営されていた「QUOINEX」という取引所と、シンガポールを中心に運営されていた「QRYPTOS」という取引所を統合させて、「Liquid(リキッド)」という取引所が誕生しました。QUOINE株式会社が運営しているので、Liquid by Quoine(リキッド バイ コイン)ということですね。

ランキングの評価は全体的に高く、平均的というような結果が出ています。世界的には有名ですが、日本ではあまり知られていない企業ということで、運営の信頼性は少し低め。出金手数料が500円かかってしまうので、「手数料の安さ」の評価も少し低めです。

■仮想通貨女子会編集部によるリキッドの評価

取引所 ランキング リキッド

はるはる

実は私この取引所のこと詳しく知らなかったんですけど、ランキング4位っていうことは結構人気なんでしょうか?

たかしま編集長たかしま編集長

たしかに日本では知らない人が多いかも。でも世界的に見ると取引高はかなり高いから、人気があるのは間違いないわね。ICOでの資金調達とか大成功していて、今業界で注目されている取引所なのよ。

ちあきちあき

リキッドは取引所よりも「プラットフォーム」っていうイメージが強いかも。実際世界の大企業が莫大な投資をしていて、分散型アプリケーション(Dapps)の開発も進んでるんだって!独自通貨のキャッシュ (QASH)はそのプラットフォームで流通しているトークンだよね。

たかしま編集長たかしま編集長

さすがちあきちゃん、よく知ってるね!イーサリアムみたいなプラットフォーム開発が今後さらに注目されるかもしれないね。

ちあきちあき

日本ではまだ対応していないけど、QASHを持ってるだけで取引手数料が割引されるとかもあるみたいですね!

はるはる

なるほどー。今は平均的な取引所だけど、将来性は抜群、ってことですね。

たかしま編集長たかしま編集長

そうだね!分散型取引所とか、ブロックチェーン技術とか、そのあたり興味がある人は登録しておいていいんじゃないかな(^^)

Liquid by Quoine公式サイト

リキッドバイコインの詳細はこちら↓↓

 


ランキング 取引所名 満足度 特徴
5位 bitFlyer 3.6 セキュリティ評価で世界一を獲得した事もある取引所。ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュの取引をする人にはおすすめ。取引所には珍しい補償制度もあり、アプリのデザインもシンプルかつ使いやすいと評判。ビットフライヤーFXでの取引も可能。
6位 Zaif 3.4 2018年9月ハッキング事件で話題になったが、現在はセキュリティも強化されている。取引するほどお得なマイナス取引料のキャンペーンも実施中。取扱通貨は16種類と国内では取扱通貨数日本一
7位 BitTrade(Huobi Japan) 3.2 中国三大取引所の一つ「Huobi」に買収され、日本でのサービス改革が進みつつある取引所。小島瑠璃子さんを広告塔としており、スタートキャンペーン中は各種手数料が無料なので非常にお得
8位 SBI Virtual Currencies(VC Trade) 3.0 大手金融機関SBIホールディングスが運営しており信頼性が高い新進気鋭の取引所。設立してまだ間もないため他の取引所と比較すると通貨取扱い数が少なく利便性は劣る。アジアを中心にリップルの活用を主導しており、今後の成長に期待
9位 Coincheck 2.8 取扱い通貨数が9種類と日本国内では非常に多く、初心者にもわかりやすいと評判の取引ツールが充実。他の取引所にはない「仮想通貨サービス」を行っている点も注目されている。
10位 BTCBOX 2.6 2014年から運営を行っている老舗の取引所で、「サーバーダウンゼロ」の実績を持つ。ビットコイン融資サービスを行っている。
11位 FISCO 2.4 JASDAQ上場企業「FISCO」グループが運営する取引所。独自トークン「フィスココイン(FSCC)・カイカコイン(CICC)・ネクスコイン(NCXC)」の購入が可能。運営企業が上場会社である点から信頼性はあり、セキュリティにも定評があります。
12位 Mr. Exchange(ミスターエクスチェンジ) 2.2 ビットコインを含めて取扱い銘柄が12種類と豊富。「ドージコイン(DOGE)・ステラ(XLM)・ディセント(DECENT)」はここでしか購入できない。できたばかりの取引所のため、流動性が低い点が気になるポイント。2019年5月現在、仮想通貨交換業者の申請を取り下げています。
13位 TaoTao(旧bitARG) 2.0 大手企業Yahooが出資している取引所。2019年5月まもなくサービス提供予定で、Yahooの様々なサービス連携が期待されている。事前登録で簡単に1000円が貰えるキャンペーンを実施中。
14位 Bitgate 1.8 2010年に設立された老舗の取引所で、取扱銘柄はビットコインのみ。一時、口座開設などのサービスが停止していたが、現在は稼働中。取引手数料はすべて無料
15位 Lemuria(レムリア) 1.6 「登録のしやすさ」が最大の特徴で、メールアドレスまたはFacebookアカウントのみで登録可能なのが魅力的。回数や金額に関係なく手数料が0円なのもメリット。現時点で売買件数が少なく今後に期待。2019年5月現在、仮想通貨交換業者の申請を取り下げています。
16位 DeCurret(ディーカレット) 1.4 2019年3月25日に金融庁認可が下りたばかりの取引所。JR東日本や伊藤忠商事などが出資している。今なら最大5,500円相当のキャンペーンを実施中
17位 シータ(Xtheta) 1.2 厳密には仮想通貨取引所ではなく「仮想通貨の総合取引所」。仮想通貨の購入・売却を取り次ぎを行う。各利用ユーザーに担当者がついて相談しながら仮想通貨取引を進める事が可能。その分手数料は割高。
18位 楽天ウォレット(旧みんなのビットコイン) -(サービス未提供) 楽天が買収した「みんなのビットコイン」が商号変更した取引所。3月25日に金融庁へ登録が済み、6月から新たにサービスが開始(口座開設は4月15日から)。独自の自動応答チャットサービスの導入が期待されている
19位 MoneyPartners(マネーパートナーズ) -(サービス未提供) 2017年9月に金融庁の認可が下り、外貨のFX大手として知られるマネーパートナーズ。仮想通貨取引所としてはサービス未提供。

仮想通貨取引所の一覧をチェックしたい人はこちら↓↓

 

ランキング第1位!圧倒的おすすめの取引所「GMOコイン」

仮想通貨,取引所,ランキング

国内取引所の総合ランキングを紹介する前に、たのしい仮想通貨女子会のコインガールズがおすすめする取引所「GMOコイン」を紹介させてください!初心者で取引所に迷っているという人は、まず登録しておいて間違いない取引所です↑↑

登録から仮想通貨の取引までぜーんぶ無料!!

仮想通貨,取引所,ランキング

GMOコインをおすすめする一番の理由は、最初の登録から実際に利用するところも含めて、ぜんぶ無料でできるということです!なので自分に合う取引所がまだ見つかってない人は、まずGMOコインを使ってみて、もし合わなければほかの取引所を探す、というやり方がおすすめ♪

仮想通貨を始めるのって

  • 取引所の登録
  • 日本円の入金
  • 仮想通貨の注文(購入)

っていう手順が必要なんですけど、ほとんどの取引所では取引するまでにたくさんの手数料がかかってきます。特に日本円の入金とか、仮想通貨の注文は結構高い手数料を取られることもあるので、「試しにちょっと買ってみたい」って人にはハードルが高いんですよね(´・ω・`)

でもGMOコインなら、これらの手数料がぜんぶ無料です!!5,000円用意しておけば、きっちり5,000円分のビットコインが買えちゃいます!しかも、なんと今ならマイナス手数料も実施中なので、ちょっとだけお小遣いが返ってきます!!

これは本当におすすめのポイントで、初心者だけじゃなくて、頻繁に取引する人にもおすすめできますね!

手数料ぜんぶ無料!詳細をチェックしてみよう↓↓

GMOコインの手数料はこちらで詳しく解説しています↓↓

 

GMOコインなら最短翌日で取引できる

仮想通貨,取引所,ランキング

まず知っておいて欲しいのは、日本国内で仮想通貨を取引所を利用するためには、本人確認が絶対に必要です。取引所によってやり方は異なりますが、基本は本人確認書類の提出+登録住所への通知ハガキの送付で行います。

アカウント登録のあと運転免許証などの本人確認書類をWEB上で提出し、登録した住所に送られてくる書類(ハガキ)を受け取ることで、取引所の利用が可能となります。

ほとんどの取引所では、このハガキの送付に3日~1週間ほどかかります。

でもGMOコインなら、通常1〜2営業日でハガキが発送されるので、最短翌日には取引できるようになるんです!とにかく早く登録したいって人は、まずはGMOコインに登録しておけば、早ければ明日にはビットコインをゲットできちゃうってことですね!

正直、仮想通貨の相場はどんどん変化していくので、悩んでいる暇があったらまずは登録しておいたほうが良いです。登録は無料なので、登録することでデメリットやリスクは一切ありません

登録だけして取引しないのも全然アリです。とりあえず登録だけしておいて、買い時になったときにすぐ買える準備はしておいたほうがいいですよ!

最短翌日で取引できるGMOコインの詳細はこちら↓↓

GMOコインの口座開設方法はこちらで詳しく解説しています↓↓

 

GMOコインは入金方法が選べる

仮想通貨,取引所,ランキング

登録は本当に簡単なので誰でもすぐにできちゃうんですけど、意外とつまずきやすいのが「日本円の入金方法」です。これがややこしいと「やーめた」ってなっちゃうんですよね(´・ω・`)

でもGMOコインなら、いろんな入金方法が選べて、しかも簡単!さすが大手というだけあって、サポートも充実していて、気になることや不安なこと、わからないことは24時間365日相談OKです♪

コンビニATMでの振込入金にも対応していますし、インターネットバンキングの口座を持っていれば自宅から簡単に入金できます。

しかも!GMOコインと提携している銀行の口座を持っていれば、入金がすぐに反映される「即時入金」が利用可能です!

入金の方法は本当に簡単で、自分専用の口座に日本円を振り込むだけ。自動的にアカウントに反映されるので、すぐにでも仮想通貨の取引ができます♪

入金方法の詳細を見る↓↓

GMOコインの入金方法はこちらで詳しく解説しています↓↓

 

現物取引所・販売所・レバレッジ・FXに対応

ビットコイン,比較,ランキング

取引所によっては現物取引だけ、販売所だけ、ってところが多いんですけど、GMOコインはなんと4種類の取引サービスに幅広く対応しています。それぞれにメリットがあるので、最終的にうまく使いこなせれば、投資家にとって強い味方になるはずです!

初心者は取引所サービスだけ使えれば十分です。ビットコインやイーサリアム、リップルなどの仮想通貨を手数料無料で購入したり、売却したりできます。仮想通貨の現物をゲットできるので、自分のウォレットに送金して保管したり、友達にプレゼントしたりすることもできちゃいます(*^^*)

販売所は「スプレッド」と呼ばれる手数料がかかってしまいますが取引所よりもさらに簡単に売買ができるシステムです。本当にサクッと買いたい人は販売所がおすすめ!

さらにレバレッジ取引や仮想通貨FXで、自分の資産以上の取引をすることができます!これは現物のやりとりはしないので仮想通貨を入手することはできませんが、大きく稼ぎたい中級者~上級者におすすめのサービスです!

GMOコインはもともと販売所しかなかったので「手数料が高い」と言われていて、実はそんなに評判が良くなかったんですけど、今は手数料無料(マイナス手数料)の取引所のサービスが利用できるので、メイン取引所として超おすすめできる取引所になりました!!

4種類の取引サービスの詳細はこちら↓↓

4つの取引サービスについてはこちらで詳しく解説しています↓↓

 

海外取引所ランキング

世界の仮想通貨取引所 – 海外総合ランキング1位~5位

取引所,ランキング,比較,おすすめ

仮想通貨の取引所は世界中にあり、海外取引所は日本国内の取引所とはまた違った特徴があります。

海外取引所の大きな特徴としては、以下の2点が挙げられます。

  • 高いレバレッジ倍率で仮想通貨FXができる
  • アルトコイン(草コイン)の種類が豊富

ビットコインなど主要通貨の現物取引だけなら国内取引所で十分ですが、人気のないマイナー通貨や、高倍率での仮想通貨FXをしたいなら、海外取引所の登録も視野に入れておきましょう。

ここではおすすめの海外取引所5社を厳選し、各項目ごとにランキング形式でご紹介していきます!

