ホーム取引所【2019年最新版】リップルの買い方をわかりやすく解説!購入できる取引所一覧&おすすめ紹介!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.10.15 最終更新
はる

【2019年最新版】リップルの買い方をわかりやすく解説!購入できる取引所一覧&おすすめ紹介!

リップル,買い方,購入

はるはる

今回は仮想通貨初心者のために、リップル(XRP)の簡単な買い方・購入方法わかりやすく解説していきます♪

 

リップルの買い方はとても簡単ですが、

ポイントを押さえておかないと、手数料などで

ちょっと損をしてしまうこともあります。

 

「これから初めてリップルを買う」という

初心者のために、押さえておくべきポイント

まとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

【今回の記事を読んだらわかる事】

 

目次

リップルのお手軽な買い方|取引所で購入しよう!

リップル,買い方,購入方法

リップルの買い方はたくさんありますが、

一番基本となるのが「取引所」での購入です。

 

はるはる

もちろん手数料は無料なので、「今後しっかり取引所でトレードしていきたい」という人にもおすすめの方法です!

 

取引所でリップルを購入する流れ

  • 取引所の口座開設&本人確認
  • 日本円の入金
  • リップル購入の注文

 

本人確認のために3日~1週間の審査が

ありますが、銀行口座のように

厳しい審査ではないので安心してください。

 

おすすめしているGMOコインであれば、

審査が早いので、最短翌日から取引できます!

 

詳細はこちら↓↓

リップル買い方①取引所の口座開設

取引所はどこでも良いわけではなく、

  • リップルが購入できる
  • リップルの取引手数料が安い
  • 日本国内で金融庁の認可を受けている

などの条件をつけていくと、

おすすめできる取引所は2~3社に絞られます。

 

ただ、取引所の口座開設はどこも無料なので

「とりあえず順番に登録して使ってみる」

というのも良い方法です。

 

はるはる

おすすめは、リップルがお得に購入できる「GMOコイン」です!

 

初心者でもわかりやすい取引画面なので

ぜひ一度、使ってみてほしいです!

 

詳細を確認する↓↓

 

はるはる

口座開設は画面の指示に従っていけば簡単にできますが、不安な人はこちらを参考にしてみてください♪

 

■国内でリップルが購入できる取引所

取引所 XRP取引手数料 日本円入金手数料※ 販売所スプレッド※ 100XRP購入する場合※
GMOコイン -0.01%
~0.05%
無料 なし 2999円~3002円
リキッドバイコイン(Liquid) 無料 銀行手数料負担 なし 3500円
ビットバンク -0.02%
~0.12%
銀行手数料負担 なし 3499円~3503円
SBI バーチャルカレンシー 無料 銀行手数料負担 あり 3650円
フオビジャパン(元ビットトレード) 0.0%
~0.10%
銀行手数料負担 なし 3500円~3503円
コインチェック 無料 銀行手数料負担 あり 3650円
ディーカレット 無料 銀行手数料負担 あり 3650円
DMM ビットコイン 無料 銀行手数料負担 あり 3650円
ビットポイント(新規登録停止中) 無料 無料 なし 3000円

※1XRP30円の相場で計算
※銀行手数料は約500円(銀行による)で計算
※銀行手数料無料は、提携銀行のみ
※スプレッドは平均の約5%(150円)で計算
※あくまでも概算なので、実際の数字とは異なります。
※LVC株式会社(LINEの子会社)がBITMAXという取引所を設立。リップル取扱の予定ですが、開始時期が未定のため表には入れていません。

 

やっぱりGMOコインが一番お得に

リップルを買えるようです!

 

入金手数料が無料なのは提携銀行だけですが

実は提携銀行の数が一番多いのも、

GMOコインなんですよ♪

 

リップルの買い方②日本円の入金

はるはる

取引所を開設したら、次は日本円の入金です。

 

取引所へ日本円を入金する方法は、

振込入金と即時入金の2種類です。

 

振込入金は、自分が持っている銀行口座から

取引所の指定口座に振込をする方法で、

  • ネットバンキング
  • 銀行の窓口やATM
  • コンビニのATM

などから振込が可能です。

 

振込入金の方法

  • メニューの「入出金」「日本円」を選択
  • 「振込入金」を選択
  • 指定の振込先口座を確認
  • 指定の口座に日本円を振込する

 

