ホーム取引所仮想通貨取引所のセキュリティ対策と安全な取引所ランキングを大公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.01.28 最終更新
はる

仮想通貨取引所のセキュリティ対策と安全な取引所ランキングを大公開

✓1分で読める!編集長おすすめの取引所コーナー♪
コインチェック

金融業界で屈指の実力を持つマネックスの傘下に入り、生まれ変わった「新生コインチェック」!

アプリのダウンロード数は日本一で、今一番使われている取引所ではないでしょうか!?

「雨降って地固まる」という諺(ことわざ)の通り、ハッキング事件があったことでセキュリティが非常に強固になっており、実は今編集長が一番信頼している取引所なんです。

登録も取引も無料なので、まずは公式サイトで詳細を確認してくださいね↓↓

✓仮想通貨に興味あるなら、超おすすめだから使ってみてね!

仮想通貨,取引所,セキュリティ

はるはる

こんにちわ、はるです!仮想通貨取引所を選ぶ際、皆さんはセキュリティを意識して選んでいますか?



最近では、記憶に新しい国内仮想通貨取引所ビットポイントのハッキング事件ですが、なぜ取引所はこうした外部からのハッキングを受けやすいのでしょうか。

実際、トレーダーの中には、仮想通貨取引所を選ぶ上でセキュリティの高さを重点的にしている方も多いと思います。

今回の記事では、そんな多発する仮想通貨取引所へのハッキングなどに対するセキュリティ体制や取引所を選ぶ際に安全基準となるポイント、セキュリティが高い取引所ランキングなどをご紹介していきます。

近年セキュリティ対策必須の仮想通貨取引所で問題が発生しやすい理由

仮想通貨,取引所,セキュリティ

2018年、2019年と仮想通貨の知名度が増すにつれて、外部不正アクセスやハッキングによる取引所からの個人資産の流出事件は後を絶えません。

同じ顧客資産を預かる一般の銀行などの金融機関と比較しても、取引所の方が狙われやすい傾向にありますが、ここではまずその理由をみていきましょう。

理由①仮想通貨取引所には準備金が大量にある

皆さんが普段一般的に利用している銀行などの金融機関では、通帳に記帳した後に個別の金庫ではなく銀行が安全に所有している大金庫へまとめて保管される仕組みになっています。

こうした一般銀行などと同じく、仮想通貨取引所も利用ユーザーが引き出せるそれぞれの口座に加えて、運営企業が用意した大金庫へと仮想通貨の預金準備をする仕組みになっています。

はるはる

この大金庫がインターネット上で保管するホットウォレットだと、外部アクセスやハッキングの対象、つまり標的にされる格好の的となります!!



理由②仮想通貨の売買にはブロックチェーン技術は使用されない

仮想通貨の代表的な技術であるブロックチェーンは、基本的には改ざんが困難とされています。

しかし実は、仮想通貨取引所でのトレードでは、基本的にブロックチェーン技術が使用されることがほとんどないと言われています。

一般的に仮想通貨取引所は、自社システムを使用して利用ユーザーとその所有価格を結びつける事で数字を付け替えているだけです。

利用ユーザーの仮想通貨取引所に預入した資産はブロックチェーン上には記録されず、秘密鍵を使用するのは自社の運営する取引所外部との入出金時だけ行われます。

はるはる

そのため、悪意をもったハッカーが利用ユーザーの取引所アカウント情報をハッキングするだけで送金が可能となっています!!