海外取引所ランキング1位~5位 – 比較一覧表

順位 取引所 手数料 取扱通貨 特徴 おすすめポイント
1位 Binance 0.05%~0.1% 100種類以上 今や世界最大規模となった海外取引所の代名詞的な存在。日本人登録が非常に多い。 最近では独自トークンBNBの急騰もあり注目度は抜群。海外取引所が初めての人におすすめ。
2位 BitMex -0.25%~0.25% 6種類 業界第2位を誇るレバレッジ100倍のFX取引が可能な取引所。本人確認不要で取引ができるのが特徴。 本人確認なし、追証なしでビットコインFXがしたい人におすすめ。
3位 Bittrex 0.25% 200種類以上 イーサリアム建ての通貨ペアが多い珍しい取引所。豊富なアルトコイン取扱いとチャートの見やすさは評判良好。 ETH建てで通貨を購入したい人。豊富なアルトコインから草コインを探したい人におすすめ
4位 Huobi Japan 0.2% 100種類以上 日本進出が決まり知名度が徐々に上がってきている。Binanceでは取り扱っていない銘柄が購入可能。 Binanceで取引している人、サブ取引所としておすすめしたい。
5位 CryptGT 現物は無料 7種類 世界中の投資家を驚愕させる「通貨ペア12種類・レバレッジ200倍」が最大の特徴。日本語によるサポートデスクも完備。 超高レバレッジ取引がしたい人におすすめ

世界ランキング第1位:Binance(バイナンス)

海外取引所binance

ランキング 総合満足度 手数料の安さ 取扱通貨の種類 使いやすさ セキュリティ 取引量
1位 4.8 5 5 5 5 4

今や世界最大と言われる仮想通貨取引所で、設立からわずか半年で口座登録者数600万人を記録したほど大人気の取引所です!海外の取引所の中でも手数料が安いのが魅力的

日本人の利用数も非常に多く、海外取引所と言えばBinanceにまず登録するのが当たり前と言われています。独自トークン「BNB」も発行していて、世界一の取引高を誇ります。

項目 詳細
取引所名 Binance(バイナンス)
所在地 マルタ
手数料 0.05%~0.1%
※BNB利用時に割引あり
取扱い通貨数 100種類以上
日本語対応 なし
レバレッジ倍率
口座開設時の本人確認
スマホ対応(iOS / Android) アプリ有(Android)

世界ランキング第2位:BitMex(ビットメックス)

海外取引所ランキングBitmex

ランキング 総合満足度 手数料の安さ 取扱通貨の種類 使いやすさ セキュリティ 取引量
2位 4.6 5 3 5 5 5

BitMexの最大の特徴は、なんといっても「追証なしでレバレッジ最大100倍のFX取引」が可能な点です。

証拠金維持率0%になった場合には、強制決済を自動実行する「ゼロカットシステム」を導入しているため、追証が発生しません。大きな失敗が続いても突然の借金ということにはならず、安心してFX取引が可能です。

項目 詳細
取引所名 BitMex(ビットメックス)
所在地 香港
手数料 -0.25%~0.25%
※Makerのみ-0.25%
取扱い通貨数 6種類
日本語対応 有り
レバレッジ倍率 100倍(アルトコインは最大20倍)
口座開設時の本人確認
スマホ対応(iOS / Android) ブラウザ対応有り

世界ランキング第3位:Bittrex(ビットトレックス)

海外取引所ランキングbittrex

ランキング 総合満足度 手数料の安さ 取扱通貨の種類 使いやすさ セキュリティ 取引量
3位 4.2 3 5 4 4 5

Bittrexは、24時間の取引高が60億円を超えるアメリカの超巨大仮想通貨取引所です。

2段階認証設定をする事で1BTCまでの出金制限が外れるので、セキュリティ対策もかねて設定するのがおすすめです。

海外取引所としては取引手数料が若干高めに設定されていますが、仮想通貨の取扱い数が圧倒的に多く、アルトコインの出入りが激しいのが特徴です。

項目 詳細
取引所名 Bittrex(ビットトレックス)
所在地 アメリカ
手数料 0.25%
取扱い通貨数 200種類以上
日本語対応 なし
レバレッジ倍率
口座開設時の本人確認
スマホ対応(iOS / Android) ブラウザ対応有り

世界ランキング第4位:Huobi(フオビ)

海外取引所ランキングhuobi

ランキング 総合満足度 手数料の安さ 取扱通貨の種類 使いやすさ セキュリティ 取引量
4位 4.0 4 4 4 4 4

経営の盤石さに定評がある、香港に拠点を構える世界的な仮想通貨取引所。近年日本の取引所「BitTrade」を買収し子会社化、見事に日本進出を果たして話題になりました。

日本法人を設立しているため日本語対応あり、スマホアプリも充実しており、日本にも馴染み深い人気の取引所です。

項目 詳細
取引所名 Huobi(フオビ)
所在地 香港
手数料 0.2%
取扱い通貨数 100種類以上
日本語対応 有り
レバレッジ倍率 3倍
口座開設時の本人確認
スマホ対応(iOS / Android) スマホアプリ有り(iOS / Android)

世界ランキング第5位:CryptGT(クリプトジーティー)

海外取引所ランキングcryptogt

ランキング 総合満足度 手数料の安さ 取扱通貨の種類 使いやすさ セキュリティ 取引量
5位 3.8 5 3 4 4 3

CryptGTは、2018年6月にサービス開始した「キプロス」に拠点を置く新興取引所。最大の特徴はなんといってもBitMexを超える「200倍のレバレッジ倍率」で、発表当時は世界中を震撼させたほどです。

また海外取引所では珍しく日本語サポートも行っており、取引手数料も現物は全て無料。スプレッドは少し広めですが、非常に人気が高い取引所です。

項目 詳細
取引所名 CryptGT(クリプトジーティー)
所在地 キプロス共和国
手数料 現物は全て無料
取扱い通貨数 7種類
日本語対応 有り
レバレッジ倍率 200倍
口座開設時の本人確認
スマホ対応(iOS / Android) ブラウザ対応有り

海外の取引所を利用するときの注意点

取引所,ランキング,比較,おすすめ

国内の仮想通貨取引所と違って、海外の取引所を日本人が利用する際に注意すべきポイントをまとめてみましたのでぜひ参考にして下さいね。

海外取引所の注意点①日本円は使えない

日本の仮想通貨取引所に慣れていると、海外の取引所を初めて使用した際「日本円(JPY)で仮想通貨を購入できない」点にかなり違和感を感じる人が多いようです。

はるはる

基本的に海外の取引所は「日本円での入金ができない」点は覚えておきましょう!!

海外の取引所を利用する時は、まず日本円の取扱いがある国内取引所でビットコインなどを購入し、海外の取引所へ送金してから「BTC建てで通貨を購入する」事になります。

海外取引所の注意点②注意が必要な草コインが多い

海外の仮想通貨取引所は、日本国内の取引所に比べて取り扱っている仮想通貨の種類が非常に多い傾向にあります。

その反面、裏を返せば詐欺コインなど、将来的に何の価値もないアルトコインが混じっているケースも多く見受けられます。

そのため、海外取引所を通じて、将来的に価値のある仮想通貨(草コイン)を探す場合には要注意です。

海外取引所の注意点③日本語に対応していない

海外の取引所は、前述した「日本円に対応していない」点に加えて「日本語にも対応していない」取引所がほとんどとなります。

使用言語は、基本的に世界共通の英語が標準となりますので、日本語表示に慣れてしまっている人や英語が苦手な人は注意が必要となります。

また、使用言語が英語という事は、当然なにかあった時のサポート対応も全て英語となりますので、問題発生時には利用ユーザーが泣き寝入りする事もしばしばあるようです。

英語に自身が無い人にとっては、海外取引所の使用は多少ハードルが高くなります。

海外取引所の注意点④手数料が高い

前述したように、海外取引所は基本的に「日本円に対応していない」ため、国内取引所で日本円を入金し仮想通貨を購入後に海外取引所へ送金、その後に購入という手順が必要です。

はるはる

このように、通常より余計な手間をふむために、送金手数料などが余計にかかってしまい利益が目減りするケースも多々あります!!

そのため、海外の取引所を利用する際には、その取引所の取引手数料や入出金手数料をチェックするのはもちろん、購入するまでにかかる費用をシミュレートすると良いでしょう。

最低限知っておきたい基礎知識

仮想通貨取引所の基礎知識

ここでは、仮想通貨取引所を上手に利用するための基礎知識を解説します。「そもそも取引所って何?」という疑問にもわかりやすくお答えしていきますね♪

仮想通貨取引所とは?販売所との違い

仮想通貨取引所とは、ビットコインやイーサリアム、ビットコインキャッシュなどの仮想通貨の売買ができるWEBサービスのことです。実際の店舗があるわけではなく、取引所事業者のサーバー上で取引が行われます。

サーバー上にある「注文板」というものを利用し、自分の注文を板に載せて取引を待ったり、すでに板に載っている注文と取引をしたりするのが取引所の基本システムです。

取引所は基本的にユーザー(利用者)同士で取引を行いますが、取引所の中には事業者とユーザーが直接取引ができる「販売所」というシステムを採用しているところもあります。

「販売所」は相手が事業者なので、いつでも簡単に仮想通貨を購入できます。事業者が指定した金額で注文を入れるだけなので、いつでも一瞬で取引が完了するという大きなメリットがあります。

ただし、スプレッド(買値と売値の差)が広いところが多く、購入した時点ですでに利益がマイナスになるというデメリットがあります。販売所でのスプレッドは事業者が利益を出すために設定されています。

販売所では取引手数料は無料ですが、スプレッドが実質的な手数料の役割を果たしているため、スプレッドのことを「隠れ手数料」と呼ぶこともあります。

■こんな人は「取引所」がおすすめ

  • とにかく手数料を安くおさえたい
  • 仮想通貨の取引を楽しみたい

■こんな人は「販売所」がおすすめ

  • 取引に手間をかけたくない
  • ビットコインを簡単に購入したい
  • 頻繁に取引はしない

取引所と販売所の違いについては、こちらの記事で詳しく解説しています。
仮想通貨の取引所と販売所はどう違う?特徴やその違いを徹底解説!

メイカー(maker)とテイカー(taker)を理解しよう

取引所で「注文板」を使う取引には、2通りの注文方法があります。つまり、自分の注文が板に載るかどうかで、取引の種類が以下のように分類されます。

  • メイカー(maker)取引:板に注文が載って約定した取引
  • テイカー(taker)取引:板に注文が載らずに約定した取引

たとえば成行注文を出すと、板にある注文とすぐに取引が成立するため、自動的にテイカー取引になります。指値注文の場合、注文の数量と金額によって自分の注文が板に並ぶか、すでに板にある注文と取引が成立するかが決まります。

初心者は気にしなくても良いかもしれませんが、取引所によってはメイカーとテイカーで取引手数料が異なることがあるので、今後頻繁に取引をするなら知っておかなければいけないポイントです。GMOコインの場合、メイカー取引は-0.01%、テイカー取引は0.05%です。(2019年5月現在、GMOコインはマイナス手数料を実施中です!)

日本国内の取引所規制|金融庁の認可登録って何?