はるはる

指定される銀行口座は、アカウントごとに作成される独自の振込先なので、あなたが振込をしたと取引所がわかるようになっています♪

 

そして、取引所が提携している銀行からの

振込であれば、即時入金(クイック入金)

することができます。

 

提携銀行からの即時入金は、

  • 手数料無料で入金できる
  • 入金がすぐ反映される

という大きなメリットがあります。

 

ただし、現在リップルが買える取引所で

手数料無料の即時入金ができるのは

なんとGMOコインだけとなっています。

 

※有料の即時入金なら他にもあります
例)コインチェックは即時入金770円

 

GMOコインで即時入金が可能な提携銀行

 

住信SBIなどのネット銀行は、

基本的に登録が無料なので

この機会に登録しておくと良いでしょう。

 

■リップルの最低購入数量

「リップルを買いたいんだけど、

一体いくら入金すればいいの?」

と思う人のために、ちょっと解説です。

 

2019年10月現在、

リップルの価格は1枚約30円です。

10枚で約300円ってところです。

 

GMOコインの最低購入数量と最低入金額

  • 取引所:最低10枚から注文可能(約300円)
  • 販売所:最低30枚から注文可能(約900円)
  • 日本円の入金:1,000円から入金可能

 

はるはる

簡単にいうと、今の価格なら、最低1,000円の入金でリップルが購入できるということですね♪

 

リップルの買い方③取引所か販売所で購入しよう!

日本円が入金できたら、

さっそくリップルを購入してみましょう!

以下、GMOコインを例に解説します。

登録がまだの人は、アカウント登録だけでも

先に済ませておきましょう♪

 

GMOコインでは、「取引所」と「販売所」で

リップルを買うことができます。

  • お得に買いたいなら「取引所」
  • 簡単に買いたいなら「販売所」

という選び方で問題ありません♪

 

「取引所」でのリップルの買い方(パソコン版)

リップル,買い方

  • GMOコインにログイン
  • 「取引所」の「現物取引」をクリック
  • 右側「リップル」を選ぶ
  • 売買区分「買」をクリック
  • 取引数量と注文レートを入力
  • 確認画面へをクリック

 

レートの見方がわからない人は、

「成行」にチェックを入れておけば

一番相場と近い金額で注文を入れられます。

 

最初は成行でトレードをしていき、

慣れてきたら金額指定(指値注文)

やってみましょう♪

 

■「取引所」でのリップルの買い方(スマホ版)

リップル,買い方

GMOコインのスマホ取引は、

「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」

呼ばれるアプリを使います。

 

  • 仮想通貨の取引(購入・売却・レバレッジ)
  • 日本円の入出金
  • 仮想通貨の預入・送付
  • 口座情報の確認・更新

など、基本的なことはすべてできるので

パソコン版はほとんど必要ありません。

 

買い方はパソコン版とほとんど同じで、

画面の指示に従っていけば簡単に

購入できますよ(*^^*)

 

ほかの取引所のアプリより、

初心者向けでわかりやすいのが特徴です♪

 

iOS:GMOコイン 仮想通貨ウォレット

Android:GMOコイン 仮想通貨ウォレット

※対象OS:iOS 11以上、Android 4.4.0以上

 

■「販売所」でのリップルの買い方(パソコン版)

リップル,買い方

  • GMOコインにログイン
  • 左メニューにある「販売所」をクリック
  • 右側にメニューの「XRP」を選択

 

すると右側の表示部分がXRPに変わります。

 

  • 「金額指定」or「数量指定」を選択
  • 数量を入力
  • 購入(売却)ボタンをクリック

で完了です!

取引所より簡単ですよね♪

 

はるはる

販売所はスプレッド(隠れ手数料)があるので、あまりおすすめできません。お得に買いたいなら、「取引所」を利用しましょう!

 

 

 

取引所の詳細を見てみよう↓↓

 

レバレッジ取引や仮想通貨FXのやり方は

こちらの記事で解説しています♪

 

リップルの3つの買い方|中~上級者向けの購入方法

リップル,買い方,購入

はるはる

リップルの購入には、大きくわけて3つの方法があります。

1.日本国内でトレードをする買い方(取引所)
2.日本国内でのお手軽な買い方(販売所)
3.海外の取引所を利用した買い方

買い方①日本国内の取引所でリップルを取引(トレード)

リップルの買い方で一番基本となるのが、日本国内の「取引所」で取引をして購入することです。株式取引をしたことのある人ならお馴染みの「注文板」を利用して、利用者同士で売買の取引を行います。

はるはる

リップルを買うだけではなく売ることも可能なので、価格変動を利用して儲けることも可能です!

