ホーム取引所【2019年版】リップル(XRP)のオススメ取引所を紹介!最もカンタンにリップルを買う方法(初心者必見!)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.05.11 最終更新
たかしま編集長

【2019年版】リップル(XRP)のオススメ取引所を紹介!最もカンタンにリップルを買う方法(初心者必見!)

2019年、上昇が期待できる銘柄というアンケート調査で断トツ1位を獲得したリップル(XRP)。「リップルは期待できる!」「リップルに一点集中!」と、リップルを保有している仮想通貨ファンも多いのではないでしょうか。

ですが、中には「知り合いからリップルをオススメされたけど、まだ持ってない」「買ってみたいんだけど、どこの取引所で買えばいいかわからない」というリップル初心者の方もいるかと思います。

そこで今回は、

「リップルを買いたいけど、どこの取引所で買えばいいかわからない」
「いろんな取引所があってどれにすればいいか悩んでいる」
「取引所の口座開設がめんどくさくてまだ始めてない」

という方のために、取引所の登録やアカウント開設、入金までの流れ、コインの売買、取引画面の使いやすさなど、初心者が最もカンタンにリップル(XRP)を買う方法をご紹介します。

たかしま編集長たかしま編集長

こんにちは!たかしまです♪
最近、知り合いから「リップルってどうなの?」という質問をチラホラもらいます。ニュースやCMなどでもリップルのことが流れているので、世間でも興味を持ち始めている人は増えてきているみたいですね!今回の記事では、「リップルを買えるオススメ取引所」「もっともカンタンに買う方法」をご紹介します♪

ココがスゴイ!!リップル(XRP)の特徴

リップルの購入方法やオススメの取引所をご紹介する前に、まずはリップル(XRP)の特徴について簡単に解説します。

リップル(XRP)の発行枚数上限は決まっている!?

リップルに限らず、仮想通貨のほとんどは発行枚数の上限が決まっています。たとえばビットコイン(BTC)は2,100万枚、ビットコインキャッシュ(BCH)は2,100万枚、ライトコイン(LTC)は8,400万枚、という感じです。リップル社が発行するXRPは1,000億枚が上限となっています。

発行枚数の上限が決まっていない仮想通貨も中にはあります。
(※イーサリアム(ETH)、ステラ(XLM)、リスク(LSK)など)

なぜ、発行枚数に上限があるのか?

結論からいうと、「通貨の価値を維持するため」です。

日本円の場合だと、銀行の銀行である「日本銀行」が「日本円」を発行していますが、仮想通貨の多くは発行元が存在しない“非中央集権”的な仕組みを採用しています。

通貨を発行しすぎてしまうと、通貨の価値が下がり、インフレが起こりやすくなってしまいます。それを防ぐためにも、通貨の供給量を減らして価格が安定するように、日本銀行が需要と供給のバランスを調整しているのです。

仮想通貨の世界には、このような中央機関が存在しません。そのため、あらかじめ発行枚数の上限が決められているのです。上限を設定することで、通貨の価値を維持する仕組みを作っているのです。

今回の記事では「リップル(XRP)をカンタンに買うためのオススメ取引所」について解説していますので、仮想通貨の仕組みは説明しませんが、詳しい仕組みを知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。



たかしま編集長たかしま編集長

ちなみにリップルの場合は、リップルという会社が「XRP」というコインを発行していて、仮想通貨の世界では珍しい「中央集権」の体制をとっているんですよ♪

XRPの発行枚数は減少し、希少価値が上がっていく!?

XRPの発行枚数の上限がほかの仮想通貨に比べて多い理由は、XRPの使用目的が「国際送金や企業間の決済に利用することを想定しているから」です。

そもそもXRPは、主に「国際間の送金に使われるために開発された仮想通貨」です。国際送金の際にリップルのシステムを利用すると、手数料としてXRPを支払います。

そして、ココがXRPの面白い特徴なのですが、手数料として支払われたXRPは使えなくなり、発行枚数がドンドン減っていくのです。「え?発行量が減っていったら価格が下がるんじゃないの?大丈夫なの?」と心配になったかもしれませんが、まったく問題ありません。発行枚数が減ることで、むしろ価値が高くなるので、価格の上昇していく可能性が十分にあるのです。