日本では過去に、マウントゴックスやコインチェック、ZAIFなどの大手取引所がハッキング被害に遭い、顧客の資産が流出してしまうという事件がありました。

今では金融庁が取引所への業務改善命令や立ち入り調査が頻繁に行われるようになり、セキュリティや安全性対策、顧客資産の管理方法などが厳しくチェックされるようになりました。

今、日本で仮想通貨取引所を営業する場合、金融庁への認可登録が必要となります。この認可を受けた業者を「仮想通貨交換業者」、未登録または申請中で取引業務を行っている者を「みなし仮想通貨交換業者」と呼びます。

仮想通貨交換業者は、セキュリティ対策やマネーロンダリング対策、顧客の資産管理など、一定の運営基準を満たした業者しか認可されることはありません。

はるはる

取引所を選ぶうえで、金融庁に認可登録されている交換業者(取引所)かどうかという点は、信頼性において取引所を選ぶ際の一つの基準となります。

ただし、現在ランキング上位にいる取引所はすべて金融庁認可済みなので、これだけで取引所を選ぶのは難しいです(。-`ω-)

■「金融庁の認可」で大切なポイント

  • 金融庁認可の取引所から選ぶのは基本中の基本
  • ランキング上位の取引所はすべて金融庁認可済み
  • 「みなし仮想通貨交換業者」に要注意

金融庁の認可制度が始まった資金決済法改正(2017年4月)より前に仮想通貨事業を行っていた取引所に対して、認可が下りるまでの仮処分として「みなし仮想通貨交換業者」という暫定的な分類をしています。

この「みなし仮想通貨交換業者」は実際には金融庁が定めるセキュリティ対策などの条件を満たしていないので、登録はおすすめできません。(元みなし業者の「コインチェック」や「みんなのビットコイン」など徐々に認可が進んでいます。)

取引所と金融庁の関係や、金融庁に認可されているおすすめの取引所について知りたい人は、こちらの記事がおすすめです!
【金融庁認可】仮想通貨取引所ランキング決定版!交換業者登録まとめ

取引所のセキュリティを比較したい人は、こちらの記事がおすすめです!
仮想通貨取引所の安全性を徹底比較!おすすめの取引所トップ3を紹介♪

人気の取引所をおすすめする理由

取引所を選ぶうえで、その取引所がどれだけ利用されているかも重要なポイントです。

ビットコインやアルトコインの取引量(取引高・出来高)が大きいと、それだけ取引が成立しやすいという目安になります。

もし人気がなく取引量が少ない場合、自分が注文を入れてもなかなか成立しないかもしれません。

また、買値と売値の価格差(スプレッド)が広くなってしまうことが多くなり、取引で損をしてしまう可能性も高くなります。

今日紹介したGMOコインやビットポイント、ビットバンクなどは国内でも非常に人気の高い取引所なので取引量も多く、そのような心配はありません。

不安な人は、国内取引所の総合ランキングを参考にしていただければ問題ありません(*^^)v

取引所の取扱通貨(アルトコイン)について

ビットコインやイーサリアム、リップルやビットコインキャッシュなど、自分の購入したい仮想通貨(アルトコイン)が決まっているなら、取引所がそのアルトコインを取り扱っているかどうかは必ず確認しましょう。

国内だとビットコインの取り扱いは100%なので気にしなくても良いですが、リップルやライトコイン、ネムなどは取引所によっては対応していないこともあります。

もちろん取引所の登録は無料なので、国内の人気取引所を手あたり次第に登録しておくというのもおすすめです。取引所の口座開設は本人確認に時間がかかるので、とりあえず登録だけしておけばいざというときに便利です。

アルトコインの特徴と、取扱のある取引所をまとめておきますので、参考にしてくださいね♪

国内で取扱のある「アルトコイン」の特徴

  • ビットコイン:仮想通貨の王様であり原点。すべてはここから始まった。
  • イーサリアム:ビットコイン最大のライバル。スマートコントラクトが特徴的。
  • リップル:日本で大人気のアルトコイン。国際送金システムで世界の主導を握れるか。
  • ビットコインキャッシュ:ビットコインの問題点を解消した次世代型の送金・決済通貨。
  • ライトコイン:決済スピードに特化したビットコインの弟。実はBCHがライバル。
  • ネム:コインチェック問題で一気に有名に。マイニングではなくハーベスト。
  • イーサリアムクラシック:実は元祖イーサリアムはこちら。
  • モナコイン:日本の2ch発のアルトコイン。
  • リスク:risk(危険)ではなくlisk(簡単)という意味が込められている。
各取引所の
アルトコイン
取扱一覧
取引所,アルトコイン,イーサリアム
(ETH)
取引所,アルトコイン,リップル
(XRP)
取引所,アルトコイン,ビットコインキャッシュ
(BCH)
取引所,アルトコイン,ライトコイン
(LTC)
取引所,アルトコイン,ネム
(XEM)
取引所,アルトコイン,イーサリアムクラシック
(ETC)
取引所,アルトコイン,モナコイン
(MONA)
取引所,アルトコイン,リスク
(LISK)
GMOコイン
ビットポイント
DMMビットコイン
ビットバンク
Liquid by Quoine
ビットフライヤー(bitFlyer)
ザイフ(Zaif)
ビットトレード
SBI バーチャルカレンシー
コインチェック

※上記一覧表は、現物取引のアルトコイン取扱通貨です。
※「△」は取引所ではなく「販売所」での売買となります。

取引所の通貨取扱の種類や、アルトコインが豊富な取引所については、こちらの記事で詳しく解説しています。
アルトコインが豊富な取引所ランキングTOP3【2019年最新版】

仮想通貨取引所ランキングのおすすめサイト

仮想通貨,取引所,ランキング,おすすめ,比較,ビットコイン

ここまで、コインガールズでご紹介してきた仮想通貨取引所ランキングの他にも、取引をする上で非常に参考になるおすすめのサイトがありますので、いくつかご紹介します。

仮想通貨取引ランキング | CoinMarketCap

CoinMarketCapは、仮想通貨関連の様々なデータがランキング形式で閲覧可能な総合サイトです。

仮想通貨,取引所,ランキング,おすすめ,比較,ビットコイン

今現在存在している仮想通貨数やその内容、また取引所などの取引高などがランキング形式で網羅されているので、取引を行う一般投資家にとって非常にありがたいサイトとして人気です。

仮想通貨,取引所,ランキング,おすすめ,比較,ビットコイン

また、上図のように右上の言語メニューから「日本語」を選択する事で、日本語表示にする事ができますので、よりサイトの内容がわかりやすくなります。

現在と過去の仮想通貨の種類やチャートを比較したり、取引に必要となる様々なデータが閲覧可能になっていますので、ぜひあなたの仮想通貨取引にも役立つでしょう。

取引所別24時間取引高ランキング | CoinGecko

CoinGeckoも上記のCoinMarketCapと同じように、仮想通貨の取引高ランキングで有名なサイトで、日本語にも対応しています。

仮想通貨,取引所,ランキング,おすすめ,比較,ビットコイン

仮想通貨を色々な項目別にレーティング可能となっており、取引所やICO情報などもチェック可能で、非常に使い勝手の良い参考サイトとなっています。

仮想通貨,取引所,ランキング,おすすめ,比較,ビットコイン

上図のように、JPN建ての取引高でランキング表示したり、取引所ごとの仮想通貨ランキングを表示させたりといったフィルタ機能が豊富です。

また、プラットフォーム別や各仮想通貨の過去最高値が見れる他、機能が満載となっており、各通貨ごとに公式サイトへのリングが貼ってある点も特徴です。

取引所はこうやって選ぶ!

仮想通貨取引所の選び方7つのポイント

取引所,ランキング,比較,おすすめ

初心者はGMOコインなど、ランキング1位~3位の中から自分に合った取引所を選ぶのがおすすめですが、もっとしっかり取引所を選びたいという人のために、自分に合った取引所のおすすめの選び方を紹介します♪

仮想通貨取引所の選び方はこちらの記事で詳しく解説しています↓↓

 

選び方①取引サービスの対応を確認する

ビットコイン,比較,ランキング

仮想通貨の取引サービスは、大きく4種類に分けることができます。それぞれまったく違うサービスで、取引所によって対応・非対応が決まっています。全部対応している取引所もありますが、自分が利用したいサービスがあるかどうかチェックしておけばOKです♪

■取引所(初心者~上級者)
仮想通貨の購入や売却ができる一般的なサービスです。現物の仮想通貨を入手可能で、ほぼすべての取引所が対応しています。

■販売所(初心者向け)
こちらも現物の仮想通貨の購入や売却ができますが、取引相手が業者というのが最大の特徴。買いか売りの2択(2WAYプライス)のシンプルな取引なので、初心者向けです。ただ、スプレッド(隠れ手数料)が設定されているので注意が必要。

■レバレッジ取引(中級者~上級者向け)
倍率(レバレッジ)をかけた差金決済取引が可能。現物の取引はしない(高手数料の現引き・現渡で現物の売買可能)ので、トレードでがっつり儲けたい人におすすめの取引サービスです。

■仮想通貨FX(中級者~上級者向け)
同じくレバレッジをかけた差金決済取引ですが、こちらは業者が取引相手となり、やはりスプレッドが設定されています。現物は取引できず、買いか売りの2WAYプライスで価格の上昇と下落を予想する取引となります。

取引所によって呼び方や細かいサービス内容は異なりますが、上記が基本となります。現物を取引したいなら取引所か販売所、レバレッジで差金決済(さきんけっさい)取引をしたいならレバッジ取引か仮想通貨FXに対応している取引所を選びましょう。

たとえば、GMOコインなら上記4種類すべてに対応しています。DMMビットコインなら販売所と仮想通貨FX(レバレッジ取引)のみの取り扱いで、スプレッドのない「取引所サービス」はありません。コインチェックやビットフライヤーも、対応通貨によっては販売所のみなので、公式サイトをきちんと確認しましょう。

取引所と販売所の違い

仮想通貨,取引所,ランキング

取引所とは、運営元が用意した取引板に売り手と買い手がそれぞれ希望の売買価格を出して、お互いの希望価格が一致した時に取引が成立する場所です。注文板を使って売り買いが行われ、それによって価格が変動していく仕組み(ダブルオークションシステム)いなっています。

それに対し販売所は、事業者があらかじめ決めた価格で仮想通貨が販売されているところです。利用者はネットショッピングをするように、ビットコインなどの仮想通貨を買ったり売ったりできます。

販売所の取引相手は事業者なので、注文板はなく、販売価格と売却価格が提示されているのみとなります。利用者はその価格を見てビットコインを買ったり売ったりする、ということです。

利用者からしてみると取引所も販売所も違いはないように見えますが、手数料や取引成立までの時間のことを考えると、しっかりと選ぶ必要があります。(GMOコインなど、どちらにも対応している取引所もあります)

その選び方は、こちらを参考にしてください。

  • 多少時間や手間がかかってもとにかくコストを抑えて儲けたい人は『取引所』
  • コストは多少かかってもいいから簡単に仮想通貨を購入したい人は『販売所』

販売所は事業者が価格を設定しているので、実は利用者にとってちょっとだけ損する価格設定(スプレッド/隠れ手数料)になっています。それに対し取引所はリアルタイムで相場が動いていくので、まさにそのときの適正価格で取引を行うことができます。

ただし、販売所はいつでも取引できる、というのが最大のメリットです。取引所は相手がいなければ取引成立しないので、場合によってはなかなか取引できないこともあります。

取引所と販売所の違いや比較については、こちらの記事で詳しく解説しています。

 

レバレッジ取引と仮想通貨FXの違い

仮想通貨,取引所,ランキング

レバレッジ取引や仮想通貨FXは、どちらも現物の取引がない「差金決済(さきんけっさい)取引」です。買ったり売ったりはしますが、最終的にその差額で金銭(日本円など)のやり取りをするだけなので、実際にビットコインを入手したり、反対に自分の保有しているビットコインを売却したり、ということはできません。

またどちらも証拠金取引になるので、あらかじめ証拠金を取引所に預けておくことで取引ができます。これは、その証拠金を担保に、証拠金以上の金額の取引ができるということです。

たとえばレバレッジが5倍の取引所で10万円の証拠金を預けておけば、50万円の仮想通貨の売買ができるということです。ただ、50万円で買った仮想通貨が40万円になった場合、証拠金の10万円はなくなってしまうので注意が必要です。

ではレバレッジ取引と仮想通貨FXの何が違うかというと、主に取引方式の違いが挙げられます。これは取引所によっても大きく違いますが、一般的にはレバレッジ取引は注文板を利用した取引仮想通貨FXは取引所が提示した価格(ask/bid)で取引を行う2WAYプライス方式になっていることが多いです。

簡単にまとめると、

  • 取引所」:現物取引×板取引
  • 販売所」:現物取引×2WAYプライス方式
  • レバレッジ取引」:差金決済×板取引
  • 仮想通貨FX」:差金決済×2WAYプライス方式

ということですね!