有名な国内取引所だと、GMOコインビットバンクなどが挙げられます。(ビットフライヤーzaifも有名ですがリップルの取扱はありません。コインチェックは販売所のみリップルの取扱があります。)

どの取引所でも、口座開設(登録)から日本円の入金、そして取引という流れで簡単に買えるのが特徴。口座開設は無料なので、複数の取引所を登録して使い分ける猛者もいます(^^)

買い方②販売所でお手軽にリップルを購入

「販売所」は、仮想通貨を購入・売却できるサービスです。取引所との違いは、相手が同じ利用者ではなく販売所を運営する事業者だということです。

事業者が価格を設定するので、利用者にはちょっと不利な条件での取引となります。そのかわり、いつでもすぐに購入・売却ができるのが販売所のメリットです♪

はるはる

あと、単純に「買う」か「売る」だけなので、初心者でも簡単にリップルが買えるというのも販売所の魅力ですね!!

取引所と販売所は併設されていることが多く、GMOコインコインチェック、が有名どころです。取引所よりも数が少ないので、リップルが買える販売所というと選択肢はほとんどありません。(販売所で有名なDMM Bitcoinはレバレッジ取引のみリップルが取引できます。)

取引所と販売所の違いについて詳しく知りたい人は、こちらの記事がおすすめです!

買い方③海外の仮想通貨取引所でリップルを購入する

世界(海外)の仮想通貨取引所では、日本国内では取り扱っていない様々なアルトコインを購入する事が可能です。

ただし、基本的に海外の仮想通貨取引所は日本円での入出金(銀行と取引所間)が不可能となっているところがほとんどです。

そのため、一度日本国内でビットコイン等のメジャー通貨を購入してから、その仮想通貨を開設した海外の取引所へ送金するといった面倒さがあります。

【国内取引所】
└日本円⇔リップル

【海外取引所】
└日本円⇔ビットコイン⇔リップル

もちろん日本の銀行へ出金する時も同じ過程をたどるうえに、入出金手数料の他にも送金手数料が必要となる取引所もあるので、費用がかさみ利益が目減りしてしまうケースも少なくありません。

ただ、取引所によっては、国内で購入するよりも安い買い方ができるところもあるので、

はるはる

トレードに自信が出てきたら積極的に海外の取引所を活用すると良いでしょう!!

【必見】リップルの買い方を超詳しく解説~口座開設から注文までの流れ~

リップル,買い方,購入

リップルの買い方をマスターするのに避けられないのが「仮想通貨取引所の新規登録と口座開設」です。

ここでは、国内の仮想通貨取引所で新規に登録・口座開設するまでの流れと開設に必要な基本的なものをご紹介します。

※一般的には、国内の仮想通貨取引所の新規登録・口座開設はほぼ同じですので、参考までにその流れと必要なものを把握しておく事をおすすめします。

買い方①仮想通貨取引所への口座登録に必要なものを準備する

まず、仮想通貨取引所の新規登録と口座を開設する為に必要なものは以下になります。

  • SMS付き携帯電話(スマホ)
  • 住所
  • 写真付きの身分証明書(免許証やパスポート等)
  • 銀行口座
  • ある程度の資金
  • メールアドレス(GmailやYahoo Mailなど無料のものがベスト)

以上のものをいつでも確認できるように用意しておきましょう。

ちなみに、未成年者の方は保護者の同意がないと新規口座登録はできませんので注意しましょう。

買い方②仮想通貨取引所へ新規登録する

次に、自分が口座を開設したい仮想通貨取引所のサイトを開きます。

おすすめは、マイナス手数料のGMOコインです!

一般的には、最初にメールアドレスを入力する欄がありますので、用意したメールアドレスを入力します。

すると、入力したメールアドレス宛に仮想通貨取引所から確認のメールが届きますので、メール内容に書いてあるリンクをクリックして新規登録を完了させましょう。

買い方③基本情報の登録をする

上記のメールアドレスでの新規登録が終わるとログインパスワードを決めて設定しましょう。

一般的な仮想通貨取引所は、この過程が終わるとサイトにログインできるようになります。

はるはる

その後、口座を開設する為の基本情報を登録する必要があるので、基本情報入力画面へ移動しましょう!!