これは金(ゴールド)と同じように考えてみたら納得いくと思います。金(ゴールド)は資源にあたるので、地球上から採掘できる量に限界があります。

どれくらいあるかというと、現在世界中にある金の量は17万トンと言われており、50メートルプールおよそ3杯半くらいの量なのです。

世界に流通している量が限られているからこそ、価値が高まり、価格も上がっていく。需要と供給の原理原則にのっとっています。

これは、XRPにも同様のことがいえます。開発が順調に進み、リップルのシステムを利用した送金が増えれば、世界中で支払われるXRPも増えていき、XRPの発行枚数は加速度的に減ることになります。そして発行数が減っていければ、価値が高まり、価格の上昇が大いに見込めるのです。

たかしま編集長たかしま編集長

たしかに、価値(価格)が高いものって市場にあまり多く出回っていないですよね。ほしい人が増えれば価格も上がるので、リップルは特に期待できますね♪

ココがスゴイ!!リップル(XRP)の可能性
~初心者がXRPを買うべきポイント~

発行数が減ることで価値が高まり、価格も上がる可能性があることはわかりましたね。ですが、XRPの可能性はまだほかにもたくさんあります。

ここまでは「XRPの通貨としての特徴」という観点から「XRPの可能性」を説明してきましたが、ここからはもっと他の視点から見た「XRPの伸びていく可能性」を、XRPで大きな利益を出した事例を取り上げながら解説していきます。

ポイント① 購入単価が低く、枚数を多く保有できる。

XRPの特徴のひとつに、「購入単価が低い」という点があります。これはどういうことかというと、XRP1枚あたりの価格が40円前後(※2019年4月現在)で、取引所に並んでいるほかの仮想通貨と比べて安く買うことができる、ということです。

少し想像してみてください。世間的にビットコイン(BTC)で億り人になった人は、どうやって億り人になったと思いますか?

それはとてもカンタンなことで、「ビットコイン(BTC)がまだ1000円や10000円の時のような安い時に買っているから」です。

正直な話、今からビットコインを買っても、そこまで伸びることが期待できず、億り人を目指すことは難しいと思います。たとえば、現在のビットコインの価格が1BTC=50万円だったとして、それが1BTC=100万円になったところでしょせん2倍にしかなってません。

ビットコインの場合は、まだ世間が仮想通貨に興味がない、3~5年くらい前の時期に買っていたら、いまあなたは億り人になっているでしょう。ですが、これからの伸び幅を考えると、あまり現実的ではないですよね。

でもリップルの場合は、2019年4月11日現在まだ40円前後なので、今後100円、1000円、10000円に伸びていく可能性は十分にあります。

1XRP=40円が1000円になったとき、25倍にも資産が膨れ上がっているのです。

ですので、購入単価が低く、投資資金があまりない初心者の方にとっても購入しやすいという点で、XRPは今、まさに購入すべきタイミングなのです。

たかしま編集長たかしま編集長

これから仮想通貨を買いたい人にとって、リップルは安くて、お得で、可能性があるってことですね♪

ポイント② 持っているだけで価値がドンドン上がっていく!?

さきほど述べたように、今後リップルの仕組みが世界に広がっていき、国際送金が普及していくと、XRPの発行数が減っていきます。

発行枚数が減っていくということは、金(ゴールド)と同様に1枚あたりの価値が高まり、さらに需要(ほしい人)が増えれば価格がドンドン上がっていく可能性があるのです。

ポイント③ あの“与沢翼”もリップル(XRP)で14億円儲けた!?

「ネオヒルズ族」「秒速で1億円稼ぐ男」の代名詞で有名な与沢翼氏も、2018年リップルに1億3500万円を投じ、3か月で含み益は最大27億円となり、14億円の利益を確定したことでかなり話題になりました。

実際に与沢氏自身のツイッターでは、保有するXRPの数を証拠写真とともに明らかにし、最大保有量は650万XRPで世間を驚かせました。

また、「リップル(XRP)が今後伸びていく将来性」を分析し、独自の見解をツイッターで公表しています。

与沢氏が見通す「リップル(XRP)の将来性」は以下の5つの点からです。

① SBIVCの資金の大半がリップル(XRP)に流れていくこと
② 今後、世界中でリップルを取り扱う取引所が増えること
③ ビットコインでは処理能力として不十分であること
④ 中央銀行はリップルを評価していくこと
⑤ 1XRP=1ドル(or100円)を越えてからファンが急増していくこと

具体的な説明は割愛しますが、これだけ投資家として成功している与沢氏が推奨するのであれば、リップルに期待する価値はかなり高いですね!