販売所と仮想通貨FXは、事業者によってスプレッドが設定されているので注意が必要です。

上記4つのサービスをすべて展開しているGMOコインの解説記事が参考になるかと思います(*^^*)

 

選び方②金融庁に認可されているか

取引所ランキング,金融庁

日本では過去に、マウントゴックスやコインチェック、ZAIFがハッキング被害に遭いました。金融庁が取引所への業務改善命令が行われ、セキュリティや安全性対策、顧客資産の管理方法などが厳しくチェックされるようになりました。

今、日本の取引所はすべて金融庁への認可登録が必要です。

  • 認可済み業者:仮想通貨交換業者
  • 未登録または申請中:みなし仮想通貨交換業者

取引所の選び方の基本ですが、現在ランキング上位にいる取引所はすべて金融庁認可済みです。
小規模で運営している未登録の取引所は避けるようにしましょう。
仮想通貨取引所の金融庁認可(登録)制度とは?

  • 金融庁認可制度は顧客資産の保護が目的
  • マネーロンダリング(マネロン)対策
  • 仮想通貨取引所の破綻防止
  • 国際的な管理要請

などにより、2017年4月に施行(改正)された「改正資金決済法(通称:仮想通貨法)」により、仮想通貨を法律で定義し、規制することにしたのが始まりです。

その中で仮想通貨取引所(法律上は仮想通貨交換業者)も定義されることになり、利用者保護のために金融庁に監視・規制を受けることになりました。

マネーロンダリング(マネロン)対策とは?

仮想通貨,取引所,ランキング

マネーロンダリング(資金洗浄)とは、暴力団やテロリストといった反社会組織が不正行為で得た利益(資金)を、実際に使えるように換金(洗浄)する事を指します。

犯罪で得た金銭は基本的には追跡されるため、そのままでは使うことができません。しかし換金などを繰り返してマネロンを完了させてしまえば、追跡されることなく金銭を利用することができてしまうのです。

その換金も簡単ではありませんが、追跡ができないビットコインなどの仮想通貨、特に匿名性の高い暗号通貨(送信者と受信者がわからないなど)を利用すると、簡単に資金洗浄ができてしまうようです。

そこで金融庁の認可制度では、仮想通貨を利用したマネロンができないように対策をしていることをひとつの条件としています。

具体的には、本人確認や匿名口座の拒否、振込(入出金)の金額制限(上限の設定)などの管理態勢が整っているかどうかを条件としているようです。

仮想通貨取引所の破綻防止とは

日本だけを例に挙げても、過去に仮想通貨取引所から大事な顧客資産が流出した事件(マウントゴックス事件やコインチェックのNEM流出事件など)はいくつもあります。

その中には、報道など表ざたにはならない不正アクセスなどもあり、こうしたハッキングなど外部からのサイバー攻撃による仮想通貨取引所の破綻を防止する面でも認可制度は重要と言われています。

金融庁認可取引所のポイント①利用者の資産管理

仮想通貨,取引所,ランキング

金融庁に許可されるまでの基準で、事業運営のための資金と投資家からの預かり資産を分別管理する必要がある事はご紹介しましたが、これは申請が下りてからも取引所の義務となっています。

仮に、取引所を運営するための事業資金が不足した場合に、預かっている投資家の大切な資産を流用する事になれば、投資家資産は保護されない事になりますので、2つの資金をしっかり分別管理する義務を負う事になります。

金融庁認可取引所のポイント②利用者への様々な情報提供

仮想通貨,取引所,ランキング

仮想通貨取引所は、取引を行う場を提供するだけでなく、取り扱っている仮想通貨の名称やそれぞれの通貨の仕組みといった情報を利用者に提供する義務があります。

取引所として一般的に仮想通貨全般の情報提供はもちろん、仮想通貨取引所を運営においてもっとも重要な取引銘柄についての情報提供は、投資家を保護する観点から必須となっています。

金融庁認可取引所のポイント③年1回以上の外部からの監査

金融庁から認可が下りた仮想通貨取引所が、その後も継続してしっかりと顧客資産を管理できているかどうかは非常に重要と言われています。

登録完了時点で管理ができていたとしても、その後の運営で管理がずさんになるケースもあるからです。

そのため、認可を受けた仮想通貨取引所は年1回以上外部(第3者)から監査を受ける義務があり、顧客の預かり資産を継続的に管理しているかどうかのチェックを受ける義務があります。

金融庁認可取引所のポイント④利用者の本人確認(KYC)

仮想通貨,取引所,ランキング

一度仮想通貨取引所の口座を開設した事がある人はわかりますが、日本の取引所を新規口座開設する時には「本人確認書類の提出」が義務付けられています。

これは、前述したマネロン対策にも関連しており、身元不明の利用者による犯罪を防止する観点からも非常に重要と言われているのです

そのため、金融庁の認可を受けた仮想通貨取引所は、口座登録時に必ず免許書やパスポートなど顔写真入りの身分証明書の審査により本人確認をする義務があります。

取引所と金融庁の関係や、金融庁に認可されているおすすめの取引所について知りたい人は、こちらの記事がおすすめです!

 

選び方③取引所の取引量

仮想通貨,取引所,ランキング

取引所を選ぶうえで、その取引所がどれだけ利用されているかも重要なポイントです。ビットコインやアルトコインの取引量(取引高・出来高)が大きいと、それだけ取引が成立しやすいという目安になります。

取引量が少ないと、買値と売値の価格差(スプレッド)が広くなるので、取引で損をしてしまう可能性も高くなります。

取引量で選ぶ理由①欲しい量の仮想通貨を売買しやすくなる

まず、仮想通貨取引所の取引量が多いと、実際に自分がトレードしたい銘柄が売買しやすくなるというメリットがあります。

わかりやすく例を挙げると、取引所でビットコインを10BTC購入しようとする際、現在は取引板の希望価格に1枚しかないとすると、残りの9BTCを希望価格で売却する人が現れない限りトレードが成立せずにいつまでも終わらないのです。

はるはる

こうした現象は、主に仮想通貨取引所全体の取引量が少ないところでよく起こるケースです!!



全体的に取引量が多い、または自分が売買しようとしている仮想通貨の取引量が多い取引所であれば、こうした待ち時間を短くして効率的に仮想通貨を売買する事が可能となります。

取引量で選ぶ理由②より適正に近い価格で売買できる

仮想通貨,取引所,ランキング

日本国内だけでなく世界には様々な仮想通貨取引所がありますが、同じ仮想通貨でも各取引所ごとに価格が異なってきます

これは、一般的に販売所で発生するスプレッド(買値と売値の差)にも関連してきますが、各取引所でその銘柄の需要と供給のバランスが違うために起きる現象と言われています。

はるはる

つまり、取引量が多い仮想通貨取引所で銘柄を売買すると、より適正な価格で売買が可能となるメリットがあるのです。



取引自体が少ない取引所は、「買う人」「売る人」が少ない状態なので、需要と供給が足りない同士のトレードとなり、どうしても適正価格よりも割高または割安になってしまいます。

取引量で選ぶ理由理由③取引量の多さは仮想通貨取引所の安定化につながる

仮想通貨取引所は、基本的に利用ユーザーがトレードするたびに発生する各種手数料が収入源となっておあり、取引量が多い取引所ほど儲かっているという事になります。

という事は、こうして取引量が多く儲かっている仮想通貨取引所ほど、自社が運営する取引所のセキュリティ向上にかける資金やサービス向上資金などにまわす事ができるという事です。

はるはる

結果的に、取引量が多い仮想通貨取引所ほど、他の取引所に比べてより安定した運営体制が整う事に繋がっていくのです!!



今日紹介するランキング上位の取引所であれば、どこも取引量が豊富なので安心です♪取引所の取引高についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

 

選び方④アルトコインの取扱が豊富か

仮想通貨,取引所,ランキング

イーサリアムやビットコインキャッシュなど、仮想通貨(アルトコイン)の取り扱いが豊富かどうかは重要なポイントです。特にリップルやライトコイン、ネムなどは対応していないこともあります。

人気の国内取引所を複数登録しておくというのもおすすめですが、とりあえずアルトコインの豊富な取引所を選んでメイン取引所にしておくと後々便利ですよ♪「あのコインが高騰してる!あ、日本円入ってないから買えない!」ってことにならなくて済みます!

アルトコインで選ぶときの注意点①取り扱いサービス

ただアルトコインが豊富ってだけで取引所を選ぶのも良いですが、注意点もあります。アルトコインの取り扱いは取引所によって違うことはもちろんですが、取引所内のサービスによっても違うってことを知っておきましょう。サービスは先ほど解説した、取引所や販売所、レバレッジ取引などのことですね。

「アルトコインの取り扱いが豊富」と言っても、実は現物取引ではビットコインの取り扱いだけで、あとはレバレッジのみの取り扱いだった、販売所のみの取り扱いだったってこともありえます。

自分が現物取引をしたいなら、そのサービスで取り扱いがあるかどうかをしっかりチェックしておきましょう。

アルトコインで選ぶときの注意点②通貨ペア

仮想通貨,取引所,ランキング

さらに、取り扱いがあるというだけではまだ安心できません。取り扱いがあっても、自分が希望する通貨ペアがない可能性もあります。

通貨ペアとは、その仮想通貨を購入または売却できるペアとなる通貨のことです。日本の取引所だと、だいたいJPY(日本円)かBTC(ビットコイン)が通貨ペアとなっています。

まれにETHやBCH、最近ではXRP(リップル)を基軸通貨とする取引所も設立されています。特に海外取引所では、JPYの取り扱いはないので、基本的にはすべてBTC(ビットコイン)が通貨ペアとなります。

その場合、まずは国内で日本円でビットコインを購入し、そのビットコインを海外取引所に送付。それからやっとほしい通貨を購入できる、ということになります。

アルトコインで選ぶときの注意点②手数料

取引所によっては、アルトコインの違いによって取引手数料が違うことがあります。日本国内の主要取引所では、ビットコインの取引手数料が安く、アルトコインの取引手数料が少し高く設定されていることが多いです。ビットコインの取引手数料は無料だったり、格安だったりするので、アルトコインの手数料で選ぶのがわかりやすいかもしれません。

取引所の通貨取扱の種類やアルトコインが豊富さについてはこちらの記事で比較しています↓↓

 

人気のリップルの買い方が知りたい人は、こちらの記事をどうぞ♪

 

選び方⑤コストで選ぶ(手数料やスプレッドなど)

仮想通貨,取引所,ランキング

取引所を選ぶうえでもっとも重要なのが、取引に必要なコストです。特に頻繁に取引をする人は必然的にコストが大きくなるため、以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 取引手数料」が無料かマイナスの設定の取引所を選ぶ
  • スプレッド(買値と売値の差)」が広い販売所は選ばない
  • 日本円の「入出金手数料」が無料(提携銀行の口座を持っているか)

取引所と提携している銀行の口座を持っていれば、入金手数料が無料になる即時入金(クイック入金)が利用できます。提携銀行は住信SBIネット銀行楽天銀行が多いですよ♪

取引所の「取引手数料(売買手数料)」とは

取引所における取引手数料(売買手数料)とは、取引所や販売所でビットコインやイーサリアム、リップルなどの仮想通貨を取引(購入 or 売却)するタイミングで発生する手数料です。

取引は注文の方法によって以下の2つに分類されます。どちらも「取引手数料」ですが、取引所によって料金が違うことがあるので注意が必要です。

■メイカー手数料(maker手数料)

⇒注文板に自分の注文を並べて取引が成立したときの手数料

■テイカー手数料(taker手数料)

⇒注文板にすでに並んでいる価格を指定して売買したときの手数料

取引手数料は、「買う」「売る」のどちらの取引をするときも必要になるのでトレードの回数が多い人ほど重要な手数料になります。反対に、1~2回だけ取引してあとは長期保有するというスタイルの人はそれほど気にしなくても良い手数料です。

取引所の「スプレッド(隠れ手数料)」とは

「スプレッド」とは、買値と売値の価格差のことです。仮想通貨の「スプレッド」には、取引所で自然発生するスプレッドと、販売所が設定するスプレッドの2種類があります。

取引所では利用者同士が価格を出すことで取引が成立していくので、スプレッドはほとんどありませんし、あってもごくわずかです。

それに対し事業者が価格を決める「販売所」では、買値と売値に大きなスプレッドが設定されています

ビットコイン,比較,ランキング

販売所のは取引手数料は無料ですが、このスプレッドが実質的な手数料の役割を果たすため、「隠れ手数料」と呼ばれることもあります。

  • 販売所:スプレッドはほぼ固定で、かなり大きい
  • 取引所:スプレッドは常に変化し、かなり小さい

販売所はスプレッドが大きいというデメリットがある代わりに、いつでも簡単に即取引ができるというメリットがあります。基本はスプレッドが小さい取引所を使い、状況を見て販売所を使う、という方法がおすすめです!