ここで、自分の氏名や郵便番号、現住所、仮想通貨取引の目的、現在の職業、外国の重要人物でないかどうか等の確認がありますので、入力・チェックしていきましょう。

全て入力が終わったら基本情報完了のボタンをクリックして完了させましょう。

買い方④本人確認書類をアップロードする

基本情報の入力が正常に完了すると、次に本人確認をする為の写真をアップロードしなければいけません。

①スマホに付いているカメラやパソコン、デジカメ等を利用して、写真付きの身分証明書の写真を撮影しましょう。

②仮想通貨取引所によっては、身分証明書として指定されているものが違いますので、アップロード画面を確認しましょう。

③撮影した写真をパソコンへ繋いでコピーするかメール等で添付して送付する等して、パソコン上に撮影写真をコピーしましょう。

④コピーした写真を仮想通貨取引所の本人確認書類のアップロード画面で指定してアップロードし完了ボタンを押しましょう。

一般的な仮想通貨取引所では、本人確認に要する日数は2~3営業日ほどとなっていますが、アップロード完了後にその旨の内容が確認できればOKです。

買い方⑤セキュリティ(2段階認証)を設定する

とりあえず、ここまでで取引所への新規登録と口座開設の為の本人確認作業は完了しているので、取引所の審査を待っている間に2段階認証の設定をしておきましょう。

2段階認証は、ハッキングや不正アクセス等の標的になりやすい仮想通貨取引所において、必ず設定しておくべき対策ですので忘れずに行いましょう。

また、2段階認証設定にはスマホが必要となります。

リップル,買い方,購入

はるはる

まずはスマホで、上記の「Google Authenticator」という認証用アプリをダウンロードしインストールしておきましょう!!

iOSであれば「AppStore」、Androidであれば「PlayStore」の検索画面から検索すると出てきます。

次に、パソコン上で2段階認証設定画面を開くと、QRコードが出てきます。

スマホで先ほどダウンロードした認証アプリでカメラ機能を使ってQRコードを読み取りましょう。

その後、スマホに表示された認証コードをパソコンの入力画面に入力すれば完了となります。

買い方⑥開設した仮想通貨取引所へ入金する

リップル(XRP)を買うには、当然ですが購入する為の資金が仮想通貨取引所の口座へ入金されている必要があります。

各取引所へログインして、メニュー画面から「入金」を開くと振込用口座の番号が表示されますので、その口座にリップルを購入する資金を入金しましょう。

はるはる

注意点として、振込時に「振込依頼人名義を指定された形式で入力」しておかないと、入金が反映されませんので注意してくださいね!!

以上が、リップルを購入する為に必要な準備となりますが、実際にリップル(XRP)を購入する手順については、各取引所により違ってきます。

仮想通貨取引が初めての人でもわかりやすい取引画面になっている取引所を選ぶようにするとトレードにも慣れやすいので、最初は少額資金で試しにリップルを購入してみてくださいね。

おすすめのGMOコインでリップルを購入する

【リップルの買い方 – 実戦編】購入目的別おすすめの取引所5選

リップル,買い方,購入

仮想通貨の買い方の基本として、国内取引所と海外取引所の2つがあることがわかったかと思います。ここからは実際にリップルが購入できるおすすめの取引所を紹介していきますので、一緒に選んでいきましょう♪

2019年7月現時点で、日本国内においてリップルを購入できる仮想通貨取引所は全部で6つになります。(Bit tradeは2019年1月18日で終了しました。)

※一部の取引所については新規口座登録が停止していたり、取引所自体に問題があったりするので、そういった取引所は今回省いています。

ここでは、あなたがどんな購入目的でリップルの買い方を考えているかを想定して、5つの仮想通貨取引所をご紹介いたします。

【購入目的別】おすすめの取引所

購入目的①「初めてのリップル購入」おすすめはGMOコイン

リップル,買い方,購入

GMOコインは、初心者でも簡単にリップルが購入できることで有名です。とりあえずサクッとリップルを購入したい人におすすめの取引所です。

GMOコインは、株式証券やFXなどのサービス(GMOクリック証券など)を提供するGMOインターネットグループの傘下です。大手企業なので資産管理の面では非常に信頼性が高く、安心して自分の資産を預けられますよね