理由③取引所を運営している中で新興企業が多い

株式投資では、各銘柄の株を購入・売却する所は、「東京証券取引所」や「大阪証券取引所」といったセキュリティシステム万全の取引所で管理、売買されています。

これに対して、仮想通貨取引所はそれぞれ運営しているのが一般企業であり、特に新興企業が運営している取引所が多いと言われています。

こうした新興企業のほとんどは、取引所に対する設備投資やセキュリティ体制が追いつかずに、利用ユーザーによる取引が集中した時や外部からのハッキング攻撃に対応しきれない状況になりがちなのです。

また、仮想通貨自体はまだまだ歴史の浅い通貨のため、仮想通貨に対する法整備や取引所のセキュリティシステムも確立していないのも要因の一つかもしれません。

仮想通貨取引所のセキュリティ体制が安全か判断する8つのポイント

仮想通貨,取引所,セキュリティ

では実際に、仮想通貨取引所を選ぶ時「セキュリティが高いかどうか」を判断するポイントを8つご紹介しますので、ぜひ取引所選びの参考基準にしてください。

ポイント①仮想通貨取引所の信頼性

近年、それぞれの仮想通貨取引所は、上記のような外部不正アクセス、ハッキングに対するセキュリティ対策を行っています。

はるはる

つまり、仮想通貨取引所の運営体制・経営状況なども、利用ユーザーが安全にトレードできるかどうかの重要ポイントになります!!



具体的には、取引所を運営している企業の資本金が高い・国内でも大手と言われる企業が出資している・大手企業の傘下企業であるといった取引所だと、取引所の閉鎖などのリスクは低くなります。

また、こうした大手企業ほど、万が一取引所の顧客資産に何かあった時の保証ができる可能性が高いと言えるでしょう。

ポイント②2段階認証設定

2段階認証とは、仮想通貨取引所にログインする際に使用するメールアドレス(アカウント)とパスワードに加え、登録したスマホアプリに送信される6桁の認証コードを入力するシステムのことです。

現在多くの仮想通貨取引所では、この2段階認証が義務付けられており、設定可能となっていますので、取引所口座を開設した時は必ず自分で設定しましょう。

ポイント③コールドウォレットの導入

仮想通貨取引所が狙われる要因でご紹介したように、従来多くの取引所がホットウォレット(インターネット上)で顧客資産を管理してきました。

しかし近年、セキュリティ強化が進められており、多くの取引所がインターネット接続環境のないコールドウォレットに顧客の全資産を保管し安全管理しています。

もちろん義務化されていないため、ホットウォレットとコールドウォレットを使い分けしている取引所もありますが、セキュリティの高さに重点を置く人はまずこのシステムが導入されているかをチェックしましょう。

ポイント④マルチシグ機能

マルチシグ機能とは、「マルチシグネチャーの略称」で、顧客資産を保管する時などに行われるトランザクション署名を複数の秘密鍵を利用する技術の事です。

従来の単体で秘密鍵を利用し署名するシングルシグに比べてセキュリティ機能が高く、万が一秘密鍵を紛失しても対応しやすいといったメリットがあり、取引所だけでなくウォレットなどにも利用されています。

ポイント⑤資産分別管理の徹底

仮想通貨取引所の運営などに利用する資金と顧客資産を分別管理しているかどうかも、セキュリティが高いかどうか判断する重要なポイントとなっています。

こうした分別管理は、コンプライアンス上の観点から見ても非常に有効的な管理方法と言われており、近年ではコインチェックをはじめ多くの取引所が導入しています。

ポイント⑥SSLの安全性能の高さ

インターネット上でもよく使用される「SSL」という言葉を聞いた事がある人も多いのではないでしょうか。

SSL(Secure Socket Layer)とは、情報通信プロトコルの一種です。

Google Chromeなどのブラウザと、Web上でサイトを公開するサーバーの間で一般的に使用されている「HTTPプロトコル」では防止できない悪質行為に対してSSLを導入することにより防止できます。

仮想通貨取引所では、入出金や送金、トレード時にはどうしてもインターネットを介して資金のやり取りが行われるため、こうしたSSL機能を利用することで情報通信を安全にしセキュリティ機能を高めています。

はるはる

最近では、仮想通貨取引所で利用されるシステム内部のデータ通信にもSSL機能が導入されているところがあるため、セキュリティを重視する方は要チェックと言えます!!