取引所の「入金手数料、出金手数料」とは

入金手数料や出金手数料は、日本円を出し入れするときに必要な手数料です。具体的には、以下の3つのタイミングで手数料が発生します。

  • 日本円を取引所に入金する(入金手数料)
  • 日本円を取引所から出金する(出金手数料)
  • 日本円を取引所に即時入金する(即時入金手数料)

取引所は独自に銀行と提携していることがあり、提携銀行を利用することで「即時入金(クイック入金)」が可能です。多くの取引所が提携している「住信SBIネット銀行」の口座を開設しておくと便利です。

仮想通貨の出金に必要な「マイナー手数料」とは

ビットコイン,比較,ランキング

仮想通貨・ビットコイン取引所におけるマイナー手数料とは、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を自分のウォレットに送金するタイミングで必要になる手数料です。

このマイナー手数料は、取引所や販売所に対して支払う手数料ではなく、ブロックチェーンを管理しているマイナーに支払う手数料です。

マイナー(採掘者)って、仮想通貨の基本となるブロックチェーンを管理する「マイニング(採掘)」をする人や、そのコンピュータのことをそう呼んだりしますねー。

マイナー手数料の金額は基本的には自由に決めることができます。しかしマイナーは手数料が高く設定された仮想通貨を優先的に送金するので、あまりにも低い手数料を設定した場合、送金に時間がかかってしまう可能性があります。

基本的には取引所や販売所が最低限のマイナー手数料を決めているので、それに従って送金するようにしましょう。(※ブロックチェーンの状況によって必要なマイナー手数料は変動します。)

■「レバレッジ手数料・ポジション管理料」とは

ビットコイン,比較,ランキング

レバレッジ取引やFX取引は、取引所に証拠金を預けたうえで行う差金決済(さきんけっさい)取引のことです。差金決済とは、ビットコインやイーサリアムなどの現物の受け渡しをせずに、取引をしたときの差額だけを受け渡しする取引のことです。

■差金決済とは

仮想通貨の取引には、現物を所有できる「現物取引」と、レバレッジ取引やFX取引のような現物を所有できない「差金決済取引」の2つに分けることができます。

差金決済取引では「買い」と「売り」はワンセットになっていて、売らずに現物を受け取ることはできません。買ったら必ず売り、そのときに出た利益や損失だけ受け渡しをします。

差金決済では、この「買い」や「売り」の取引をした状態のことを「ポジションを持つ」って言うんですけど、ポジションを持ったらその反対取引(「売り」なら「買い」)をしてポジションを解消する、っていう一連の流れでひとつの取引が完了するんです。

この差金決済取引には、同じ意味を持つ用語がたくさんあるので、その中でも重要なものを以下にまとめておきます。

  • 買い=ロング(ロングポジション)
  • 売り=ショート(ショートポジション)
  • ポジション=建玉(たてぎょく)
  • レバレッジ手数料=スワップ手数料
  • ポジション管理料=建玉管理料

■差金決済の手数料

レバレッジ取引や仮想通貨FXなどの差金決済取引は、現物取引に比べて多くの手数料が必要になります。

取引手数料:差金決済取引で取引が成立したときに発生する手数料です。

レバレッジ手数料(スワップ手数料):ポジションを持っているあいだ1日ごとに発生する手数料です。1日で0.04%が一般的な相場です。

建玉管理料(ポジション管理料):取引所によっては、取引手数料やレバレッジ手数料のことを総称して「建玉管理料」という場合があります。

ロスカット手数料:含み損が大きくなって証拠金が不足しそうな段階になると、自動的(強制的)にロスカットが実行され、そのときに発生する手数料のことです。ポジション(建玉)の0.5%ほどが相場です。

 

手数料やスプレッド、提携銀行を比較して取引所を選びたい人は、こちらのランキング記事がおすすめです!

 

選び方⑥信頼性で選ぶ(セキュリティや安全性など)

仮想通貨,取引所,比較

取引所の信頼性や安全性は、自分の資産(日本円や仮想通貨)を安心して預けるための目安となります。

■信頼性で取引所を選ぶポイント

  • GMOコインDMMビットコインのような大手グループ
  • コールドウォレットで資産管理をしている
  • サーバーの強度やセキュリティ対策
  • 仮想通貨の保管にマルチシグが対応している
  • 金融庁から業務改善命令を受けていない
  • 人気で利用者が多い取引所は安全性の評価が高い証拠

信頼性で選ぶ理由①自分の資産を預けるところ

仮想通貨取引所は、「取引所」ということで「取引をするところ」というイメージが強いかもしれません。

もちろん取引をする場所であることに違いはないのですが、それよりも「自分の資産を預けるところ」ということを忘れてはいけません。

取引所では、顧客が仮想通貨を購入するための日本円や、取引に利用される仮想通貨など、顧客の資産をすべて管理しています!

その管理がしっかりしていないと、顧客の資産がなくなってしまったり、盗難に遭ってしまったりする可能性があるということです。

そうならないために、企業資産と顧客資産の分別管理や、専門家によるセキュリティ対策をしているかどうかが重要なポイントとなります。

信頼性で選ぶ理由②ハッカーに狙われる可能性がある

ビットコイン,比較,ランキング

仮想通貨取引所は莫大な資産が集まる場所なので、悪いハッカーに狙われる可能性があります。GMOコインなど安全性の高い取引所は安心ですが、セキュリティ対策が足りていない取引所などはハッカーの格好の餌食となってしまいます。

たとえば、2018年1月、国内大手取引所のコインチェックがハッキング被害に遭い、約600億円相当のNEMが流出してしまいました。

さらに同年9月、こちらも大手取引所のZaifがハッキング被害に遭い、約60億円のBTCやBCHが流出。

このときは対策が強化されていたのかコインチェック事件のときよりも被害額は少なくなっていますが、それでも顧客資産の一部流出と、数か月単位での入出金停止という措置で顧客に大きな被害を及ぼしてしまいました。

もちろん自分で資産を持っていてもハッカーに狙われる危険性はありますが、やっぱり大きな資産が集まる取引所はハッカーに狙われやすい場所です。

仮想通貨取引所のセキュリティを比較したランキングはこちら↓↓

 

選び方⑦スマホアプリや取引ツールが使いやすいか

ビットコイン,比較,ランキング
参考画像:GMOコインの取引アプリ

仮想通貨取引を頻繁に行う人は、取引所ごとに用意されているアプリやツールが使いやすいか、トレード機能が充実しているか、という点は重要なポイントです。

■アプリやツールの「使いやすさ」で取引所を選ぶポイント

  • 取引画面のわかりやすさ
  • 専用アプリの画面の使いやすさ(操作性)
  • テクニカルチャートが使いやすい
  • 取引までの手順が少ない(ワンクリック注文など)
  • ポートフォリオ管理がしやすい

ポートフォリオとは、保有資産の割合を表やグラフ(円グラフなど)で表したものです。日本円やビットコイン、その他アルトコインの保有割合がわかりやすいものを選びましょう。

取引所のツールやアプリの使いやすさについて詳しく知りたい人は、こちらの比較ランキングの記事がおすすめです↓↓

 

取引所の使い方をステップで確認

仮想通貨取引所の登録から利用までの流れ

取引所,ランキング,おすすめ,比較

ここでは初心者向けに、取引所の新規アカウント登録方法(口座開設)や日本円の入金方法、入金してからビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を購入するまでの流れをご紹介します!

今回は、総合ランキングNo.1のGMOコインを例に解説していきます。どの取引所もやり方はほとんど同じなので、ぜひ参考にしてみてください♪

こちらの記事もおすすめです♪
【保存版】仮想通貨の買い方まとめ!0から始める仮想通貨の基礎知識

【口座開設】取引所のアカウント登録をしよう

GMOコインの新規口座開設までの流れを確認しておきます。

1.メールアドレスでアカウント登録
2.氏名や住所などの個人情報の登録
3.本人確認書類(運転免許証など)のアップロード
4.ハガキを受け取る

海外の取引所では本人確認が必要ない取引所もありますが、国内の取引所はすべて本人確認が必要です。(金融庁の認可制度のため)

登録情報を元に最終確認として自宅にハガキが送付され、それを受け取ることで口座開設は完了となります。GMOコインでは最短翌日の取引が可能ですが、一般的には口座開設まで2~3日か、遅いと1~2週間ほどかかるので注意が必要です。

さらにGMOコインでは、ハガキの受取を申請者本人が行うことで「3.本人確認書類のアップロード」を省略することができます。「自分以外の家族が受け取るかも」という人は、口座開設申請の際に本人確認書類をアップロードしておきましょう。

取引所の登録は、基本的には取引所の画面に従って進めていけば簡単ですが、不安な人は以下の記事を参考に一緒に登録してみてください♪
GMOコイン口座開設&登録方法【図解入り】

【入金】取引するための日本円を入金しよう

口座開設が完了したら、ビットコインなどを購入するための日本円を入金してみましょう。GMOコイン含む国内の取引所では、入金専用の銀行口座が指定されていて、そこに指定の方法で送金(振込み)します。銀行からの振込みだけでなく、コンビニATMやペイジーの振込みに対応している取引所もあります。

また、GMOコインと提携している銀行からの振込みなら、無料で「即時入金(クイック入金)」することができます!

GMOコインの提携銀行は、以下の4行です。

取引所によっては即時入金やクイック入金は手数料がかかる可能性もあるので注意が必要です。

【注文】仮想通貨・ビットコインを購入しよう

日本円の入金が取引所に反映されたら、実際にビットコインやリップルなどの仮想通貨を購入してみましょう。購入した仮想通貨は売却もできるので、まずは少額から取引を試してみましょう。

GMOコインでの現物取引には、以下2つの注文方法があります

  • 指値注文:金額を指定して注文する方法
  • 成行注文:金額を指定せずに注文する方法

指値注文では、仮想通貨の価格が自分が指定した価格になるまで取引が成立しません。初心者は成行注文から始めてみるのが簡単でおすすめです♪

【出金】仮想通貨や日本円を出金しよう

購入した仮想通貨や売却して得た利益(日本円)は、自由に出金することができます。

  • 仮想通貨の出金⇒専用のウォレットが必要
  • 日本円の出金⇒所有する銀行口座に出金できる

仮想通貨の出金はマイナー手数料、日本円の出金は振込手数料が必要になるので、取引所公式サイトであらかじめ確認しておきましょう。

取引所はセキュリティ対策として、出金作業をする時間帯を限定していることがあります。特にビットコインなどの仮想通貨に関しては、インターネットから切り離して保管するコールドウォレットを使用するのが一般的なので、出金の申請をしてもすぐに自分のウォレットに届かないことがあります。

つまり、出金の時間帯によっては翌営業日の出金になることなどもあるので、ある程度余裕を持って出金申請を出しておきましょう。

「ウォレット」について詳しく知りたい人は、こちらの記事がおすすめです↓↓
仮想通貨ウォレットの仕組みを初心者でもわかるように解説!

仮想通貨で気になるQ&A

仮想通貨のよくあるQ&A

さて、あなたが仮想通貨取引する際に最適な取引所は見つかりましたか?ここでは、そもそも「仮想通貨ってなに?」「販売所と取引所の違いがわからない」など、「仮想通貨初心者によくあるQ&A」を紹介します。

Q.仮想通貨って何?