GMOコインで購入できる通貨は5種類

GMOコインで購入できる仮想通貨は、

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)

の5種類です。

世界でも人気の高い主要通貨にしか対応していませんが、価格が不安定なアルトコインは利用者のリスクが大きくなるということも考えたうえでこの5種類にしているのでしょう。

初心者は販売所の買い方が簡単でおすすめ

GMOコインは、取引所と販売所のどちらでも、仮想通貨が購入可能なのも嬉しいポイントです。

販売所は手数料(レバレッジ)が高いものの、手軽に確実にリップルが購入できるため、本当に簡単な買い方を知りたいという人は販売所がわかりやすくておすすめです。

ただし、やはり販売所は手数料が高いので、何度か取引する予定なのであれば、取引所でリップルを購入するようにしましょう。

GMOコインではリップルで仮想通貨FXができる

一般的な取引所では、レバレッジ倍率をかけた仮想通貨FX取引はビットコインのみですが、

はるはる

GMOコインではリップルでのレバレッジ取引が可能な点が最大の魅力です!!



最大10倍のレバレッジ取引が可能なので、元手10万円で100万円分の取引が可能、注文・約定手数料、またはロスカット手数料、すべて無料となっています。

ただし、レバレッジが大きい取引ほど利益が大きくなるとともにリスクも大きくなる事は押さえておきましょう。

GMOコインの仮想通貨FXは専用アプリ「ビットレ君」で簡単

ビットレ君の特徴

  • 建玉・サマリー・注文一覧・約定履歴など豊富な情報が見やすい
  • 「スピード注文」を利用して1タップですぐに発注できる
  • 9種類のテクニカルチャートが利用可能

とっても使いやすいので、インストールだけでもしてみましょう。

【GMOコインのおすすめポイント】

  • 取引所と販売所でリップルの買い方を選べる
  • リップル等のアルトコインFX取引が可能
  • 新規口座開設で「20,000Satoshi(ビットコインの最小単位)」プレゼント中
  • 仮想通貨FX専用スマホアプリ「ビットレ君」が高機能で評判が良い

詳細はこちら↓↓

購入目的②キャンペーンを利用した買い方なら「DMM Bitcoin」

リップル購入

DMMビットコインは、DMM.comグループが運営する取引所で、2018年1月から新規口座受付を開始しました。

タレントのローラさんがコマーシャルとかに出て、人気が一気に出た取引所ですね。

DMM.comグループは、FX口座数がトップです。そのFXでの実績を生かして、DMMビットコインはリップルのレバレッジ取引ができるのが魅力です!

リップルを日本円でFX取引できる

リップルを日本円で、レバレッジをかけながら取引できるので、FX経験者ならDMMビットコインの利用が一番オススメかもしれませんね!

逆に言えば、リップルを現物で買うことができないのがデメリットでもあります。

ビットコインやイーサリアムは現物取引できますが、リップルは円とのレバレッジ取引のみできます。

FXは長期保有には不向きなため、とりあえずリップルを買ってガチホしておきたい、という人にはおすすめできません。

リアルタイムチャートがわかりやすい

FX口座開設数1位らしく、リアルタイムチャートがとってもわかりやすいです。初心者もデイトレーダーも同じように満足できるチャートって、なかなかないですよ。

取引ツールはパソコン・スマホどちらでも利用できますが、特にスマホアプリのツールがとっても使いやすいのが特徴です。

テクニカルチャートやワンタッチ発注など、シンプルながらかゆいところに手が届くような絶妙の使いやすさは、さすがです。

また、DMMビットコインのサポートサービスは、なんとLINEを利用できちゃうんです。LINE世代の女子にはありがたいですね。

キャンペーンが豊富

DMM Bitcoinは、キャンペーンが多彩なのがうれしいです!

新規口座開設だけでもれなく1,000円もらえてしまうキャンペーンは、お得ですよね!