ポイント⑦取引所サーバーの強度と安定性

仮想通貨取引所では、価格が暴騰・暴落した時など、一時的に取引が集中することが頻繁にあります。

はるはる

そんな時に仮想通貨取引所のサーバー強度が低いと、取引処理が追いつかずにサーバーダウンしてしまうケースも少なくありません!!



現状では自社のサーバー環境を公開している仮想通貨取引所は非常に少ないようですが、こうしたサーバー機能の高さをウリにしている取引所は信頼性が高くトレードしやすい環境であると言えるでしょう。

ポイント⑧盗難補償サービスの有無

一般的に、2020年現時点では仮想通貨取引所における自分の預入資産に対して十分な補償はないと言われています。

はるはる

つまり、仮想通貨の管理に関しては全て自己責任というのが一般的なのです!!



しかし、最近では「bitFlyer」が三井住友海上と提携し、利用ユーザーの預入資産に対する補償制度を導入し話題になっています。

その他、2019年新たに仮想通貨業界に参入してきた取引所TAOTAOも「2段階認証を設定しているユーザーに対して盗難・不正ログインによる紛失時の補償」を行っているようです。

過去発生した仮想通貨取引所のセキュリティを脅かすハッキング事件

仮想通貨,取引所,セキュリティ

過去を振り返ってみると、実に多くの仮想通貨取引所から顧客資産が流出する事件が発生しています。

具体的にどんな事件だったのかを知る事で今後の対策にも繋がりますので、ここでは、そんな事件のいくつかを、セキュリティ対策の知識として参考にしてみましょう。

coincheck(コインチェック)のハッキング事件

仮想通貨バブルがはじけて大暴落が起きた2018年1月23日に、コインチェックでハッキングによる仮想通貨ネム(XEM)が不正流出する事件が起きました。

ハッキング事件が起きた原因はいまだ明らかにはされていませんが、当時のセキュリティ体制の脆弱性だったとの見解があります。

ちなみに、事件後、コインチェックは流出してしまった460億円を、仮想通貨ネム保有者に返金補償をしました。

Binance(バイナンス)のハッキング事件

ハッキングは何も国内だけではなく、海外でも最大規模と言われているBinance(バイナンス)でも2019年5月7日に発生しています。

このハッキングによる被害は、日本円で約45億円相当のビットコインが流出したと言われており、現在もバイナンスではこの事件の調査・資産確認が実施されています。

BitPoint(ビットポイント)のハッキング事件

最近日本でもっとも有名なものでは、2019年7月12日に発生したビットポイントのハッキング事件でしょうか。

2019年7月12日に発生したこのハッキング事件による被害は、日本円で約30億6000万円とされており、いまだハッカーがビットポイントのセキュリティをどのように侵害したかが判明されていません。

ただ、ハッキング事件後、ビットポイントの親会社リミックスポイントが「被害を受けたユーザーへの顧客資産補償」を約束し、ビットポイント取引所は同年8月から再開されています。

仮想通貨取引所のセキュリティ・安全性が高いランキングBEST3

仮想通貨,取引所,セキュリティ

さて、ここまで仮想通貨取引所のセキュリティに関する知識や、セキュリティの高さを示す需要なポイント、最近のハッキング事件などをご紹介してきました。

ここでは、実際に現時点で日本国内においてセキュリティが高くおすすめの仮想通貨取引所BEST3をご紹介します。

【第1位】GMOコイン

仮想通貨,取引所,セキュリティ


国内でも有数の大手企業GMOインターネットが運営するGMOコインは、サーバーの強さに定評がある上に、セキュリティ対策に関しても抜群の評価を得ている取引所です。

顧客資産と取引所資産の分別管理をはじめ、GMOグループ傘下のGMOクリック証券がFX取引高世界一である点から、信頼性も高く安心の仮想通貨取引所と言えるでしょう。

【第2位】coincheck(コインチェック)

仮想通貨,取引所,セキュリティ


前述したハッキング事件後、国内大手マネックスグループの傘下企業となったコインチェックは、コールドウォレットでの顧客資産管理やマルチシグ対応などセキュリティ体制に非常に力を入れた取引所に生まれ変わっています。

