ホーム取引所【最新版ランキング】取引所トークンが今熱い理由とは?~IEOが仮想通貨による資金調達を変える~
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
さおりん

【最新版ランキング】取引所トークンが今熱い理由とは?~IEOが仮想通貨による資金調達を変える~

さおりんさおりん

こんにちは、さおりんです!2019年ビットコイン中心に暗号通貨相場は復活の兆しを見せつつありますが、今年4月ビットコインが急騰する以前からすでに人気化していたトークンがあります。それこそが今回ご紹介する取引所トークンです。

取引所トークンとは

2019年の仮想通貨復活相場は、4月2日からのビットコイン急騰からはじまりますが、実はその2か月前から独歩高して仮想通貨時価総額ランキングでトップ10入りした通貨があります。

ご存知の方も多いでしょうがBinance coin(BNB)のことです。正直なところ、私はこの時点ではBinance coin(BNB)が上昇しているのは、仮想通貨取引所として短期間に世界最大クラスとなったBinance自体の魅力が要因だと考えていました。

でも、これはここから始まる取引所トークン人気相場の序章であり、その兆候であったようにも思われるのです。

取引所トークンとは、仮想通貨取引所によって発行され、取引所のユーザー(口座開設した人)が取引所内で行うすべてのアクティビティに際して使用可能なユーティリティ・トークンのことです。

取引所トークンを使用することで、取引手数料が割引になったり、仮想通貨関連イベントのチケットを購入したり、提携店でギフトを購入したりと様々な用途でメリットを受けられます。さらに、ここにきて取引所トークン人気を一気に高めたのが後述するIEOへの参加権となります。

ゆいゆい

取引所トークンって、手数料割引だけだとばかり思ってたわ?


さおりんさおりん

国内取引所だけ利用していると、取引所トークンについての知識が不足するのは仕方ないわよね。実は、取引所トークンには多くのメリットがあるみたいなの。

最新版!取引所トークン人気ランキング

さおりんさおりん

取引所も一般的なものから、FX専用の取引所やDEX(分散型取引所)など様々なタイプの取引所が登場しており、今後も仮想通貨取引所地図は大きく変動しそうです。その中でも、取引所トークンやIEOを提供する取引所は人気化しそうですね!

第1位 Binance coin(BNB)

通貨名 Binance coin(BNB)
発行数量 約2億枚
取引手数料割引 50%
配当金 なし
投票権 あり
IEO あり(IEO実績11件)
バーン あり
取引マイニング なし

今回の取引所トークンの人気化の主役ともいえるのがBNBことBinance coin(バイナンスコイン)です。Binanceはこれまでも、新規上場の通貨を投票で決めていたりしていますので、IEOについても他の取引所よりも安心できますよね。

一時期は、3強(ビットコイン・イーサリアム・リップル)に迫る勢いでしたが、さすがに価格は下落しています。とは言え、仮想通貨時価総額ランキングで8位に付けているメジャー通貨です。昨年末の安値500円どころには節目がありますので頭に入れておきたいところです。

第2位 OKBトークン(OKEx)

通貨名 OKB
発行数量 約10億枚
取引手数料割引 なし
配当金 収益の50%
投票権 あり
IEO あり(IEO実績7件)
バーン なし
取引マイニング なし

最近では、新興取引所の勢いに押されていますが、もともとはBinanceなどとともに世界3大取引所といわれるほどの取引高を誇っていました。巻き返しを図るべく、FXトレードやIEOに力を入れており、今後要注目です。

まだ本格的な上昇相場には至っておらず、今後のIEOの展開次第では面白そうです。

第3位 Huobi Token(HT)

通貨名 Huobi Token(HT)
発行数量 約5億枚
取引手数料割引 10~50%
配当金 配当金はないが、エアドロップあり
投票権 あり
IEO あり(IEO実績6件)
バーン あり
取引マイニング なし

Binance、OKExとくれば、Huobiも外せなくなります。IEOに大注目していますので、どうしても実績ある大手取引所が有利になってしまいます。Huobi Token(HT)はバーンもエアドロップもやりますし、IEO次第ではこちらも面白そうです。

取引所の規模としては大きいのですが、取引所トークンとしてはこれからといってよさそうです。

第4位 KuCoin Shares(KCS)

通貨名 KuCoin Shares(KCS)
発行数量 約2億枚
取引手数料割引 30%
配当金 あり
投票権 なし
IEO あり(IEO実績5件)
バーン なし
取引マイニング なし