A.仮想通貨とは、その名の通りお札やコインのように実態のない通貨で、日本紙幣や通貨のように国が発行しているものではなく、デジタルデータとして存在している「お金」です。
日本円、アメリカドルといった法定通貨は、各国の中央銀行がその価値を保証しており、貨幣として発行していますが、仮想通貨はこうした特定の中央管理者が居ないのが特徴となります。
また、似たものとして「電子通貨」と呼ばれるプリペイドカードなどの電子マネーがありますが、仮想通貨とは別物となります。

Q.取引所と販売所の違いって何?

A.仮想通貨を購入する方法は大きく分類すると2種類あり、「取引所」で購入する方法と「販売所」で購入する方法があります。この2つの違いを簡単に説明すると以下の様になります。
・【取引所】利用ユーザー同士が売買板を利用して仮想通貨を売買する所
・【販売所】販売会社(取引所など)から仮想通貨を購入できる所
上記のように、取引所と販売所の大きな違いは「誰から購入するか」という点にあります。

Q.仮想通貨って税金がかかるの?

A.仮想通貨の利益は、有価証券などの金融商品とは違い「雑所得」として法律的に分類されており、基本的には「確定申告により納税する方式」となっています。
一般企業に勤めている方で副業的に仮想通貨取引を行い利益が出た場合には「20万円以上」、学生や主婦など不要されている方で利益が出た場合は「33万円以上」で確定申告による納税が必要となります。

Q.取引所を選ぶ際の注意点ってある?

A.仮想通貨取引所を選ぶ際に注意すべき点は以下の4つです。
・取引所を運営している企業の信頼性
・取引手数料
・補償サービス
・取引高
仮想通貨の種類やFX取引、各種キャンペーンなどのサービス内容などが主な取引所を選ぶ際の基準となりますが、注意すべき点として見た場合には「取引所を運営している企業の信頼性」や「補償サービス」が重要です。
仮想通貨取引所は国が運営・管理しているわけではないので、盗難やハッキング被害にあっても「基本的には自己責任」となってしまいます。
取引所を運営している企業が大企業ではなく信頼性の低いベンチャー企業だったりすると何か問題が起こった場合に最悪閉鎖となるケースもあるのです!!
しかし、近年になって、取引所にも保険会社と連携し盗難補償サービスを行っているところもあるため、補償適用条件にもよりますが、こうしたサービスがある取引所は安心して仮想通貨取引ができます。

Q.仮想通貨取引のリスクって?

A.近年、仮想通貨が話題になる一方、取引所からの通貨流出、盗難、外部からのハッキング事件などもよく耳にしますよね。
こうした点から「仮想通貨取引って危ないのでは…?」と不安になっている方も多いと思います。
ただ、単純に投資としてのリスク面を考えた場合は、株式投資やFXでもリスクはありますが、よく見られるのは仮想通貨初心者を狙った悪質なセミナー詐欺です。
「絶対に儲かる」などといった言葉を巧みに使用し勧誘するセミナーを利用した詐欺には特に注意しましょう。
また、投資に絶対という言葉はありません。
そういった意味では、価格変動が大きい仮想通貨取引にリスクは常について回るものであり、資産管理は自分自身の責任で行わなければいけないのです。
まずはこの点について理解を深めながら、最初は余剰の少額資金で感覚をつかみながら行う事をおすすめします。

Q.未成年の学生や主婦でもビットコインって買える?

A.仮想通貨取引には、「年齢制限」というものがありませんので、結論から言えば未成年でも主婦でも取引によって利益を出す事は可能です。
ただ、取引所によっては年齢制限が設けられていたりするところもあります。
過去に、国内大手の取引所bitbankやcoincheckも未成年取引が可能でしたが、現在は不可能となっているようですね!!
また、未成年でも登録できる取引所のほぼ全てが、親の同意書の提出が必要不可欠となりますので、登録時に注意しましょう。
ちなみに、未成年であっても仮想通貨取引で利益が出た場合は課税対象になります。

気になる◯◯ランキング
ゆかりゆかり

こんにちは!!取引所マニアのゆかりです♪

広告モデルの可愛さで選んだランキング、ちょっとヤバい草コインの取り扱いで選んだ魔界ランキングなど・・・参考にならないかもしれない・・・いや、なるはず!というような、ちょっと気になる◯◯ランキングを作ってみました(*^^*)おもしろ半分で見ていただけると嬉しいです♪

見るだけで幸せ!広告モデル可愛いランキング

まずは、取引所がイメージキャラクタとして起用しているタレントやモデルさんの可愛いランキングです!

可愛さは私の個人的な主観なのであしからず♪

1位:GMOコイン「新垣 結衣さん」

取引所,ランキング,新垣結衣

「可愛い女の子」の代名詞にもなりつつある、大人気の新垣結衣さんです!実は細かいことを言うと、新垣結衣さんがイメージキャラクターになっているのはGMOコインじゃなく、GMOクリック証券なんですけどね;

でも可愛いランキングにガッキーは外せない!!という私のわがままで、ガッキー率いる(?)GMOコインを第1位とさせていただきましたー!

1988年生まれの新垣結衣さんは、今年で31歳。可愛いタレントや美人歌手を数多排出している沖縄県出身です!

新垣結衣さんが所属するレプロエンタテイメントには、内田理央さんや川島海荷さん、菊地亜美さんなどの人気タレントが多数所属しています!

新垣結衣さんは2001年に、女子小中学生向けファッション誌『ニコラ』に姉の推薦でオーディションに応募。そのままグランプリを獲得し、多数のモデル経験やバラエティ番組への出演依頼が殺到、そしてテレビドラマや声優業にも引っ張りだこになっちゃったんだってー!

GMOクリック証券のCMには2015年から出演していて、現在も引き続きイメージキャラクタとして起用されています。

ちなみにガッキー演じるGMOクリック証券のテーマは、「人生とお金をめぐる旅」だそうですよ♪

CM:GMOクリック証券「Life is a Journey」30秒

ゆかりゆかり

か、可愛いー(⁎˃ᴗ˂⁎)

詳細はこちら↓↓

2位:DMMビットコイン「ローラさん」

取引所,ランキング,ローラ

第2位は、1990年生まれの人気モデル、ローラさんが広告塔を務めるDMMビットコイン取引所です!

お父様はバングラディッシュ(インドやミャンマーの近く)人、お母様はロシアのクォーター(日本3/4、ロシア1/4)という、超ハイスペックハイブリッドな女性なんです!

ゆかりゆかり

これだけ美人さんなのもうなずけますね(*´ー`*)

この投稿をInstagramで見る

ROLA🇯🇵さん(@rolaofficial)がシェアした投稿

2013年からDMM.comやDMM FXのCM出演、その後DMMビットコインのマスコットキャラとなり現在にいたります。

Googleランキングやマイナビウーマン、オリコンなどの各種アンケートで、ローラさんの魅力がわかるランキングがいくつかあったので紹介します。

「おとぼけキャラ」で印象的なのは?
⇛第1位:ローラ、第2位:綾瀬はるか

「この人の人生本当に幸せそうだな・・・」と思う女性芸能人
⇛第1位:ローラ、第2位:ベッキー

クイズ番組で珍解答を連発するタレント
⇛第1位:具志堅用高、第2位:ローラ

エンタメ流行語
⇛第3位:ローラ(「オッケ~」「いい感じ~」)

この投稿をInstagramで見る

ROLA🇯🇵さん(@rolaofficial)がシェアした投稿

ゆかりゆかり

テレビで見てるだけで心がほわっとする、私の好きなタレントさんです♪

3位:BitTrade「小島瑠璃子さん」

取引所,ランキング小島瑠璃子

広告モデル可愛いランキングの第3位は、仮想通貨交換所「BitTrade」の小島瑠璃子さんです!

BitTradeは2018年11月にhuobiグループに買収され、現在はhuobi japanとして運営している取引所ですね。

小島瑠璃子さんは1993年生まれのホリプロタレントです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

小島瑠璃子さん(@ruriko_kojima)がシェアした投稿

ホリプロと言えば、石原さとみさんや綾瀬はるかさん、松山ケンイチさん、妻夫木聡さんなどの超人気タレント(女優・俳優)が所属しているところですよね!

ゆかりゆかり

こじるりちゃんは可愛いうえに、知性的な一面もあるのが素敵よね♪

池上彰さんの選挙ライブでは、開票現場の生中継もこなし、記者ディレクター顔負けのリポートが評判になっていましたね!

テレビ局アナウンサーのような決り文句をレポートするだけじゃなく、かと言ってアイドルのように騒ぐだけでもなく、ハキハキと聞き取りやすい声で、かつ親しみやすい言葉でレポートしていたのは私の記憶にも残っています。

ゆかりゆかり

あとから調べたことですが、池上彰さんも「絶妙な描写ですよ」と褒めていたそうです!

この投稿をInstagramで見る

小島瑠璃子さん(@ruriko_kojima)がシェアした投稿

今ではヒルナンデスのレギュラーになり、アッコにおまかせでは準レギュラー、サタデープラスではなんとメインキャスターを務めるなどの活躍を見せている小島さんでした!

「広告モデル可愛いランキング」番外編

番外編として紹介したいのは、ビットフライヤーの広告モデルです♪まずは下の画像をご覧ください。

■bitFlyer「CG女子高生SAYA」

取引所,ランキング,saya

仮想通貨取引所「bitflyer(ビットフライヤー)」の広告モデルは「成海璃子」さん、というのはもう皆さん知っているかと思います。

テトリスの曲に乗せて歌うCMは有名ですよね。

ビットフライヤー BitFlyer CM みんなでダンス編 成海璃子

でもここで紹介するのは成海璃子さんではなく、CG女子高生の「Saya」さんです!!超可愛いですよねー٩(๑> ₃ <)۶♥

ゆかりゆかり

上の画像は、2016年12月30日(金)の日経新聞朝刊で掲載された、BitFlyerの全面広告です!

実写にしか見えませんが、Sayaさんは、CGアーティストの「TELYUKA(テルユカ)」が作成した架空の女子高生です。

SayaさんはただのCGではなく、極限まで実在の人間に寄せたCGです。これまでロボットやCGを実物の人間に寄せようとした場合、どうしても不気味な不快感を感じる、いわゆる「不気味の谷」という現象が起きてしまいます。

しかし、遂に「不気味の谷を超えた存在」としてSayaさんが注目されることになったんですよね。

Saya参考動画:ミスiD 2018 saya 050-2 /132

(大きな声では言えない)大人の事情ランキング

ネットではいろんな人たちが「仮想通貨の取引所ランキング!」と言って情報を提供してくれています。でもそれって、ほとんどが大人の事情で決められたランキングって知ってましたか?その大人の事情が何なのかっていうと、それもまた大人の事情で詳しくは言えないのですが・・・

そこで今回は、正直に!大人の事情ランキングを公開しちゃいます!

大人の事情で仮想通貨取引所の順位を決めるとこうなるよーっていうランキングなので、紹介する取引所が良い悪いと言っているわけではありません!参考程度に見てもらえれば嬉しいです( ´^`° )

第1位:コインチェック

仮想通貨,取引所,コインチェック

コインチェックは2018年のNEM流出事件で大きな話題になった取引所なので、仮想通貨に興味がない人も名前くらいは知ってるはず!