他にも期間限定で

  • ハードウォレットプレゼントキャンペーン(抽選)
  • 国産牛カタログギフトプレゼントキャンペーン(抽選)
  • スプレッドキャンペーン

などなど、いつもなにかのキャンペーンが開催されているんです。

DMMのお得なキャンペーンを確認する

購入目的③チャート分析しつつトレードしたいなら「bitbank」

リップル,買い方,購入

仮想通貨の中で「チャート分析しつつトレードしたい」という方おすすめの取引所が「bitbankです。

ビットバンクは、2014年5月に設立されているので、今回紹介する中では老舗の取引所です。国内唯一のブロックチェーンエンジニア向けの教育プログラム「ブロックチェーン大学校」の運営もしています。

そんなビットバンクは、2018年10月に国内取引高第1位にもなっています。取引高が大きいということは、それだけたくさんの人に利用されているということですね!

トレーディングビューでチャートが見やすい

ビットバンクの取引所は、画面がとても見やすいです。トレーディングビューを採用しているので、トレンドラインなどのトレードツールが使いやすいです。

パソコンで使いやすいのはもちろん、ビットバンクはスマホアプリも提供しています。アプリの方も、70種類以上のテクニカルチャートが使えるんですよ!

ビットバンクのアプリは、iPhoneでもAndroidでもインストールできます。

ビットバンクはリップル流通のトップクラス

リップル購入

ビットバンクは、仮想通貨全体を見ると取引量はさほど多くありません。しかし、リップルを含む一部のアルトコインは非常に多いです。

流通量の多さは取引の安定につながり、リップルなどを安く購入することにもつながります

ビットバンクで購入できる仮想通貨は6種類

ビットバンクで購入できる仮想通貨は、以下の6種類です。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)

モナコインも取り扱っているのが特徴でしょう。日本発の仮想通貨モナーコインですが、国内ではビットフライヤーやZaifが新規登録を停止したり不安定なので、ビットバンクだと安心です。

【bitbank(ビットバンク)のチェックポイント】

  • 「販売所」ではなく「取引所」で板取引が可能
  • 各種手数料が安く、マイナス手数料も実施
  • 利用者が多く売買が活発なので取引が成立しやすい

Bitbank公式サイト

購入目的④セキュリティが気になる方は「Liquid」がおすすめ

リップル,買い方,購入

もう一つGMOコインと同じくおすすめできる仮想通貨取引所がセキュリティに力を入れている「Liquid」です。

QUOINE(コイン)という会社が経営する取引所で、しっかりと金融庁認可を受けており、取引所が独自発行しているトークン「QASH」が唯一購入できるのが最大の特徴です。

Liquidで取り扱っている仮想通貨の種類は、以下の6種類

  • リップル
  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ビットコインキャッシュ
  • QASH
  • ネム

はるはる

GMOコインとの違いは「取引所」形式でユーザー同士での板取引か可能という点ですね!!



また、Liquidはアジア最大級の仮想通貨取引所とも言われており、レバレッジ最大25倍を効かせたFX取引が可能な点や、取扱っている外貨がなんと10種類と豊富な点も魅力的です。

【Liquid(旧QUOINEX)のチェックポイント】

  • リップルだけでなくネムや独自トークン『QASH』が購入可能
  • セキュリティ機能が高い(顧客資産のほとんどをコールドウォレットで保管)
  • レバレッジ最大25倍の仮想通貨FX取引が可能

Liquid公式サイト

購入目的⑤リップルを応援したい方は「VCトレード」

リップル購入

国内で最大手の金融機関、SBIバーチャル・カレンシーズが運営するVCトレードは、2018年7月17日に一般口座の受付が開始されたばかりの新しい取引所です。

Twitterのフォロワー数がすでに1万人を超え、GMOコインやDMMビットコインを超えるなど注目度が高いです。

その理由は、SBIの北尾社長がリップルを一押ししているからです。そもそも、北尾社長のSBIはリップル社との提携をしているんです。

言ってみれば、VCトレードはリップルの購入を促し普及させることを目的に作られらとも言えるでしょう。

リップルを買って一緒に応援したい方は、VCトレードで取引をするのも良いかもしれませんね!