4位には、IEO実績ですでに5件の上場を実施しているKuCoin Shares(KCS)を持ってきました。上位3取引とトークンと比べると、マイナーなIEOが多いという特徴があり、面白い存在となりそうです。

仮想通貨としては草コインというところかもしれませんが、IEO次第ではという期待感があります。

第5位 コインチェックトークン(仮)

第5位には期待感から国内取引所のコインチェックが発行予定のトークンを選択しました。国内取引所ではQashがありますが、今回はIEO重視という視点から選択していますので、コインチェックトークン(仮)とします。

引受業務に慣れている証券会社系の取引所であり、しかも、世界で最も厳しいといわれる日本の金融庁という存在があることから、世界中から関心が寄せられる可能性もあるかもです。

取引所トークンのメリット

取引所トークンには多くのメリットがあります。注目されるのは、今後さらに魅力的なメリットが増える可能性があるということです。

手数料が割安になる

取引所トークンを利用する人の最大の目的であるのが、取引手数料が割引になるというサービスです。例えば、世界的規模の取引所Binanceの場合には、Binanceトークンで取引手数料を支払うと、取引手数料0.1%が0.05%と大幅な割引が受けられます。

また、一部の取引所では取引所トークン建てで取引することで手数料が無料になるというサービスも提供されています。

トレーダーにとって、取引手数料は最も大きな取引コストの一つとなり、特にプロのトレーダーにとっては取引手数料とは売買手法と同じくらい重要なものとなります。

配当がもらえる

取引所トークンによっては、保有しているだけで取引所の収益の一部が配当としてもらえるものもあります。株式投資の場合には配当があり、FX(為替)の場合にはスワップポイント(2国間の金利差)が発生しますが、一般的な仮想通貨の場合には、売買で収益を上げる、もしくはマイニングで稼ぐという方法しかありませんでした。

取引所トークンであれば、株式投資のように配当で収益をあげることもできるのです。

例えば、第2のBinanceとの呼び声も高い新興取引所のBit-Zが発行するBit-Zトークン(BZ)では、500BZ保有していると毎日配当が受け取れるという仕組みがあります。この仕組みでは、BZトークン保有者には、Bit-Z取引所に支払われた取引手数料の約20%が配当されることになります。

スキャルピングやデイトレードのように、パソコンに張り付いている必要もなく、ガチホするだけで収益を手にすることが可能となります。

ゆいゆい

え~!ガチホするだけで儲かるなんて、銀行預金よりも断然お得ってことよね!


さおりんさおりん

そう、でも取引所の都合で突然配当が中止される可能性もゼロではないの。しかも、その場合には価格の急落は避けられないわね!

バーンが行われる

バーン(Burn)とは、仮想通貨が燃焼されることを言い、すでに発行されているトークンの総量が取引所によって減少させられることです。

バーンによってトークンの総発行済通貨量は減りますので、トークンの価値は上昇することになります。バーンが実施されるトークンの価格は上昇しやすくなり、人気化する傾向にあります。

例えば、冒頭でご紹介したBinanceトークンは、四半期ごとにトークンのバーンを行っており、昨年来の暴落相場から、他のどの通貨よりも早く上昇相場を形成しています。

さおりんさおりん

定期的にバーンを行うトークンは、より価格上昇期待が膨らみますので、要注目ですね!

取引所の運営に参加できる

取引所トークンを保有していると、投票権をもらえることがあります。Binanceが急成長した理由の一つに、新規上場予定の仮想通貨プロジェクトの選定をユーザーの投票で決めるということがありますが、このような取引所の重要事項を決める投票に参加することができたりします。

株主にも株式総会における議決権がありますが、これに近いものと考えるとわかりやすいかもしれませんね。

なお、後述するIEOの参加権も取引所トークンを保有することによって取得できます。

取引マイニング(トレードマイニング)ができる

取引マイニングとは、マイニングといっても計算して報酬をもらうというものではなく、普通に取引所で取引して手数料を支払うと、その支払った手数料のうちの約20~100%が取引所トークンとしてもらえるという仕組みのことです。

Fcoin取引所で取引すると、FTトークンがもらえるというのが有名ですが、航空会社のマイルやクレジットカードのポイントと似たようなものだと考えるとよいかもです。

取引所トークのデメリット

上でご紹介した取引所トークンの5つのメリットは

従来から言われていたメリットで、

実は最近の取引所トークンには

さらに大きなメリットがあります。

 

それは後ほど詳しく解説するとして、

 

 

メリットがある限りは必ずデメリットも

同居するはずですよね?

 

では、取引所トークンには

どんなデメリットがあるのでしょうか?