事件を受けて2018年4月には、マネックスグループの買収により100%子会社となっています。

マネックスグループといえば、株式取引や投資信託で超有名なマネックス証券ですよね(^^)

金融業界では知らない人はいないマネックスですが、もともと仮想通貨業界への参入も狙っていたそうなんです。

そこで流出事件によって、資金・技術・信用が必要になったコインチェックを買収し、仮想通貨業界への参入に成功したということです。

ゆかりゆかり

そういえば先日まいちゅんが、マイクリ(MCH)とコインチェックがコラボしてるよーって教えてくれました♪

第2位:bitFlyer(ビットフライヤー)

仮想通貨取引所ランキング,ビットフライヤー

2017年から2018年にかけて国内では、「仮想通貨取引所ならビットフライヤー一択」とまで言われていた国内大手取引所です。2019年の今となっては取引高も落ち着き、ビットバンクやGMOコインと肩を並べているという印象です。

少し前まで、金融庁からの業務改善命令により新規登録を停止していましたが、2019年7月からまた再開されたようです。

2019年8月からはTポイント・ジャパンと業務提携し、なんとあの超有名なTポイントカードでビットコインが使えるようになったということなんです。

しかも貯まったTポイントを使うと、100ポイントにつき85円相当のビットコインが貰えるという魅力的なサービスを発表しています。

第3位:DMMビットコイン

仮想通貨取引所ランキング,DMMビットコイン

大人の事情ランキング第3位は、ビデオオンデマンドで有名なDMMグループが運営する、DMMビットコインです。

DMMと言えば、男性はFANZA(旧DMM.R18)などのアダルト動画の印象が強いかもしれませんが、ほかにも電子書籍(書籍・マンガなど)やDVDレンタル、さらに2012年からはソーラー事業もやっていたり、幅広い業種で業績を上げているグループです。

「仮想通貨専門の会社じゃないからダメ」というわけではなく、DMM.com証券など、もともと金融業界のノウハウも持っているのでそのあたりは安心して良いと思います。

数字がすべて!!取引高・出来高ランキング

取引所,ランキング,出来高

仮想通貨取引所を選ぶうえで、取引高(取引量)はとても重要なポイントなんです。

取引高が少ないと・・・
・注文を出しても取引成立しづらい
・スプレッド(売買のか格差)が開く
・つまり、相場よりも不利益な価格での取引が多くなる

ということなので、取引高は絶対に高いほうがお得です。

そこで、2019年9月現在の、仮想通貨取引所の「取引高」でランキングを作ってみましたー!

国内仮想通貨取引所の取引高ランキング

順位 仮想通貨取引所名 ビットコイン(BTC)取引量
1位 Liquid by Quoine(リキッドバイコイン) ¥40,781,685,520
2位 bitFlyer(ビットフライヤー) ¥15,373,904,425
3位 Coincheck(コインチェック) ¥6,161,342,753
4位 bitbank(ビットバンク) ¥4,867,417,898
5位 BTCBox(BTCボックス) ¥3,085,650,082
6位 Zaif(ザイフ) ¥1,762,689,222
7位 Fisco(フィスコ) ¥8,592,720

2017年~2018年ごろまではビットフライヤーが単独トップでしたが、2019年に入りリキッドが急上昇。世界的に取引されていることもあり、今ではダントツの1位です!

海外仮想通貨取引所の取引高ランキング

順位 取引所名 24時間の取引高
1位 Binance(バイナンス) ¥195,209,931,303
2位 OKEx(オーケーイーエックス) ¥175,897,230,858
3位 CoinEgg(コインエッグ) ¥157,992,559,829
4位 HitBTC(ヒットBTC) ¥155,199,159,173
5位 Huobi Global(フオビグローバル) ¥151,895,350,421
6位 CoinBene(コインベネ) ¥144,546,243,937
7位 LBank(エルバンク) ¥144,484,867,273
8位 Bibox(ビボックス) ¥142,967,846,006
9位 BitForex(ビットフォーレクス) ¥136,652,840,653
10位 OEX(オーイーエックス) ¥136,076,876,386

海外取引所の取引高を見ると、やっぱりバイナンスが強い!!入れ替わりはあるものの、バイナンスは世界のNo.1取引所と言っても良いかもしれないですね(*´ロ`*)

草コインで億り人!?最凶魔界ランキング

取引所,ランキング,魔界

さて、やってきました魔界ランキング。

そもそも「魔界」ってなんのことかわからないですよね。笑

世界の仮想通貨取引所には、超マイナーな草コインの中の草コインを取り扱う取引所(主に海外)があります。1円あればいっぱい買えるけど、価格は上がらないし、1度買ってしまったら売ることもできない・・・というような雑草コインを多数扱う、そんな取引所のことを「魔界取引所」と呼ぶことがあります。

ここでは、安全性や取引高、手数料などはすべて無視して、そんな魔界取引所のランク付けをしてみました!

誰が利用するのかわからないランキングですが、草コインで人生一発逆転したい人はチェックしてみると良いかも・・・?

利用は自己責任でね!!

殿堂入り:CoinsMarkets:ICOの草コイン上場が史上最速!最凶の魔界取引所
1位:Crex24:草コインOne DEX(ODEX)が買える
2位:CoinExchange:草コインPlayerCoin(PLACO)が買える
3位:Stellarport:草コインBitcoin X (BTX)が買える
4位:STEX:草コインAzart (AZART)が買える
5位:YoBit:草コインProject-X (NANOX)が買える
6位:HitBTC:草コインWiki Token (WIKI)が買える
7位:Graviex:草コインDinero (DIN)が買える
8位:Hotbit:草コインAlpha Coin (APC)が買える
9位:Livecoin:草コインEternity(ENT)が買える
10位:DDEX:草コインIceChain (ICHX)が買える

(殿堂入りのcoinsmarketsは公式サイトが削除されていました・・・笑)

日本円にしてすべて1円以下の草コインばかりで、いつその価値が0になってしまうかもわかりません。

でも、いつ暴騰するかわからない草コインですから、多少のリスクがあっても少しくらい持っておいて良いかもしれませんね!

ゆかりゆかり

1000円分買って、それが1000倍になる可能性も・・・って考えたら、ちょっと手を伸ばしたくなりますよね!かなりリスクはあるので、しっかり考えたうえで取引しましょうね!

人気沸騰寸前!注目の取引所ランキング

今注目されている、人気沸騰しかけ!?の、取引所ランキングを紹介します!

「え、あの企業が取引所やってたの?」という取引所もあると思うので、よければ見てくださいね♪

※すべて日本の金融庁に認可登録されている取引所で、「魔界」ではありませんよ!ちゃんと使える取引所です!

第1位:楽天ウォレット

取引所,ランキング,楽天

はい、説明はいらないですよね。

あの超大手インターネットショッピングサービス「楽天市場」で有名な、あの楽天です!Amazonと戦える唯一の大手企業です。創業者は東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会顧問も務める三木谷浩史(みきたにひろし)氏です。この方も有名ですよね。

楽天ウォレットは2019年4月から口座開設手続きが開始され、6月にはサービス開始と言われていましたが伸びて伸びて、ついに今年の夏2019年8月19日(月)より現物取引のサービスが開始されました!!

取扱通貨ペアは、現在はまだ以下の3種類しかありませんが、今後増えていくと思います。

  • BTC/JPY (ビットコイン)
  • ETH/JPY (イーサリアム)
  • BCH/JPY(ビットコインキャッシュ)
ゆかりゆかり

「楽天ウォレット」という名前からもわかるように、基本はスマートフォンでのアプリによる取引がメインです。

Android、iOSどちらもアプリが配信されているので、気になる人はチェックしてみてくださいね。

楽天ウォレット公式サイト

第2位:TaoTao(タオタオ)

取引所,ランキング,タオタオ

タオタオは、日本の検索エンジンサービスで有名な「Yahoo! JAPAN」を運営するヤフー株式会社が出資している取引所として注目を集めました。

「あのヤフーが取引所サービスを開始!」と言われていますが、実際はヤフーの子会社が出資ししているだけで、ヤフーが直接運営に関わっているわけではありません。

ゆかりゆかり

それでも約40%の出資ということらしいので、もしかしたらYahoo! JAPANとの提携やサービスの提供もあるかもしれませんね(*^^*)

楽天よりもちょっと早い2019年5月30日にサービスを開始しており、まだまだ発展途上な取引所ですが、さすがの大手ということだけあって今後さらに人気が出てくる取引所になるかもしれませんね!要注目です!

第3位:SBIバーチャルカレンシー

SBIバーチャルカレンシーズ

元々ソフトバンクグループの金融関連企業として設立されたSBIホールディングス株式会社ですが、その後グループを離脱して「SoftBank Investment」から「Strategic Business Innovator(戦略的な事業の革新者)」に変更しています。

SBI証券など、金融業界では知らない人はいないと思いますし、保険業界ではアクサ生命などもSBI関連として有名です。

仮想通貨取引所としてのSBI VC(SBIバーチャルカレンシー)は、リップルからスタートした取引所です。

ゆかりゆかり

SBIホールディングスCEOでもあり、SBIVCのCEOでもある北尾 吉孝氏が、極度のリップル推しなんですよね。

私の予想では、今後おそらくリップルホルダー優遇の取引所作り(手数料無料とか)を進めて行くと思うので、リップルに注目している人はSBIを使っても良いかもしれませんね。

今後に期待したい取引所ランキング

取引所,ランキング,狙い目

■第1位:マネーパートナーズ
⇒サービス開始を待たせすぎて忘れられそうになっている取引所。金融業界では有名なだけに今後に期待!

■第2位:ビットポイント
⇒良い取り引き所だったので、ハッキング事件の事後処理に期待!また使いたい!

■第3位:ディーガレット
⇒2019年3月に金融庁認可!大手19社が出資する大注目の超新星!取引高次第で次世代の人気取引所の可能性あり

■第4位:XTHETA(シータ)
⇒仮想通貨取引を代行してくれる新しい形を提案。サービス開始が待ち遠しい!

■第5位:LVC(LVC株式会社)
⇒2019年9月、なんとあのLINE株式会社の子会社「LVC」が金融庁に認可登録されました!!LINE×仮想通貨とか早く見てみたい!

やっぱり国内大手取引所がおすすめ

仮想通貨取引所のいろんなランキングを見てきましたが、自分に合った取引所は見つかりましたか?

ここまでいろんなお話をしましたが、普通にトレードで稼ぎたいっていう人は、国内の大手取引所(GMOコインとかリキッドバイコインとか)に登録しておくのが安心安全です。

さて、私はもう一度「可愛いランキング」見て癒やされてきまーす!ここまで読んでいただき、ありがとうございましたー(๑•᎑•๑)

人気の取引所を徹底比較

ランキング上位の取引所を徹底比較

仮想通貨,取引所,ランキング,おすすめ,比較

手数料やレバレッジなど、こだわって比較したい人のために、ランキング上位の人気取引所を各項目ごとに徹底比較し、評価をまとめてみました!

「取引手数料」の比較一覧表

取引手数料は、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨をトレードする際に必要な手数料です。取引の頻度が高い人や、取引量が多い人にとってはとても重要な項目です。

※「△」は販売所のみの取扱なので手数料は無料(スプレッドあり)、「-」は取扱がない通貨です。

取引所 取引所,ビットコイン
(BTC)
取引所,アルトコイン,イーサリアム
(ETH)
取引所,アルトコイン,リップル
(XRP)
取引所,アルトコイン,ビットコインキャッシュ
(BCH)
取引所,アルトコイン,ライトコイン
(LTC)
取引所,アルトコイン,ネム
(XEM)
取引所,アルトコイン,イーサリアムクラシック
(ETC)
取引所,アルトコイン,モナコイン
(MONA)
取引所,アルトコイン,リスク
(LISK)
仮想通貨,取引所,手数料,リキッドバイコイン 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料
仮想通貨,取引所,手数料,ビットフライヤー 0.01%
~0.15%
0.2%
仮想通貨,取引所,手数料,ビットバンク -0.02%
~0.12%
-0.02%
~0.12%
-0.02%
~0.12%
-0.02%
~0.12%
-0.02%
~0.12%
-0.02%
~0.12%
仮想通貨,取引所,手数料,コインチェック 無料
仮想通貨,取引所,手数料,Zaif 無料 0.0%
~0.1%
0.0%
~0.3%
0.0%
~0.1%
0.0%
~0.1%
仮想通貨,取引所,手数料,BTCボックス 0.05% 0.1% 0.1% 0.1%
仮想通貨,取引所,手数料,GMOコイン -0.01%
~0.05%
-0.01%
~0.05%
-0.01%
~0.05%
-0.01%
~0.05%
-0.01%
~0.05%
仮想通貨,取引所,手数料,Huobi 無料 0.0%
~0.15%
0.0%
~0.10%
0.0%
~0.15%
0.0%
~0.15%
0.0%~0.15%
仮想通貨,取引所,手数料,フィスコ 0.0%
~0.1%
0.3% 0.1%

※SBI VCは2019年7月より板取引開始(現在は販売所のみ)なので表には載せていません。
※手数料に幅がある表記は、メイカーとテイカーの違いや取引数量の差で変化することを表します。詳細は各取引所をご確認ください。