リップル取引の信頼性と安全性が高い

SBIグループは、ネット証券取引においては信頼性が非常に高いです。古くから証券取引でSBI証券などを利用した人も多いみたいです。

リップル購入のために日本円の入金が必要ですが、VCトレードは住信SBIネット銀行と連携しているため、入出金が非常に簡単です。

また、グループ企業で培ってきたセキュリティ対策があるため、資産もバッチリ守ってくれそうです。

リップル社との提携

なにより、SBIグループの北尾社長が、ことあるごとにリップルに対する期待を熱く語っているように、非常に強い期待をしている影響があります。

SBI社は、米リップル社の株式を20%保有しています。また、リップル社との合弁会社「SBI Rippie Asia」を出資比率60%で立ち上げてもいます。

リップルは、仮想通貨では珍しくブロックチェーンを使いません。そのため、国際的な送金を安い手数料で行うことが期待されています

北尾社長は「リップルが仮想通貨の基軸通貨になる」とまで語っています。今の基軸通貨はビットコインですが、時価総額2~3位をキープするリップルが1位になる日も遠くないかも!

セキュリティの高さが抜群!

SBIホールディングスのグループ全体で、約800万口座を持っています。そこで培ったノウハウは、VCトレードにいかんなく発揮されています。

具体的には、仮想通貨取引所で必須のSSL・マルチシグ・コールドウォレットなど、サイバー攻撃への対策などです。

ちなみに、現在のところ仮想通貨の入出金は受付けていないため、そもそも仮想通貨を不正に奪われることはまずありません。

VCトレードはまだ発達途上

VCトレードは、今回紹介する5つの取引所の中で、最も発展途上だと言えます。

運営会社のSBIバーチャル・カレンシーズは、2017年9月に金融庁に正式登録されましたが、取引が開始されたのはそれから1年近く経ってからのことです。

そのため、まだサービスが十分とは言えません。やや不十分さを感じるかたもいらっしゃるかもしれません。

VCトレードで購入できる通貨4種類

VCトレードで購入できる仮想通貨は、以下の4種類です。

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)

もともと3種類でしたが、2018年12月14日からイーサリアムの取扱が開始されています。

また、2019年6月28日にビットコインキャッシュの取扱が終了することが発表されています。

VCトレード公式サイト

リップルの買い方の参考になる!各仮想通貨取引所を比較してみた

リップル,買い方,購入

リップルの買い方の参考になるように、ここでは上でご紹介した各仮想通貨取引所の主要な部分を比較してみましょう。

【国内仮想通貨取引所5社の比較表】

取引所名 取引形式 取引手数料(現物) 取扱通貨 レバレッジ
GMOコイン 取引所・販売所 -0.01%~0.05% BTC,BCH,ETH,LTC,XRP 最大4倍
DMM Bitcoin 販売所  スプレッドあり BTC,ETH / FX:XEM,XRP,ETH,LTC,BCH 最大4倍
Bitbank 取引所 -0.05%~0.15% BTC,BCH,ETH,LTC,XRP,MONA なし
Liquid 取引所 0.25% BTC,BCH,ETH,LQC,XRP 4倍
VCトレード 販売所  スプレッドあり BTC,BCH,ETH,XRP なし

レバレッジで選ぶならLiquid、取引手数料で選ぶならGMOコインかBitbankという感じでしょうか。

各仮想通貨取引所は随時なんらかのキャンペーンを実施していますので、

はるはる

定期的にそのキャンペーン内容も変わるので自分が口座を登録する時には必ずチェックしましょう!!

リップル(XRP)の買い方!投資目的別にベストな買い方まとめ

リップル,買い方,購入

今回は今世界中から注目を集めている将来性抜群の仮想通貨リップル(XRP)の買い方についてご紹介しました。

仮想通貨取引所への新規登録や口座開設の流れはご紹介した記事を読む事でほとんど理解できると思いますが、実際に登録してみると思わぬところでつまずく場合もあります。

どうしても問題が解決できない時は、

はるはる

取引所で用意されたヘルプ画面を読んだり、サポートセンターに直接問い合わせるとよいでしょう!!



今後、仮想通貨業界でもリップル(XRP)は、より成長を遂げて知名度が上がるとともにその価格もかなり上がると予想されています。

時代の波に乗り遅れないように、また将来的な資産投資の一環として、今の内からリップル(XRP)を購入しておく参考になれば幸いです。

リップルがなぜ今世界中からこれほど注目されているのかは、下記記事をぜひ参考にして下さいね。

最終更新日:2019年10月15日

【この記事を書いた女子会メンバー】

はる
今年の春から大学生ですo(^▽^)o仮想通貨は将来がちょっと不安で、投資の勉強を始めたのがきっかけ。目標はうちにお猫様をお迎えすること!仮想通貨は楽しんでやっていきます。
はるの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事