 

取引所トークンとは言え、暗号通貨である以上

ハッキングなどの不正アクセスで盗まれて

しまう可能性はあります。

 

取引所トークンに限った話では

ありませんが、しっかりと管理する必要があります。

 

また、最近では取引所トークンが

人気化していることもあり

小規模の取引所や創設したばかりの

新興取引所も盛んに独自トークンを

発行しています。

 

中には、突然閉鎖したり中止となる

取引所もありますので

スキャム(詐欺)はもちろんのこと

小規模の取引所の場合には

徹底して調査する必要があります。

IEOが取引所トークン祭りの引き金になる?

仮想通貨には、次世代テクノロジーとしての側面とともに、新しい第3の資金調達法としても大注目を集めることになりました。

これまでは、銀行、証券会社、監査法人などの役割であった資金調達のための審査をスルーして資金調達ができるというもので、中央集権を持たない仮想通貨には論理的な考え方であったということでしょうね。

ただし、残念ながら、この資金調達法は多くの詐欺集団やマネーロンダリングに利用されることになり、仮想通貨相場大暴落の大きな要因となりました。そして、ここで登場したのがIEOです。

IEOとは、イニシャル・エクスチェンジ・オファリングの略で、取引所が一定の審査をしたうえで新規上場する仮想通貨を選定するという手法です。これにより、詐欺通貨の大半が上場することができなくなります。つまり、ICOでは詐欺通貨を掴まされる可能性はありますが、IEOではその可能性はほとんどなくなることになります。

もちろん、これで完璧というわけではありません。取引所自体の審査能力の問題もありますし、スキャムとは手を変え品を変え忍び込んできます。

IEOとは~ICO~との違い

仮想通貨の新しい資金調達法としての側面は、ICOブームを作り出し、仮想通貨相場では「ICO祭り」と呼ばれ大注目され、まさに猫も杓子もICO投資に参加することになります。

さおりんさおりん

最近WOWOWで見た「チューリップ・フィーバー(肖像画に秘めた愛)」は大変参考になりました!

しかし、この「ICO祭り」に乗っかってしまった大半のお金は、最終的には紙くず同然の価値となってしまいます。銀行も証券会社も、また監査法人も審査しないICOでは、本来の中央集権を持たない部分をより良い目的のために利用する人は少なく、ほとんどの場合にはスキャム(詐欺)グループに悪用されてしまったのです。

すでに警鐘を鳴らしている人も多くいましたが、2017年からの仮想通貨大暴騰相場を目の前にすると、スキャムだろうが何だろうが儲かればよいということとなり、まさに、400年ほど前のオランダのチューリップ・フィーバーと同じ状況となったわけです。

審査のないICOではもはや資金調達は難しくなり、ここで、仮想通貨プロジェクトを審査するという必要性が出てきます。とは言っても、IPO(新規株式公開)のように、証券会社や監査法人の指導の下で何年も時間をかけていては仮想通貨の魅力がなくなってきます。

そこで出てきたのがIEOという考え方で、比較的規模の大きな取引所が審査することで、スキャムグループを排除して、投資家に安心して新しい仮想通貨プロジェクトに投資できる環境を整えました。これが大当たりして、IEO参加権を提供する取引所トークンは大人気となりました。

コインチェックもIEOを検討

国内取引所のコインチェックは、2019年8月22日にIEOを検討すると発表しています。コインチェックといえば、巨額の流出事件で信用失墜した取引所ですが、そもそも社名がコインチェックというくらいで意外とハマるのかもしれまね!

何より、いまではマネックスグループの傘下となっており、親会社のマネックス証券はIPOで多くの実績がありますので、まさにうってつけというところでしょう。

世界で一番認可基準が厳しいといわれる国内の取引所のIEOは大化けする可能性もありそうですね!

取引所トークンのまとめ

ICOというと、BTC(ビットコイン)建て、最近ではETH(イーサリアム)建てが多くなっていましたが、IEOでは取引所トークン建てが主流になっていきます。

これにより、安心して新規仮想通貨プロジェクトに投資するために取引所トークンを購入する人が増えることになり、これは同時に取引所トークンの価値を上げていくことになります。

今後、取引所トークンはさらに増えていくことになりそうですが、ひょっとすると、仮想通貨の世界では大きな地殻変動が起きようとしているのかもしれませんね。

【この記事を書いた女子会メンバー】

さおりん
いつも暴走するゆいに手を焼かされてるゆいの相方のさおりんです。大変だけどおかげで仮想通貨を早く始められたし良い友達です(๑•᎑•๑)今はけっこう真面目に仮想通貨に取り組んでます。
さおりんの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事