「取引手数料」で選ぶ取引所ランキングTOP3

  • 第1位「GMOコイン」:驚異のマイナス手数料!取引するほどお得!
  • 第2位「Liquid by Quoine」:取扱通貨の種類も多く、しかもすべて無料!!
  • おしい「ビットバンク」:マイナス手数料は魅力的だが、takerの0.12%が少し高い

「スプレッド」の比較一覧表

スプレッドとは、買値と売値の価格差のことです。取引所を選ぶなら、できるだけスプレッドが小さいところがおすすめです。ただし、販売所のように事業所に設定された「隠れ手数料」ではないので、よほど大きいスプレッドでなければ取引に支障はありません。

※以下の表では、わかりやすように目安として300円以下のスプレッドに色を付けています。

取引所名 スプレッド
(6/5)
スプレッド
(6/6)
スプレッド
(6/7)
スプレッド
(6/8)
スプレッド
(6/10)
スプレッド
(6/11)
仮想通貨,取引所,手数料,リキッドバイコイン 62円 107円 136円 185円 163円 6円
仮想通貨,取引所,手数料,ビットフライヤー 320円 580円 360円 954円 791円 402円
仮想通貨,取引所,手数料,ビットバンク 1円 1円 1円 1円 1円 1円
仮想通貨,取引所,手数料,コインチェック 310円 570円 308円 193円 462円 316円
仮想通貨,取引所,手数料,Zaif 380円 774円 675円 45円 175円 735円
仮想通貨,取引所,手数料,BTCボックス 1,567円 1,096円 1,903円 54円 1,182円 1,006円
仮想通貨,取引所,手数料,GMOコイン 264円 265円 146円 265円 184円 265円
仮想通貨,取引所,手数料,Huobi 1,586円 879円 1141円 1,358円 20,090円 1,847円
仮想通貨,取引所,手数料,フィスコ 6,100円 8,945円 4,000円 33,725円 4,950円 13,995円

※2019年6月5日~6月11日に計測したデータです。

Bitcoin日本語情報サイト」さんで、5分ごとのスプレッドを確認できます。

「スプレッド」で選ぶ取引所ランキングTOP3

  • 第1位「ビットバンク」:なぜかいつ見ても驚異のスプレッド1円!!
  • 第2位「リキッド」:取引高が国内No.1のおかげでスプレッドは極小
  • 第3位「GMOコイン」:ビットコインの100円~300円は気にならない範囲

「入金手数料・出金手数料」の比較一覧表

入出金手数料は、日本円の入金・出金と、ビットコインなどの仮想通貨の入金・出金の際に必要になる手数料です。銀行やウォレットなど、資産の移動を頻繁に行う人にとって重要な項目です。

■入金手数料

取引所名 仮想通貨
入金手数料
日本円
入金手数料
銀行振込
日本円
入金手数料
コンビニ振込
日本円
入金手数料
ペイジー
即時入金
(クイック入金)
提携銀行
仮想通貨,取引所,手数料,リキッドバイコイン 無料 実費負担 実費負担
仮想通貨,取引所,手数料,ビットフライヤー 無料 実費負担 実費負担 無料
※提携銀行以外は324円
住信SBIネット銀行
仮想通貨,取引所,手数料,ビットバンク 無料 実費負担 実費負担
仮想通貨,取引所,手数料,コインチェック 無料
※高速:0.002BTC
実費負担 3万円未満:756円
3万円以上:1,000円
3万円未満:756円
3万円以上:1,000円
仮想通貨,取引所,手数料,Zaif 無料 実費負担 3万円未満:486円
3万円以上:594円
3万円未満:486円
3万円以上:594円
仮想通貨,取引所,手数料,BTCボックス 無料 実費負担 実費負担
仮想通貨,取引所,手数料,GMOコイン 無料 実費負担 実費負担 無料 無料 あおぞらネット銀行
楽天銀行
住信SBIネット銀行
ジャパンネット銀行
(ペイジー対応銀行あり)
仮想通貨,取引所,手数料,Huobi 無料 実費負担 実費負担 無料 住信SBIネット銀行
仮想通貨,取引所,手数料,フィスコ 無料 実費負担 実費負担

 

■出金手数料

取引所名 日本円 取引所,ビットコイン
(BTC)
取引所,アルトコイン,イーサリアム
(ETH)
取引所,アルトコイン,リップル
(XRP)
取引所,アルトコイン,ビットコインキャッシュ
(BCH)
取引所,アルトコイン,ライトコイン
(LTC)
取引所,アルトコイン,ネム
(XEM)
取引所,アルトコイン,イーサリアムクラシック
(ETC)
取引所,アルトコイン,モナコイン
(MONA)
取引所,アルトコイン,リスク
(LISK)
仮想通貨,取引所,手数料,リキッドバイコイン 500円 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料
仮想通貨,取引所,手数料,ビットフライヤー 216円~756円 0.0004 BTC 0.005 ETH 0.0002 BCH 0.001 LTC 0.005 ETC 無料 0.1 LSK
仮想通貨,取引所,手数料,ビットバンク 540円~756円 0.001 BTC 0.005 ETH 0.15 XRP 0.001 BCC 0.001 LTC 0.001 MONA
仮想通貨,取引所,手数料,コインチェック 400円 0.001 BTC 0.01 ETH 0.15 XRP 0.001 BCH 0.001 LTC 0.5 XEM 0.01 ETC 0.001 MONA 0.1 LSK
仮想通貨,取引所,手数料,Zaif 350円~756円 0.0001 〜 0.01 BTC 0.01 〜 0.05 ETH 0.001 〜 0.01 BCH 2 〜 20 XEM 0.001 〜 0.1 MONA
仮想通貨,取引所,手数料,BTCボックス 400円~750円 0.001BTC 0.01ETH 0.001BCH 0.002LTC
仮想通貨,取引所,手数料,GMOコイン 無料 無料 無料 無料 無料 無料
仮想通貨,取引所,手数料,Huobi 324円 BTC 0.0005 ETH 0.005 RP 0.1 BCH 0.0001 TC 0.001 MONA 0.001
仮想通貨,取引所,手数料,フィスコ 350円~756円 0.001BTC 0.001BCH 0.001MONA

「入出金手数料」で選ぶ取引所ランキング

  • 第1位「GMOコイン」:とにかく全部無料!即時入金対応!提携銀行豊富!
  • 第2位「リキッド」:仮想通貨の出金手数料がすべて無料!日本円出金の500円がおしい!

「レバレッジ取引手数料」の比較一覧表

レバレッジ取引やFX取引では取引手数料だけでなく、ポジション管理料(スワップ手数料)やロスカット手数料など、いろんな種類の手数料が発生します。

取引所名 取引手数料
(買い / ロング)
取引手数料
(売り / ショート)
レバレッジ手数料
(買い / ロング)
レバレッジ手数料
(売り / ショート)
ロスカット手数料
仮想通貨,取引所,手数料,リキッドバイコイン 無料 無料 0.1% / 日 0.1% / 日 0.2%
仮想通貨,取引所,手数料,ビットフライヤー 無料 無料 0.04% / 日 0.04% / 日 無料
仮想通貨,取引所,手数料,ビットバンク 非対応
仮想通貨,取引所,手数料,コインチェック 0.04% 0.05% 0.04% / 日 0.05% / 日 0.04%
~0.05%
仮想通貨,取引所,手数料,Zaif 基本:無料
利益が出た場合:0.7%
基本:無料
利益が出た場合:0.7%
0.039% / 日 0.039% / 日 無料
仮想通貨,取引所,手数料,BTCボックス 非対応
仮想通貨,取引所,手数料,GMOコイン 無料 無料 0.04% / 日 0.04% / 日 0.5%
仮想通貨,取引所,手数料,Huobi 非対応
仮想通貨,取引所,手数料,フィスコ 非対応

「レバレッジ取引・仮想通貨FX」で選ぶ取引所ランキングTOP3

  • 第1位「ビットフライヤー」:取引手数料は無料、レバレッジ手数料も0.04%と安心の数字
  • 第2位「GMOコイン」:全体的に安く使いやすいロスカット0.5%がマイナス1点
  • 第3位「リキッド」:取引手数料は無料だがレバレッジ手数料0.1%が高め。超短期売買なら利用価値あり!

レバレッジ取引・FX取引の手数料だけを見るとビットフライヤーが1位でしたが、実はビットフライヤーのレバレッジ取引はビットコイン(BTC)しか対応していません。

2位のGMOコインはイーサリアム・リップル・ビットコインキャッシュ・ライトコインを含む主要5種に対応しているので、そこを比較ポイントにすると選びやすいかもしれません(*^^)

「取扱通貨」の比較一覧表

国内で取扱のある「アルトコイン」の特徴と、各取引所での対応を比較してみました!

  • ビットコイン:仮想通貨の王様であり原点。すべてはここから始まった。
  • イーサリアム:ビットコイン最大のライバル。スマートコントラクトが特徴的。
  • リップル:日本で大人気のアルトコイン。国際送金システムで世界の主導を握れるか。
  • ビットコインキャッシュ:ビットコインの問題点を解消した次世代型の送金・決済通貨。
  • ライトコイン:決済スピードに特化したビットコインの弟。実はBCHがライバル。
  • ネム:コインチェック問題で一気に有名に。マイニングではなくハーベスト。
  • イーサリアムクラシック:実は元祖イーサリアムはこちら。
  • モナコイン:日本の2ch発のアルトコイン。
  • リスク:risk(危険)ではなくlisk(簡単)という意味が込められている。
各取引所の
アルトコイン
取扱一覧
取引所,アルトコイン,イーサリアム
(ETH)
取引所,アルトコイン,リップル
(XRP)
取引所,アルトコイン,ビットコインキャッシュ
(BCH)
取引所,アルトコイン,ライトコイン
(LTC)
取引所,アルトコイン,ネム
(XEM)
取引所,アルトコイン,イーサリアムクラシック
(ETC)
取引所,アルトコイン,モナコイン
(MONA)
取引所,アルトコイン,リスク
(LISK)
GMOコイン
DMMビットコイン
ビットバンク
Liquid by Quoine
ビットフライヤー(bitFlyer)
ザイフ(Zaif)
ビットトレード
SBI バーチャルカレンシー
コインチェック

※上記一覧表は、現物取引のアルトコイン取扱通貨です。
※「△」は取引所ではなく「販売所」での売買となります。

DMMビットコインやコインチェック、ビットフライヤーなどは対応通貨が多く見えますが、販売所での取り扱いなので要注意です。スプレッドを低く押さえた取引をしたいなら、やっぱりGMOコインがおすすめ。


最後まで読んでいただきありがとうございます!この記事ではほかにも、取引所の選び方や登録の方法、海外取引所のランキングやQ&A、上級者向けの取引所比較などもわかりやすくまとめているので、よければ記事上の「コンテンツ切り替えボタン」からご覧になってくださいね♪

仮想通貨取引所 – 総合ランキングまとめ

今回は、【2019年最新版】という事で、仮想通貨・ビットコインの取引所比較ランキングを中心にご紹介してきましたが、あなたに最適な取引所は見つかりましたか?

もっとも理想的な仮想通貨取引所の選び方は「実際に口座開設して自分で使用してみる事」です。

今回ご紹介したランキングや取引所の選び方を参考にしながら、ぜひ自分の投資方法や初期資金に最適な取引所を選んで実際に使用してみましょう。

はるはる

すると、思ったより使いやすかったり、逆に評判とは違って自分には合わなかったりといった事がわかってきます!!

一般的に、仮想通貨取引は複数の取引所を開設し、投資方法や銘柄などに合わせて取引をするのがベストと言われています。

そうする事で、資産的なリスクも分散して管理できるのでおすすめですよ。

まずはこの記事でもご紹介した初心者にもっとも最適なGMOコインへ登録・口座開設してみて、取引所の感触に慣れる事から始めてみてはいかがでしょうか。

最終更新日:2019年10月14日

【この記事を書いた女子会メンバー】

はる
今年の春から大学生ですo(^▽^)o仮想通貨は将来がちょっと不安で、投資の勉強を始めたのがきっかけ。目標はうちにお猫様をお迎えすること!仮想通貨は楽しんでやっていきます。
はるの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事