たかしま編集長たかしま編集長

実際に投資で稼いでいる人の意見を素直に聞くことは大事ですね♪

リップル(XRP)を最もカンタンに買う方法!オススメ取引所も!

ここまで、リップルの特徴や今後の可能性について述べてきたので、「リップル(XRP)を今すぐ買いたい!」「どこの取引所で買えばいいの?」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ここからは今回の本題である、「リップルを最もカンタンに買う方法」をご紹介していきます。

まずは取引所ですが、数ある取引所の中でも総合的にみて「GMOコイン」が圧倒的にカンタンでオススメです。

何がカンタンなのかというと

・口座開設
・専用アプリの操作
・仮想通貨の取引
・仮想通貨の売買
・日本円の出入金

などが他の取引所と比べてもダントツでカンタンなのです。
もっと具体的に解説していきますね!

スマホでカンタンに登録できる!

GMOコインの場合、スマホで簡単に登録ができてしまいます。

ユーザーインターフェースやデザインがシンプルでわかりやすく、スマホになれている人であれば、早ければ5分ほどで口座開設(無料)ができてしまうので、とりかかりやすさと手軽さは圧倒的にGMOコインが一番です。

GMOコインの口座開設ページ
たかしま編集長たかしま編集長

口座開設ってめんどくさい印象があるけど、GMOコインならカンタンに開設できます♪

即時入金に対応!しかも様々な手数料が無料!

GMOコインでは、即時入金に対応しています。指定の銀行口座へ日本円を振り込めば、すぐに口座の残高に反映されるのです。不便な取引所の特徴として、「日本円を振り込んだけど、すぐに反映されない」という点がありますが、GMOコインであれば最短5分程度で即時反映されます。この即時入金を利用することで、急な相場変動時でもすぐに取引することが可能です。

また、即時入金手数料をはじめ、口座開設手数料、出金手数料、仮想通貨の送付手数料などがすべて無料ですので、まずは今すぐ口座開設をしてみて、ためしにリップルを購入してみてはいかがでしょうか?

ワンクリックでリップルを購入することができる!

日本円を入金後、管理画面からすぐにリップルを購入することが出来ます。GMOコインの場合、日本円でリップルを購入することも可能ですので、わざわざ取引所で日本円をビットコインに代えてリップルを購入する手間も不要です。

専用アプリでカンタン操作ができる!

GMOコインの最大の特徴として、GMOコインが提供する仮想通貨FX専用アプリ「ビットレ君」が使いやすいことです。

この「ビットレ君」では、仮想通貨の取引はもちろんのこと、日本円の出入金、仮想通貨の預入・送付、購入・売買など、トレードから資産管理までの機能をひとつのアプリに集計されています。

スマホアプリ「ビットレ君」

 



また、価格変動の激しい仮想通貨の価格をいつでも確認できるように、全部で9種類ものテクニカル指標が利用できるチャートも備わっています。

実際、多くの仮想通貨FXトレーダーが、スマホで「ビットレ君」のチャートを使用し、とても定評があるアプリです。

たかしま編集長たかしま編集長

私もビットレ君は愛用しています♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の記事では、「初心者が最もカンタンにリップル(XRP)を買う方法」というテーマで、リップルの特徴や今後の可能性、そしてまず気軽にリップルを購入できる取引所「GMOコイン」をご紹介しました。

他にもリップルを購入できる取引所はあるのですが、まずは一番カンタンに登録から購入までできるGMOコインで、試しにリップルを買ってみてもらえればと思います!

国内の取引所ランキングを確認したい人は、こちらの記事がおすすめです!
【2019年最新】仮想通貨・ビットコイン『取引所の比較ランキング』

記事下「GMOコインコンバ」

【この記事を書いた女子会メンバー】

たかしま編集長
たのしい仮想通貨女子会編集長のたかしまです!日本一たのしい仮想通貨メディアにするべく仮想通貨女子一同頑張っていきますのでよろしくお願いいたします!
たかしま編集長の他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」