過去にハッキング事件を経験し、しっかりと顧客の全資産を補償完了した経験を活かしながら、今後はさらに国内でもセキュリティの高い仮想通貨取引所になり信頼性を回復していくでしょう。

【第3位】DMMビットコイン

仮想通貨,取引所,セキュリティ


FX口座数が日本国内No.1の大手企業DMMグループが運営する仮想通貨取引所DMMビットコインは、24時間体制で複数人の管理体制を実施しています。

そのため、実際におかしな動きをしたアカウントを30分以内にBANするなどの処理が可能で、口座開設時に義務付けられている本人確認も他の取引所に比べて要求される項目が多く、セキュリティ意識の高さが見てとれます。

仮想通貨取引所のセキュリティ対策と安全な取引所ランキングを大公開まとめ

仮想通貨,取引所,セキュリティ

今回の記事では、近年多発する仮想通貨取引所のハッキング事件や、こうした事件に対する取引所のセキュリティ管理体制、安全でおすすめの取引所をご紹介しました。

仮想通貨取引所を選ぶ際、セキュリティを重視して選ぶ人は多いと思います。

いくら手数料が安くサービスに魅力があっても、セキュリティ体制が整っていなければ安心してトレードできません。

そのため、これから仮想通貨取引所を選ぶ方は、ぜひ今回ご紹介した記事を参考にしながら、セキュリティ体制に力を入れている仮想通貨取引所を選ぶ事で自分の資産を守りましょう。

また、以下の記事では、初心者向けに仮想通貨取引所で稼ぐための重要ポイントなどを詳しくご紹介していますので併せてご覧ください。

 

✓最後まで読んでくれたあなたに♪
コインチェック

いつもコインガールズの記事を読んでくださり、ありがとうございます♪

私達は、皆様にもっと仮想通貨のことを知ってもらいたい!楽しんでもらいたい!稼いでもらいたい!と思っているので、これからもどうぞ、応援のほどよろしくお願いします!!

ところで皆様、もう取引所は登録していますか?取引所の登録は3分ほどで完了しますが、利用可能まで3日ほど待たないとダメなんです。

仮想通貨の最大の魅力は「突然やってくる高騰」です。「今まさに買い時!!」というときにすぐ買えるよう、準備しておくべきじゃないですか?

まずはアプリのダウンロード数国内No.1を誇る「コインチェック」に登録しちゃいましょう♪

コインチェックなら…

  • 登録料や年会費は無料
  • 通貨取り扱い数は国内最多
  • 取引手数料はもちろん無料
  • 手厚いユーザーサポート
  • コインガールズの豊富な記事でお悩み解決!

ということで、今激アツの取引所なんですよね!まずは公式サイトをチェックしてみてね♪

✓仮想通貨は1,000円から買えて、10倍~100倍になる可能性を秘めています!完全無料で始めて高騰するまで放置もOKなので、登録だけでもしておいて損はないですよ♪

最終更新日:2020年01月28日

【この記事を書いた女子会メンバー】

はる
今年の春から大学生ですo(^▽^)o仮想通貨は将来がちょっと不安で、投資の勉強を始めたのがきっかけ。目標はうちにお猫様をお迎えすること!仮想通貨は楽しんでやっていきます。
はるの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

今読まれている記事はこちら

サイド「ランキング」 サイド「手数料」 サイド「キャンペーン」
編集長がおすすめする取引所3選
超大手マネックスの傘下で生まれ変わったコインチェックがサービスを再開!アプリのDL数は、2020年も国内No.1!
初心者も、2社目の上級者にもおすすめ!
取引所、販売所、レバレッジなどすべてのサービスでリップルなど主要5通貨対応なのはGMOコインだけ!
最短翌日で取引可能なので初心者はまずサクッと登録しておくべき。
取引するだけで稼げてしまう国内最安のマイナス手数料はすごい!モナコインを買うならビットバンクで決まり。レバレッジは非対応なので要注意。